ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラフトパーティ vol.3に母が参加する

 このブログにも何度か登場していますが、手先が器用で何でもそつなくこなす母が、来週開催されるこんふぇいとクラフトパーティvol.3にアーティストとして参加することになりました。

 家政科出身の母は、洋裁はもちろんのこと料理も上手で、その反対に娘ときたら針を持ったら指をさし、ボタンを縫い付けるという単純作業もおっかなびっくり、こんな調子なので不器用街道まっしぐら。

 クラフトパーティには、母が最も得意な編み物作品を数点出品しております。もしお気に入りのものが見つかったら購入してくださいね。母もきっと喜びます。
 こちらは、フリルマフラー(アイボリー)

 これをピーター君にモデルになってもらいましたら、
 いかがですか?随分ゴージャスな雰囲気でしょう。この冬、注目をあびること間違いなし!色違いでピンクもあります。

 また、参加させていただくこんふぇいとのブログに、アーティスト名「かんちゃん」の記事を掲載していただきました。どうぞこちらも合わせてご覧くださいね。 

 こんふぇいとクラフトパーティ vol.3 参加アーティスト かんちゃん
 http://confeito2006.blog76.fc2.com/blog-entry-118.html

 かんちゃんって名前は、私が高校生の頃から「かあさんでなく、かんちゃんと呼ぶように」とお達しがあり、その理由は妹がいて本来なら二姉妹のところ、「三姉妹の一番下だからかんちゃんなの」だそう(^^;;;;

 いつまでも気持ちは若いまんまの母なので、どうか笑ってかんちゃんって気軽に呼んであげてくださいね。

 そんなかんちゃんに私も随分と編み物作品をプレゼントしてもらったのですが、その中の一番のお気に入りをご紹介。

 Petre Rabbit's vest

 表にはジマイマを配置し、裏にはピーターが。以前も紹介したこちらの書籍を参考に、模様の部分のみメリアス編みにして、クロスステッチの要領で作成したものです。ちなみにジマイマがショールをはおってないのは、書籍のデザインがショール無しだったためです。
 「THE BEATRIX POTTER KNITTING BOOK(英語版)」 PAT MENCHINI(著) FREDERICK WARNE(刊) 1988年

 これは昨年のクリスマスプレゼントとして作ってくれたもの。これを機に「もう二度とピーターはつくらん」と公言されてしまいましたが(^^; よっぽど大変だったらしい。
関連記事
No title
お母さまの作品素晴らしいです。
フリルが上品でゴージャスですね。
なんて器用なお母さまなんでしょう。
ベストのピータが襟元にある作品も愛らしいですね。
私の母も編み物や裁縫が得意です。
今でもズボンのすそ上げやウエスト直しなどささっとやってくれます。
ウエストはもちろん広げる直しです。^^;
[ 2011/11/07 20:18 ] [ 編集 ]
No title
>こむぎママさん
このマフラーとっても素敵なんですよ~。
どうやったらこんな作品が出来上がるのかしらって不思議でなりません(^^;;
我が家もお直しはすべて母頼みなんですよ。
送料かけてでも頼んだ方が、いつまでたっても私じゃ直しできませんからねぇ~あはは
[ 2011/11/07 20:50 ] [ 編集 ]
No title
まぁ! 本当に素敵なマフラーですね~♪
毎年、ラピータさんのお母様の作品にうっとり溜息です~
(*^^*)
綺麗な色合いだし、それにとってもゴージャスだわ~
ベストも私好みで、レース部分も可愛いです~♪
素敵なお母様で羨ましいです~
ラピータさんの宝物ですね(^^)

[ 2011/11/09 18:24 ] [ 編集 ]
No title
>未ーさん
マフラー素敵でしょう!
悲しいかな私はこういうフリフリは似合わないのだけど、
ピーターなら可愛いから何でも似合っちゃう(^^)
ピーター第2弾セーター作ってくれないから、これは宝物ですね。
今日もこのベスト着てお出掛けしてきました(^^)
[ 2011/11/09 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。