タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

鍋割山ハイキング

2015.05.05(17:53) 1976

 鍋割山へ軽くハイキングのつもりが、歩けど歩けど山頂につかず、体力的には少しきつめとなりました。

15050501.jpg
 スタート地点は、表丹沢県民の森。朝7時30分時点でなんとか駐車スペースを確保できました。しばらくは四八瀬川の川のせせらぎを聞きながら西山林道を1時間ほど進みます。

15050502.jpg
 林道と分岐した地点からいよいよ登山道へと入る手前に水が入った大量のペットボトル(2リットル)が置いてありました。
「鍋割山荘へ向かわれる方で体力に余裕のある方は、ボランティアで運んでください」とあります!!!

 これがうわさで聞いた水運びのボランティア!体力に自信はなかったものの、鍋割山荘で鍋焼きうどんが食べたかったので、少しだけでもお手伝いしようと1本運びました。

 たった1本のペットボトルでしたが、これが重いのなんの(^^;;;

 でも汗水流して運んだ分、気兼ねなく美味しい鍋焼きうどんが食べられるぞーと歯をくいしばり頑張りました。

15050504.jpg

 林道終点から約2時間。ようやく山頂へ到着。

15050503.jpg
 運んだペットボトルの水を鍋割山荘の前に並んだポリタンクへとうつします。これでボランティアの任務完了!!

15050505.jpg
 そしてこれが鍋焼きうどん!!!美味しかった~

 鍋割山のハイキングの楽しみは、山頂で食べる鍋割うどんと言うぐらい名物となっていて、これら材料を歩荷(ぼっか)で山小屋の主人とスタッフが担ぎ上げているそうな。そう聞くとますます美味しく感じます。

15050506.jpg
 山頂から見る景色は素晴らしいけれど、みんな一生懸命下をみて同じようにうどんをほおばっている、そんな鍋割山の山頂の景色です。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


ハイキング トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ドクターフィッシュ | ホームへ | 丹沢方面へ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。