ラピータの部屋「今日のひとこと」

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大山初登山

丹沢大山国定公園の大山へハイキングに行ってきました。別名、阿夫利山(雨降山あめふりやま)と呼ばれるとおり、雨が多い場所で、山の中腹と山頂に阿夫利(あふり)神社があり、江戸時代から続く信仰の山でもあるそうです。

14122701.jpg
大山の標高は1252m、途中海抜678mにある阿夫利神社下社までは大山ケーブルカーに乗りました。高低差300mを6分で駆け上るケーブルカー。初詣の時には、ケーブルカーに乗るために2時間以上待つこともあるようです。

14122703.jpg
それもそのはず、この写真は逆光で光の具合があまりよくありませんが、この下社からの眺めるご来光は特別な、何か良いことが起こりそうなそんな雰囲気が漂います。雨さえ降らなければね(笑)

14122704.jpg
下社でハイキングの無事を祈りお祓いを済ませいざ出発。登り約1時間半のコースで、ハイキング道は整備され歩きやすいのですが、階段が多く足の上げ下げで堪えます。

大山は、○○丁目という番地が刻まれた石碑が建ち、富士山の○合目のようなどこまで登ったか目安のようになっていました。

14122705.jpg
ここは20丁目の富士見台にて。雨降山から見る素晴らしい富士山。絶景です。

14122706.jpg
山頂は28丁目で、阿夫利神社本社が建っています。売店もトイレもあるのですが、山頂トイレは凍結により故障中で使用不可でした。

14122708.jpg
山頂の売店にて豚汁を注文。お昼を食べていると、たくさんの荷物を背負ったお兄さんが売店に荷物を届けていました。山に荷物を届ける力自慢の職人、強力さんがいなければ、こうして豚汁はいただけないですものね。汁まで残さずいただきました。

14122707.jpg
山頂には、大山が雨降山と呼ばれる所以となるご神木「雨降木」があります。なんでも、年中水がしたたっている霊木で、澄み切った青空に映えるこの姿にも圧倒されます。

14122709.jpg
山頂から見る富士山は、霊峰富士という名にふさわしい姿に見えませんか?足元にそれぞれの峰を掲げた山並みを従えながらも、圧倒的なその高さで見下ろし、威風堂々としている、これぞ富士山ですね。あっぱれな景色です。富士山が大好きな両親にも見せてあげたいなぁ~。ケーブルカーを山頂まで延長してくれないかしら(笑)

帰りは、別ルートで見晴台経由で下山しました。見晴台までのルートは、霜柱がとけた泥だらけのぬかるみが続き、足元が滑りすく危険でした。なんとか転ばずに1時間30分で下山しました。

見晴台よりスタート地点の下社までのルートに、パワースポットがふたつありました。

14122710.jpg
ひとつめは「絆の木」で、「山の神神社」を祀っていた御神木の大杉と他の木が下部で結合しています。人とひとの繋がりを深めてくれるとか。

14122711.jpg
もうひとつは「縁切の杉」で、悪縁を断ち切ってくれる杉で再スタートを後押ししてくれるそうな。こちらは二重滝の祠のすぐそばにあります。
さすが信仰の山だけあって神秘的です。

朝9時20分初のケーブルカーに乗車し、14時20分のケーブルカーで下車しました。素晴らしい景色が望める大山、また機会があれば登ってみたいです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。