千日紅

ガーデニング
11 /17 2011
 千日紅(赤紫)

 キリリと冷気が体を引き締める朝、千日紅がキラキラと輝いていたので撮影しました。9月30日に植えた千日紅ですが、花期が長いためこの名がつけられたとおり、今も元気に楽しませてくれます。「千日紅はドライフラワーにして楽しめる」と、ご近所の方に教えてもらいました。たくさん増えたらドライフラワーもいいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ラピータさん、こんばんは。
だんだんと寒さを感じるようになりました。
千日紅、まだまだ元気そうですね~
雑貨屋さんなどでも、ドライになったのが売られてますね
赤や紫っぽいのもあるし、色もきれいに残るようです
是非、チャレンジしてみて下さい~^^

先日、秋のバラフェアを見に行ってきましたが
やはり、春のバラたちを見ていると、今一つ物足りなさを
感じてしまいました。
5月のバラのフェアは最高です、花も香りも。
それでも、花は少なめでしたが香りに癒されてきました。

No title

>ぐうすさん
こちらも随分冷え込んでまいりました。
お日様が出ているとポカポカ陽気なんですけどね。
千日紅、可愛いし、長持ちするしで楽しませてくれてます。
ドライフラワーにするほど咲いてないのだけれど、
ご近所の方が教えてくれたとおり、ドライでも綺麗なんですね。
秋のバラは花の数がどうしても少なくなりますが、花の持ちは春より良いようです。
バラの香りって本当に癒されますよね。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。