06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

江ノ島散策 

 海の神、水の神、幸福、財宝、芸道上達の功徳がある江ノ島にある江島神社へお参りに行ってきました。

12011001.jpg
 小田急線の片瀬江ノ島駅で待ち合わせのはずだったのに、JR藤沢駅の改札を出て何故か江ノ電に乗車してしまったため、江ノ島大橋までダッシュ!無事友人と合流できました。

 というのも、小田急藤沢駅改札の前で江ノ電乗り場が分からず途方にくれているおじいさんの手を取り、ホームまで案内したついでに、「江ノ電って藤沢から乗れたっけ?」と半信半疑のまま乗ってしまったという訳です。

12011002.jpg
 天照大神が須佐之男命と誓約された時に生まれた三姉妹がそれぞれ、奥津宮、中津宮、辺津宮のそれぞれの社に祀られ、それらを順番にお参りしていきました。

12011003.jpg
 参道を上がったところに本社の辺津宮。ここだけ参道の階段下までお参りの行列ができていました。せっかくエスカー(有料エスカレーター)であがってきても、また下がって順番待ちしなくちゃならないという。

12011004.jpg
 辺津宮の御賽銭箱は、巾着袋の形をしていて、「何でも引き受けまっせ~」と、頼もしく感じるほどずっしりと重量感がありました。そんな賽銭箱に感心しながら、熱心にお参りする花雪さん。願いが成就できますように~。

12011005.jpg
 辺津宮の隣に八角のお堂の奉安殿があり、こちらに日本の三大弁財天のひとつとして有名な妙音弁財天が祀られていて、芸道上達の功徳があるとか。

12011006.jpg
 辺津宮から階段をさらにあがり、三姉妹の真ん中(辺津宮は妹)中津宮の社へ。階段を少し上がるだけなのに、先程の混雑ぶりはどこへ。空気が清らかになり、静かな居心地良い雰囲気。ここには女性に嬉しい「美人守」なんてものがありましたが、残念ながら閉まっていて買えず。

12011007.jpg
 最後に少し離れた場所にある奥津宮へ。ここは他のふたつと比べ物にならないぐらいの、空気がキーンと張りつめたかのような別世界の静寂さと荘厳な雰囲気を感じました。ここが最もパワーのある三姉妹の長女が祀られている社です。

12011008.jpg
 無事お参りを済ませたら、奥津宮の隣に江ノ島神窟「龍宮大神」が。シャッターが降りた岩窟の上に、龍が迫力ある姿で睨みをきかせてます。

12011009.jpg
 稚児ヶ淵に向かう途中、江ノ島名物しらす丼をいただきました。しらす漁は禁漁期ということで、釜揚げしらすがたっぷりとのった丼です。しらすの上にのった生姜がちょうど良い塩梅で美味しかったです。

12011010.jpg
 稚児ヶ淵から見た相模湾。天気も良く、それほど寒くもなく、散策日和の一日でとても楽しかったです。写真枚数が多いので、レポートはここまで。おまけ画像はまた別記事にエントリーします。
関連記事

Posted on 2012/01/10 Tue. 17:34 [edit]

category: 神社巡り

thread: ブログ  -  janre: ブログ

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。