07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

2012年2回目富士登山 富士宮口 

 2012年2回目の富士登山にチャレンジしました。

 今回は主人の会社の知り合いで、いつか家族と一緒に富士登山したいが、まずはひとりでチャレンジしてみたいということで、「では一緒に」と、富士宮口五合目(標高2400m)より、夜間日帰りで行ってきました。

 富士山登山口は、マイカー規制がかかっているため、水ヶ塚公園(標高1500m)の駐車場に車を停め、そこからシャトルバスで富士宮口五合目まで。シャトルバス往復1300円 駐車料金1000円

12080401.jpg
 シャトルバス乗り場にて。シャトルバスと富士山のシルエット。
  
 富士宮口五合目に到着したのは、午後8時半頃。出発した時点で富士山方面にだけ雲がかかっていたものの、標高が上がるにつれ、雲を抜け、素晴らしい夜景が目の前に広がっていました。東側には16夜の少し欠けた月が美しく、西側には宵の明星とドルフィンの形に見える雲が夜景をバックに泳いでいるかのような、息をのむ美しい世界が広がっていました。

12080402.jpg
 富士宮口五合目から見た富士市の夜景。西の空に赤く光る宵の明星と、ドルフィンの形をした雲。

 夜間登山の醍醐味は、夜景もさることながら、登山者それぞれが装備する足元を照らす灯りがキラキラと星空のように美しいこと。週末となるとそれらの灯りが数珠つなぎで一列となり、山頂までつながる様は圧巻です。

12080403.jpg
 手前の灯りは登山者が足元を照らす灯り。御来光の時間に合わせてすべての登山者が山頂に向かうため、真夜中の富士山は通勤ラッシュ並みの混雑です。

 標高が上がるにつれ、寒さと疲れと眠気との闘いで、どんどん歩くペースが落ち、このままでは御来光に間に合わないかもと思いながらも、ぎりぎりセーフで御来光の4時50分までに山頂に到着しました。山頂で御来光を見るのは、登頂6回目にして初めてです。途中の八合目や九合目で見る御来光と違い、やりきった達成感・満足感も一緒に感じるため、感動が2倍、3倍に跳ね上がります。

12080405.jpg
 4時50分御来光の瞬間。

12080408.jpg
 御来光の瞬間を喜ぶ人たちであふれかえった山頂。万歳する人、拝む人、ポーズを決める人、息が苦しくてゼーゼー言ってる人(←これ私)と様々です。

12080410.jpg

 御来光も感動的なんですが、太陽が上がりきった瞬間、大地に向かって燦々と光を降り注ぐ瞬間を見るのがたまらなく素晴らしい。

12080407.jpg
 御殿場ルート

 下りは足に負担の少ない御殿場ルートを選択しましたが、ちょうどこの日は「秩父宮記念富士登山駅伝」が開催されていて、要所要所に自衛隊の方々が立っていて、走者が近づいてくるたびに「選手が通過します。道をあけてください」と声がかかります。普通に歩いて登ってもつらい山を、走って登るだけでなく、同日、同選手が、同区間を駆け下りるという、日本一過酷なレースといっても過言でない駅伝です。そんな現場に立ち会え、選手が通過するたび「ファイト!」って声かけながら下山しました。

 今回は強硬夜間登山となりましたが、とにかくきつかった。標高3000mを超える辺りで、毎回高山病の症状が出始めるのですが、そこへ追い打ちをかけるように風が吹き始め、容赦なく体温を奪い去り、とうとう歩みを止めてしまいます。

 足が止まるとよけいに寒さが堪えるのに、どうしても前に進めない。何度も経験しているのに未だに乗り越えられない壁です。自分がつらいと思う時こそ、足の歩みを早めることができるぐらい強くなりたいと、そう思えるようになりました。最後は気合でって言葉は本当ですね!

 まだまだ人生つらいことの方が多いけれど、そんな時こそ歩みを止めずに一歩一歩頑張りましょう。

12080409.jpg
 お月さまへ住むぐぅへ。ママ頑張るよ!応援よろしく!!
関連記事

Posted on 2012/08/04 Sat. 14:24 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 4

04

コメント

お久ぶりです!! 

ピーターラビットの記事を楽しく拝見させてもらっています:-)

私は子どもの頃ピーターラビットのビデオがすり切れるまで見ていつもピーターのリュックを離さず背負っていたくらいピーターが今でも大好きです。

そして大人になった今もっとビアトリクス・ポターについて真剣に知りたいと思いビアトリクス協会に入会したいのですが入会の仕方がいまいちわからず申し訳ないのですが教えてもらえないでしょうか?
すみません:(

URL | 千里 #- | 2012/08/13 20:25 | edit

No title 

ラピータさん、こんばんは~
先日は素敵なお葉書を有難うございましたm(__)m
でもでも、他にも素敵な見た事もないお写真がいっぱいで感動しましたよ~
最初の富士山のシルエットも素敵!っと思いましたが。。夜景に明星とドルフィンの雲が何とも素晴らしく珍しいくないですか?
こちらもポストカードにしたい一枚ですね。。イルカに見えました!
それから、戴きました縁起の良いご来光のポストカードはベッドに有紗の写真と並べて飾っています。
朝、起きてすぐに眺めたらきっとその日が良い一日なるような気がして!♪
一番良いのを送って下さったのですね~^^ ずっと飾っておきますね~!
お月様のお写真はきっとぐぅちゃんがママに贈ったとっておきの一枚ですね。。
私も力を貰って帰りますね~! 有難うね~、ぐぅちゃん☆


URL | 未ー(有紗の飼い主) #5J4Tw7Bs | 2012/08/14 00:19 | edit

Re: No title 

>未ーさん

こんにちは。
やはり切手はがれてましたか(^^;;;;
日本一の長旅でしたから、どうぞお許しくださいね。無事届いてよかったです。
有紗ちゃんと一緒に飾ってもらえて、なんたる幸せ。
有紗ちゃん、うちのアイコもどうぞよろしくね!
ラッキーが訪れますように~(^^)

2回目の富士山は、お天気に恵まれ、ぐぅに常に見守ってもらっているかのような
お月様がとても綺麗でした。
そしてドルフィンの形の雲も。私も心にぐっとくる景色で、綺麗に撮影できてよかったです。
未ーさんも機会があればぜひ富士登山にチャレンジしてみてくださいね~

URL | ラピータ #- | 2012/08/14 12:53 | edit

 

こんにちは。

ご丁寧に説明して頂いてありがとうございました。
本当に助かりました!
さっそく送ってみたいと思います!!

それと、返事をするのが遅くなりすみませんでいた。

これからも、自分なりにポターさんについて色々調べていきたいと思います!!
本当にありがとうございました。

ブログこれからも、拝見させてもらいます;)

URL | 千里 #- | 2012/08/31 18:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form