06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

富士宮口五合目より元祖七合目山口山荘まで 

 今シーズンの富士山は、雪解けが早く、麓から眺めても登山道に雪がないのではと思えるほどです。そこで、持っている装備で登れるところまでと、富士登山に行ってきました。
13052501.jpg

 富士宮口五合目より、六合目、新七合目までコースタイムで登山できましたが、新七合目の山小屋に到着した時点で体はくたくたのよれよれで、それ以上一歩も前に進めないという有様。
13052504.jpg

 新七合目から元祖七合までは、そこまでの道のりと比較にならないぐらい息切れ酸欠状態となり、1分進んで3分休むを繰り返していたら、コースタイムを大幅に超えてしまいました。今年こそはスマートに富士登山したいと思ってたのに先が思いやられます。

 酸欠状態を回復させるための酸素缶と、もうひとつ用意したのがゴム風船。ゴムを膨らませる際、深い呼吸ができるので体内に酸素を取り入れることができると思ったのですが、これが思ったほど効果なく、やはり何度か登って体を慣らすのが良いようですね。

 足もとまで雲海が迫り、手を伸ばせば雲がつかめそうとしているところです。どんなにへろへろになっても、こんな素晴らしい景色に出会えるからまた登ってしまうのでしょう。
13052503.jpg

 元気な主人は、一人でさらに上を目指し八合目まで行ってきました。5月25日時点で、八合目から上は登山道に雪がついていて、スキーやスノーボードをかついで登山している人がたくさんいたとの事。写真は、八合目から山頂方面を眺めたものです。
13052505.jpg
関連記事

Posted on 2013/05/25 Sat. 16:01 [edit]

category: ハイキング

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。