ラピータのライフログ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

ビアトリクス・ポター資料館 開館7周年記念講演に参加

 レポートがすっかり遅くなってしまいましたが、4月28日に開催されたビアトリクス・ポター資料館 開館7周年記念講演「動物学者が読む『ピーターラビットのおはなし』」に参加しました。

 講師は、理学博士で、マダガスカル島の自然と希少動物の保護の為の活動をする「日本アイアイ・ファンド」の創設者でもある島泰三先生。講演は、埼玉県こども動物自然公園の森の教室で開催されました。

 毎年楽しみな資料館の開館記念講演。今年は動物専門家の方にビアトリクス・ポターのおはなしを読み解いていただき、また新たな視点が生まれたと同時に、おはなしの奥深さを改めて感じることができました。英国の風土と伝統、そしてビアトリクス・ポターの観察眼がなければこのような名作は生まれなかった。名作というのは、「読む人々の見る目に耐えられる作品で、そういう作品のみが名作として残っていく」

 一番印象に残った言葉です。詳しくはレポートにまとめましたので、クリックしてご覧いただけたら嬉しいです。

大東文化大学 ビアトリクス・ポター資料館
開館7周年記念講演 動物学者が読む『ピーターラビットのおはなし』
http://rapeter.sub.jp/peter/rp4988.html
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する