ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士散歩

 週末恒例ハイキングは、やっぱり富士山。富士宮口五合目から八合目の池田館を目指して登山し、連絡路を抜けて御殿場ルートで下山するというコース。これを勝手に「富士散歩」と名付けてます。

 出発地点の富士宮口五合目駐車場に到着したのが、午前7時45分。この時点で第一駐車場は満車で、駐車場入口から100mほど下がった路上横駐車場へ、滑り込みセーフで駐車することができました。

13062901.jpg

 出発前は、青空も見えていたのですが、登山開始から雲が山肌を覆い隠し、雲の中、時折霧雨シャワーを浴びながらの散歩となりました。

13062902.jpg

 元祖七合目から八合目の間、標高が3000mに近づく地点、高山病の症状が出始めます。こんな時のために富士山に行く際にはいつも持ち歩いている携帯酸素で何とか乗り切ります。そんなフラフラな私のそばを、『ふたつパイがあったおはなし』のダッチェスのモデルとなった黒のポメラニアンが、颯爽と現れ、ヒョイヒョイと私の横を通り過ぎて行きました。座敷犬にすら抜かれるのろまな私。。。

13062903.jpg

 標準コースタイムより30分遅れで八合目の池田館に到着。ここから連絡路へ移動し、富士宮ルートに別れを告げ、御殿場ルートで下山します。池田館の裏手から富士山の斜面を真横にトラバースする連絡路は、残雪が3メートルほどの壁となり連なっていました。

 「ゆっくり歩く」は、高山病の予防ですから~~と慰めておきましょう(^^;;;

 2012年11月4日の記事「富士山番外編 富士散歩
関連記事

ジャンル : スポーツ
テーマ : 登山

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。