ラピータのライフログ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

金時山ハイキング

真夏の金時山は、ハイキングする人が少なめです。というのも、日陰は涼しく感じてもそこそこ暑いし、富士山の眺望は雲に隠れ見えない確率が高いし、虫はやたらめったら多いしと。


山の中なので、あらゆる虫が生息しますが、中でもアブ、ハチは怖いですね。刺されるともう大騒ぎするぐらいの痛みそして痒みに襲われます。しかしあなどるなかれ、やぶ蚊も恐ろしいです。なんとやぶ蚊に耳たぶをさされ、「でっかくなっちゃった」というマジックのような大耳になった感覚がするぐらい腫れて真っ赤になっちゃいました。

14080201.jpg
登山道はヤマユリが満開です。

14080202.jpg
こちらはウバユリ。通りがかりの植物に大変詳しそうな方に名前を教えていただきました。

教えていただいたきっかけは、虫食い痕だらけの草を見て、「穴だらけにした犯虫の姿が見えないだけど、なんでしょうねぇ~」と尋ねられ、さっぱり分からず答えられなかったのですが、そこからしばらく一緒にハイキングして花の名前を教えていただきました。

その虫食いだらけの草の名前が面白くて「ペンギン草」と私は聞こえ、主人は「テンジク草」と聞こえたと言い、お互いここは譲れません!!ちゃんと確認すれば良かった(^^;

14080203.jpg
トレッキングシューズを新調したので、足慣らしを兼ねてのハイキングでしたが、新しい靴が足にぴったりと馴染んで快適です。恥ずかしながらレディースの靴が足に合わず、メンズで代用するのですが、色も可愛いし、メンズにしては見た目もスマートなデザインでよかったです。

14080204.jpg
オカトラノオの群生越しに見る富士山。足慣らしも終わったし、次は富士登山ですね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する