タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

富士登山リベンジ2日目

2013.07.13(21:24) 1873

 山小屋で迎える朝。そう、ご来光です。
13071301.jpg
 山より眺める日の出は、当然のことながら素晴らしいのですが、山小屋のガラス戸に反射する朝日のグラデーションもなかなかどうして美しいです。

13071302.jpg

 この日は雲が多くて綺麗な日の出とはいきませんが、明るくなり始めた空の下、幽玄な山並みが映し出されます。

13071303.jpg
 ご来光。この日の日の出は、午前4時27分でしたが、水平線の雲の塊より抜け出てきたのは午前5時2分でした。空一面がキャンパスのようで、「空」というタイトルで描かれた油絵作品のような、芸術を楽しむかのごとく、ずっと空を眺めていたい。そんな素晴らしい空模様でした。しかし、山小屋の朝は早く、小屋の前では時計型薪ストーブからモクモクと煙が立ちのぼり、とても芸術を観賞するような気分ではありません。

13071304.jpg
 そろそろ山小屋に引きあげようかと思い、空を振り返ると「天使の梯子」。ほんの一瞬の出来事でしたが、なんとも壮大なスケールで、それもすぐ目の前、目線とほぼ同じ高さで見られるなんて、標高の高い富士山だからこそですね。

13071305.jpg
 山小屋の朝食。温泉卵かけご飯、のり、野菜炒め、味噌汁、温かいお茶。味噌汁はお代わり自由でした。温泉卵のかけご飯がとっても美味しかった。

13071306.jpg

 2日目のアタック開始です。御殿場ルートより、再び連絡路(赤岩八合ルート)を通って富士宮口ルートに戻り、山頂を目指します。登山客の少ない御殿場ルートで登山すると、自分と同じようなゆっくりペースで登山している方に出会う確率はゼロに等しく、それよりもゆっくりでも一歩一歩同じように登っている人がいるコースで、いやあの人も頑張ってるから、自分も頑張ろうと励みにしながら、止まりそうになる足を前に進める。

13071307.jpg
 山頂に到着!今年初の山頂です。今年もまた山頂まで登ることができ感謝です。山頂富士館で1個800円のカップラーメンを食べるのを毎回楽しみにしているので、今年もいただきました。塩分の効いたスープが疲れた体に染みわたります。

13071308.jpg
 元気を回復したところで、山頂のもうひとつのお楽しみ「お鉢めぐり」に初チャレンジすることにしました。3700m地帯は、私達のよく知る富士山とは別世界です。筋のようについているのが、お鉢巡りのコースになっています。

13071309.jpg
 富士宮ルート山頂より時計回りでお鉢巡りを開始すると、すぐに剣ヶ峰の頂を登らなくてはいけません。この滑りやすくて急こう配の坂は、富士山の最大の難所です。この坂を登った先に。。。

13071310.jpg
 「日本最高峰富士山剣ヶ峰3776m」の石碑があります。この石碑前で写真撮影するのに10分から15分、週末は30分以上並ぶとか。

13071311.jpg
 剣ヶ峰と写真撮影をしている間に、それまでの天気が嘘のように、あっという間に霧におおわれ辺り一面真っ白に。そして踏ん張っていないと飛ばされそうな強風が襲いかかってきました。天気が良ければ360度の大パノラマで景色を堪能できたはずですが、要した時間1時間45分、ほとんど景色は見られませんでした。

13071312.jpg
 富士山頂郵便局。今年は富士山頂浅間大社奥宮の隣ではなく、御殿場ルート山頂の小屋で開業しています。ちょうど運よく山頂に到着したその日からの営業開始でした。

13071313.jpg
 ここでしか購入できない「富士山頂郵便局 富士山登頂記念」3Dカード(1枚1000円)を購入。世界文化遺産登録記念のスタンプをハガキに押して投函しました。

 下山を開始した頃より、雨がポツポツと降り出し、天気予報では曇だったのに、山の天気はあてになりません。今回の富士登山は、素晴らしい天気に恵まれ、影富士、ご来光、天使の梯子、雷雲、そして雨までも。フルコースで堪能できました。

 こうして登山を楽しめたのも、毎回富士登山する度に悩まされる高山病の症状が軽かったから。山小屋に到着し、夕食前に頭痛がひどかったのですが、頭痛薬にアスピリンを用意しました。アスピリンの効能は、末梢血管の収縮緩和と、血液粘度上昇防止。ほどなく頭痛もおさまりました。また、ヨガで習った腹式呼吸を意識して何度も繰り返しました。

 さらには、登山中気温が高かったため、暑くて何度も水分補給をおこなったこと。持ち帰ったペットボトルの本数は、驚きの2人で500ml、10本(1人2.5リットル)。水分補給も高山病予防のひとつだそうです。

 山小屋の小屋番さんにも優しく接してもらったことも随分励まされ、こうして富士登山を堪能することができました。富士山、わらじ館のみなさん、どうもありがとう。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


ハイキング トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<アイコお迎え記念日 | ホームへ | 富士登山リベンジ>>
コメント
わぁ~、おめでとうございますm(^o^)m
剣ヶ峰3776m登りきられたのですね~、凄いわ~!感動です~!!
日本一高い山にしかも世界遺産の山にご夫婦で朝焼けを見られるなんてとんでもなく素晴らしい事ですね~!!!
あまりにも高すぎてやっぱり体調とかついていけなくなるのでしょうね?
(私ならいつもここでなくてもリタイア組です^^;)
その後のケアも大切なんだろうと思いました。。。お大事になさってください。

遠くでしかも写真しか見た事がない富士山をこちらで堪能させて頂いてコメントまで入れさせて頂けて何か胸いっぱいです~。
読み終わると心が浄化されてるような気がしました。。(オーバーですか?^^;)ラピータさん、貴重なお写真をどうも有難うございました。

【2013/07/22 22:41】 | 未ー(有紗の飼い主) #5J4Tw7Bs | [edit]
>未ーさん

ありがとうございます!!頑張りました!!
ご来光も無事見ることができ、本当に何よりでした。
こういう景色が待っていてくれるから、富士登山やめられないんですね。
未ーさんもチャンスがあったらぜひ登山チャレンジしてみてください。
3000mを超えると別世界が広がります。

未ーさんにいつも優しいコメントをいただき、私も胸いっぱいです。
こうしてコメントいただくことが、私の励みになっていますので、
これからもどうぞよろしくお願いします!!
【2013/07/23 17:35】 | ラピータ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。