06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

オープンカレッジ、無事終わりました! 

 オープンカレッジの講座、無事終了しました。なんとか無事やりきり、安堵で胸をなでおろすことができました。講座に参加してくださったみなさん、そして応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

13102501.jpg
 オープンカレッジの会場となった大東文化会館。2013年は大東文化大学創立90周年の記念の年で、エントランスにピーターラビットがデザインされた90周年ロゴが掲げられています。

 講座当日は、台風27号の影響で大雨予報も出ていたのですが、当日の雨はそれほどでもなく、電車も通常ダイヤで運転されていて、滞りなく講座が開催されました。

13102504.jpg

 教室には1時間前に到着し、一緒に講座を担当するなっつさんの手作り作品をディスプレイ。

 これらの作品は、5部構成の講座内容の内、なっつさんの手作り作品のコンセプト「こんなピーターグッズがあったら良いのに」という部分で、どうしてそう思ったかなど、作品の説明をしながら解説してもらいました。

 完成した作品を実際に見ながら、作成した本人からその作品についての解説もしていただくって、こういう機会でもなければ改めて聞いたりしないことだから、とっても貴重な時間でしたね。

 なっつさんのピーターラビットとビアトリクス・ポターの作品が大好きという気持ちやその思いが、これら魅力的な作品が次々と生まれる原動力となっています。参加してくださったみなさんにも、その思いが少しでも伝わったと思います。

13102508.jpg

 講座当日に配布したのは、講座内容のレジュメとパレスホテル箱根で開催されている「ピーターラビットフェア2013」のチラシと、手作り材料のプロショップ ヂャンティのチラシ。また、私となっつさんから感謝の気持ちを添えたブックマーカーは、講座参加記念のお土産です。

13102506.jpg
 講座が開催された教室。

13102503.jpg
 教室内の様子。

13102502.jpg
 兎にも角にも、ピーターラビットが大好き、ピーターラビットの魅力をたっぷりと参加してくださったみなさんに伝えてくださいという先生方の依頼でしたので、90分間(少し短くなってしまいましたが)原稿を読みながらですが、たっぷりとおしゃべりさせていただきました。

講座内容:
大東文化大学オープンカレッジ 秋期講座 講座NO.015
≪博物館を楽しもう④≫大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館を楽しむ
3回目 10月25日「ピーターラビットに魅せられて」
 第一部 ピーターラビットに魅せられて ふたりの出会い
 第二部 どうして夢中になれるのか?
     実際に会っておしゃべりする「ピーターラビットお茶会」を開催
 第三部 こんなピーターラビットグッズがあったら良いのに なっつさんの作品紹介
 第四部 憧れの聖地 英国 湖水地方へ
     ザ・ワールド・オブ・ビアトリクス・ポターアトラクション、他
 第五部 それは発見の日々!ビアトリクス・ポター作品の魅力。
     様々な講演会に参加して得たビアトリクス・ポター作品の読み解き方、そこから得た新たな視点、そして発見。

 そもそも私達が、どうして大東文化大学の先生方と知り合うようになったのか?そしてこのような講座を担当するになったのか?も含めた内容です。

 知り合ったのはもう10年以上前のこと、大東文化大学 文学部英米文学科で2001年に開催された英文学会「Peter Rabbit Day」でした。

 Peter Rabbit Dayイベント報告レポート

 2006年に大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館がオープンし、今年開館7周年を迎え、着実にファンの支持を得ていることでしょう。本来ならば、私達もこの講座を楽しみに受講していたはずなのに、1回目、2回目の講座を受講するような心の余裕はまったくなく、準備にいそしみました。

 それから、ピーターラビットお茶会メンバーの友人たちも応援に駆けつけてくれ、アシスタントを務めてくれました(^^;;

 人の視線が気になり、人前にでるとあがり症の私にたくさんの元気とパワーを与えてくれてありがとうございました。そして「良かったよ」「面白かったよ」と感想を寄せていただき、肩の荷が降りました。

 それから新たな出会いもありました。私のブログを読んでくださっているという方が講座に参加してくださっていて、初対面だと思うのですが、初対面のような気がしない、昔からの知り合いのような和やかな雰囲気に包まれおしゃべりさせていただきました。

 改めて、講座を担当するという出来事を振り返り、新しい事を始めるのはとても勇気がいることですが、今回思い切ってやらせていただき本当に良かったと思います。

13102507.jpg

 お茶会メンバーの友人たちより、講座に来ていただくだけで十分なのに、お土産もいただきました。

 天気が心配で、打ち上げもキャンセルしていたのですが、先生方やポター資料館のみなさんと一緒に打ち上げもセッティングしていただき、幸せな気分に包まれ帰宅しました。感謝、感謝の一日です。本当にありがとうございました。

 以上、簡単ですが、講座のご報告でした。写真は、お茶会メンバーのかなさんが撮影してくださいました。ありがとうございました。
関連記事

Posted on 2013/10/25 Fri. 13:50 [edit]

category: ピーターラビットイベント&報告

TB: --    CM: 2

25

コメント

受講できて良かったです 

ラピータさんに会いたかったので受講した ぴのこ です。
先週の講座の日も、昨日のフィールドスタディーの時も
楽しいお話をたくさん お聞かせくださいまして、ありがとうございました。
受講できて本当に良かったです。

ピーターラビットのキットカットの写真が写っていますね。
可愛くていいですね。

昨日のフィールドスタディーの帰り道に、ご一緒した受講生の方も
「参加してとても楽しかった。先週のラピータさんとなっつさんからの
お土産のブックマーカーが嬉しかった。」
と、大変喜んでいらっしゃいました。
昨日の夕方、資料館のある動物園の前を通ったバスに
ラピータさんが乗っていらしたのを見たような気がしました。
もし私の見間違いでしたら、ごめんなさいね。

ラピータさんにお会いできて、本当に嬉しかったです。
これからも、ラピータさんのお話を読むのを楽しみにしています。




URL | ぴのこ #- | 2013/11/02 15:53 | edit

Re: 受講できて良かったです 

>ぴのこさん

ぴのこさん、お会いできて私もとっても嬉しかったです。ありがとうございました。
フィールドスタディも素晴らしいお天気で、まさしくお散歩日和でしたね。
ポター資料館では、そんなに長居するつもりがなくても、居心地が良すぎていつも閉館時間までいたりします。
もうすぐクリスマスの企画展も始まりますし、また伺いたいですね。

大東文化大学限定のキットカット、可愛くてしばらく眺めていましたが、
誘惑にまけて食べちゃいました(^^)
ちなみに中に入っているチョコ包みは、ピーター柄ではなかったです。

そうそう、帰りのバスの中から、ぴのこさんの姿を見つけて手を振りました。
気がついてくれて嬉しいです!!
お土産も気に入ってくださり、本当に良かった。
秋の読書に使ってくださいね。

これからもどうぞ末永くよろしくお願いします。
一緒に撮影した写真は、またメールさせていただきますね(^^)v

URL | ラピータ #- | 2013/11/03 18:30 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。