今年の目標アナログからデジタルへ

日常
01 /03 2013
 今年の目標のひとつは、すべてデータベース化しようと掲げてみましたが、具体的に言うとビデオテープの録画分、ホームビデオカセット、カセットテープやLPレコード、そして一番頭が痛いのは大量のフィルムと写真!他にも、スキャンしたいものがたくさんありすぎて、何にも手がつけられません。今年は、これらアナログデータをデジタルデータ化して保存したいと思ってます。

13010301.jpg

 まずはビデオテープから。これでも恐らくもう二度と見ることはないだろうというのは処分し、どうしても処分できなかった分のみ残ってます。今はまだ再生できるビデオテープも、テープが劣化したり、機械が故障したらもう二度と見ることができない。

13010302.jpg

 いまや我が家のメインレコーダーは、パナソニックのDIGAブルーレイとなり、ビデオテープ再生用に残してある東芝のRDレコーダーで、VHSをDVDへとダビングします。アナログ画質なので、画像はひどいものですが、いつかまた見たいと思った時のため。

13010303.jpg

 それから大量のデータをどうやって保存するか悩んだあげく、BUFFALOのブルーレイドライブを購入しました。これまで外付けハードディスクに保存していましたが、ハードディスクは2年毎に壊れるじゃないかと気になって仕方ないので、ブルーレイメディアに保存することにしました。ブルーレイは、1枚で23GBほど保存することができ、メディアにもよりますが23GBを4倍速で30分で保存できました。今までDVDに保存するのに4.6GBずつフォルダを分けていたことを思うと、まったくストレス無しで保存できます。

 また、このブルーレイドライブは、DVDで保存したものをアップスケーリングして保存できるという機能もあり、アナログ画質もそれなりに綺麗になります。

 世の中便利になるのは歓迎だけど、頭がついていかない今日この頃です。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。