アイコの喜びの舞

うさぎ
04 /13 2012
 久しぶりにアイコの近況です。黒うさぎにつき、写真写りが悪い上に、モデルする気はまったくないらしく、カメラを向けるとすぐさま近寄ってきて撮影にならないという。そんなことより「なでて」の催促の行動として、私の手のひらに鼻をツンツンします。うさぎをナデナデしてあげるのが何よりも大好きな私としては、なでさせていただくのは大歓迎なのだけど、そうなると写真撮影がますます遠のく。

 昨年3月は二度もうっ滞になったアイコですが、今年は気温変化もなんのその元気に過ごしてます。4月に入ってもまだ気温差が激しい日々が続きますが、夜になって体調がおかしい、いつもすぐさま飛びついて食べるものも食べないと気づいたその瞬間から、あっという間に急変してしまうのがうさぎにはよくある症状なので、気温が安定する日が来るまでは油断できません。

 普段から、食物に関してうさぎが示す反応を覚えておけば、今日も異常なしって次の日の朝も元気に過ごせるという合図のようなもの。そんなアイコの合図は、眠りに就く前にケージに入っていただくために用意する、乾燥青パパイヤがもらえるまでの喜びの舞です。

 どうような状態かというと、

 私がパパイヤの準備を始めるところから始まります。

 まずは袋からガサガサと取り出す音が聞こえてくると、アイコは陣地であるカーペットの上をクルクルと回りだし、準備ができた私がアイコに近づくと、今度は私の足元をクルクルと。

 ケージに入れるタイミングは、アイコがケージの中に一度入り、お皿がないとすぐにまた出るので、そのタイミングでケージの上からささっと皿を入れる。このタイミングを間違えると、ものすごい勢いでケージ内に入ってくるアイコにパパイヤと勘違いされ、指をカプッと噛まれちゃうから、さぁ~大変!!!

 そんなアイコの喜びの舞を動画におさめてみました。アイコの動きが早すぎる上に黒いから、その動きはよく分からないかもしれないけれど、この喜びの舞が見られたら次の日の朝も元気にケージを飛び出してくれるから、見れなくちゃ困るし、でも足元クルクルされた時、アイコったら歯をむき出しくるので、足に当たったらちょっぴり痛い。これも毎日の日課としていつまでも見られるといいな。

関連記事

コメント

非公開コメント

鳴いたり尻尾ふったりしない分、嬉しいとこんな動きするんですね!私は外で飼っていたので新たな発見でした(*^^*)

Re: タイトルなし

>まっちゃ飴さん

お返事遅くなってごめんなさい。
アイコったらおかしな動きでしょう(笑)
早く、早くというのと、うれしいというのが合体するとこうなるみたい。
一刻も早く食べたいから歯をむき出しに向かってくるので、
私の足にアイコの歯が当ると痛くって(^^;;
誰もとらないから、もうちょっと穏やかにならないものかしらっていつも思ってしまいます。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。