バニラ・パフューム開花

ガーデニング
12 /16 2011
111216.jpg

 12月も半ばを過ぎ、毎朝氷点下まで気温が下がる日が続きますが、そんな日々の中でバニラ・パフュームが開花しました。夏の開花と違い、花の色もピンクが濃く出て、花も大きく開かず、つぼみからさほど大きくも開かず良い形を保っています。このままブリザードフラワーになってしまいそうな寒さの中、バラは本当に寒さに強いですね。

 実は黒点病にかかり秋に葉がすべて落ち、枝だけになってしまったのですが、もう冬だからこのままでいいやと放っておいたのに、そこからまた新たな葉をつけ、つぼみが出てきて、まさか、まさかと思ったら開花したんです。バニラ・パフュームの奥に咲いているのは、寒さに強い品種、レインボー・ノックアウト。こちらは夏よりも冬の方が元気じゃないかと思うほど、たくさん花を咲かせています。冬も楽しめるバラって素敵ですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。