ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイコの具合9

あいかわらずブログの更新が滞っております。
ご心配おかけしておりますが、アイコは頑張ってます。「元気」って報告したいけれども、とてもそんな状態になく、でも頑張ってます。

14111802.jpg

アイコの治療薬、ホメオパシーのレメディがひとつ追加になりました。「バイタルソルト」です。2004年闘病中だった我が家のうさぎ、プロプシーも飲んでいました。全体のバランスを整える効果があります。

これまでも飲み続けているレメディと一緒に朝、晩と飲ませて一週間が経ちましたが、それまで一日一回息苦しさからそこら中を駆け回る発作のような症状がなくなり、比較的落ち着いてきたようです。

この発作は、アイコが何か動作をしようとすると同時に鼻が詰まり、一時的に呼吸困難に陥るため、パニック状態になるような感じです。うさぎは、例えば大きな音が突然聞こえるとか、今までなかったものが突然出現するなど、ちょっとした変化でパニックになることがあり、パニック状態になると狂ったようにそこらじゅうをかけ回ります。それに行動が似ています。

パニックのような状態になったアイコを無理矢理追いつめると、恐怖心からかさらにぐるぐるとんでもないところに飛び乗利飛び降りたり、網に足を挟みそうになったり、こういう状態になると別の問題、骨折やら体を痛めるじゃないか、そんな心配もしなくてはいけなくなります。

とにかく落ち着いて動かなくなるまでそっと見守り、動きがとまったところでそっと体を横から抱きかかえ酸素ハウスに連れ戻し、扉を閉めて落ち着かせます。息が詰まると同時に肛門筋の力が弱まるのかちょびっとおもらしもします。

このパニックに似た症状さえなければ、食欲もあるし、安心してお世話できるのだけど、これだけが心配の種だったんです。でも新しいレメディが追加され、一日一回だったのが症状が出ない日もあり良かったです。

回復のスピードは遅く、これ以上は望んではいけないのかもしれないけれど、一日一日を大切に過ごしていけたらと思います。

ホメオパシーのレメディと酸素ハウス、そしてなにより失われないアイコの食欲、食べるのは生きるための基本ですものね。病気だって食欲があれば乗り越えられる。レメディはそういう点でアイコにぴったりな治療薬だったなぁと改めて思いました。

14111801.jpg

時折見せるゴロン寝姿。湯たんぽを枕代わりにして、なかなか良い寝っぷりです。
関連記事
[ 2014/11/19 17:20 ] うさぎ関連 うさ疾病 | TB(-) | CM(2)
ごろん
呼吸が苦しいのはみていて本当につらいものです。
どうか苦しくないように!
食欲があるのが嬉しいですね。
先月お誕生日だったのですね。
遅ればせながらおめでとうございます。
可愛いケーキ!!こんなの初めて見ました。
[ 2014/11/29 10:17 ] [ 編集 ]
Re: ごろん
>こむぎママさん

全然更新できなくて、ご心配ばかりかけてごめんなさい。
出来るだけ元気な姿を見てもらいたくてと
思っていたのですが、、、
本当にいつもありがとうございました。
[ 2014/11/29 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。