06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ヨーロッパカルトナージュ協会レッスン①リングボックス 

 「カルトナージュ」ってご存知ですか?
 カルトン(厚紙)に布を貼りあわせて組み立て、おしゃれな入れ物を作ること。フランスで発祥し、その歴史は18世紀までさかのぼるそうな。

 不器用な私は手作りなんて出来ないと思ってましたが、3月に体験レッスンを受け、とても楽しかったので、ヨーロッパカルトナージュ協会に入会し、初級レッスン12回を月1回のペースで受講することにしました。第一回目のレッスンは「リングボックス」作りです。

 初級レッスンは、あらかじめ材料がサイズに合わせて用意されているキットがあるので、すぐに開始できます。ひとつの作品を作るのにかかる時間は、おおよそ3時間ぐらいで、先生とおしゃべりしながらあっという間に楽しい時間は過ぎていきます。

リングボックスの土台の部分のカルトンを組み立てます。
14050901.jpg

そしてそこに布を貼りつけます。布はボンドでつけるのですが、端っこの処理を綺麗にすることで、出来栄えがより美しくなります。余分な布をカットし、上手に貼りあわせると言葉にすれば簡単だけど、ハサミで布をカットする際、端っこだからやりづらいのと、布を切りすぎると穴があくから、その調整がとても難しい。
14050902.jpg

リングボックスの蓋になる部分。蓋は適当にカルトンを配置すると位置がずれて蓋の役目を果たさなくなるので、定規で測って正確に位置決め。
14050903.jpg

リボンは布と同系色でまとめて、両面テープでくっつけてます。そうは見えないでしょう(^^)
14050906.jpg

箱の内側はウーペケーネスという起毛紙で仕上げしてます。リングを入れる部分は、綿を巻いて丸くしたものを仕切りにしてます。
14050904.jpg

最後に完成したリングボックスで記念撮影。なんともかわいいリングボックスが出来上がりました。お友達にもプレゼントしたいところだけど、先生がそばにいないとまったく作れないという技量のなさ。復習のためにも作ってみたいけれどもね(^^;
14050905.jpg
関連記事

Posted on 2014/05/09 Fri. 17:56 [edit]

category: カルトナージュ

TB: --    CM: 2

09

コメント

素晴らしいですね♪ 

ラピータさん、本格的にカルトナージュをはじめられたんですね♪
初回の作品から、とっても素敵です。
これからも、作品のご紹介楽しみにしています。

URL | なっつ #EBUSheBA | 2014/05/31 23:02 | edit

Re: 素晴らしいですね♪ 

>なっつさん
カルトナージュ、とっても楽しい作業ですね。
不器用な私でも、それなりのものが作れるところが気に入ってます。
他にも手作り作品に挑戦したいのですが、なっつさんのワイヤー講習も受けたいと思ってます。
でもちょっと遠くてね(^^;;
今度近場でぜひお願いします。


URL | ラピータ #- | 2014/06/01 14:32 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。