タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

TV番組マツコの知らない世界「うさぎ暮らしの世界」

2016.03.02(14:53) 2007

見ちゃった!
「うさぎはカワイイ」で終わるから見ても意味ないかなと思いつつ見てしまいました。

うさぎ年でもないのに、うさぎを取り上げる意味が分からないけど、まぁ番組のおっしゃる通り「うさぎ様は可愛い」と思います。

そうです!

総称として呼ぶにはうさぎですが、個々のそれぞれを示す場合はうさぎ様ですから~。
ちゃんでも、さんでもありません。

まずはしっかりと自分の立場をわきまえてうさぎ様と接していかなければ、うさぎ暮らしは成り立ちません。

日々のお世話はもちろんのこと、お食事の準備は相当気を遣いました。
健康のバロメーターは食欲の有無にかかってますからね。
とにかく口に入れるものは、新鮮でなければダメというのが鉄則のようなものでした。

ペレットも牧草も、それから野菜も。
新鮮な野菜を求めてスーパーを回り、より新鮮なものを求め自家栽培もおこなう。
それもこれもうさぎ様がおいしそうにモグモグ食べてくれるためですから苦労と思わない。

番組では「うさぎはニンジンが嫌い」とありましたが、我が家のアイコの大好物はニンジンの葉!
ついでにニンジンも食べてました。
新鮮野菜は、香りの立ち方が違いますから、アイコに喜んでもらおうと冷蔵庫の野菜室はいつも新鮮野菜が満杯でした。

そんな努力が報われる瞬間というのが、アイコがおいしそうに食べている姿で、これを見たいがために頑張れるですよね。

番組では、マツコさんがずっとうさぎ様を抱っこされていましたが、抱っこするなんてとんでもないです。
アイコに一瞬でも嫌われたくないからいやがることはできません(笑)
たまに抱っこしても平気という子もいるみたいだけど、なんとも羨ましい特殊なケースと考えています。

でもいやがること例えば爪切りとかする際は、自分は嫌われたくないので主人に嫌われ役を引き受けてもらいました。

うさぎ暮らしの世界は「うさぎ様の日々のご機嫌伺いをする世話人という立場をわきまえるとハッピー」という設定で制作されたら、もっと目からウロコの違った面白い内容になったのではと思います。

そうして番組放送後に友人との会話で「うさぎ飼ってるの」と言うと、「うわぁTVで見たけどお世話大変ね」みたいなこと言われたりしてね。
そしたらカワイイ、抱っこしたい、おとなしい、散歩させなくていいし世話が楽だしと、安易にうさぎ飼おうって方を抑止できるのではと考えたりもしました。

それにしても、あいかわず「ミニうさぎ」という呼称を使用しているなんてね。純血種以外はすべて雑種で、雑種だと売り手側が困るということで「ミニうさぎ」となったようですが、この呼称は小さなうさぎ、大きくならないうさぎという誤解を生むからやめようというのがあり、「MIX」とか「雑種」という表記で、それが定着しているかと思っていたから驚きました。

160301.jpg

アイコもMIXです。ミニレッキスほどではなかったけれど、素晴らしい毛並みでフワフワ、モコモコでした。

「お世話係よ、何さぼっとる。ナデナデしなさい」とお説教している表情ですね(笑)
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


うさぎ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<カルトナージュ「写真立て」 | ホームへ | 大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館クリスマス特別企画展のレポート完成>>
コメント
我が家では「マツコの知らない世界」は、いつも録画して
後から見ているので、まだ昨夜の放送は見ていないのですが、
ラピータさんのお話を読んで、今夜、見たいと思いました。

うちの息子は、元気すぎる甘えん坊だったので、
まさに私は、母でありながら「うさぎ様の世話人」でした。
通常、飼い主は、ペットの「ご主人様」と呼ばれるものですが、
うちの子の方が「ご主人様」で、私の方が「メイド」のような気がしたことも、
頻繁にありました。

うさぎ様のお世話は、手間がかかることもありますが、
うさぎ好きには、その手間が幸せなんですよね。

今も、うちの子が恋しくてたまらないですが、
また「うさぎ様の世話人になりたい」と思う今日この頃です。


【2016/03/02 18:33】 | ぴのこ #- | [edit]
ぴのこさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
本当は見るつもりなかったんですが、やはり気になるので見ちゃいました。
ネタばれすみません(^^;

うさぎ暮らしの世界って、どうお伝えするのが一番ベストだったんだろうって考えた時、
飼い主との特殊な(笑)関係を、あえてお世話係に徹するとハッピーな関係が築けるという
えー飼い主が主人で上じゃないの?って、
マツコさんもびっくりされるじゃないかしらって思いました。

なんといっても女王様であり、王子様ですものね。
部屋の温度、湿度の管理から、敷物がお気に召さなければすぐに取り換える、、、
ははぁ~なんでもおおせのままに(爆)
うさぎ様の痒いところに手が届くようになると、ようやく一人前のお世話係として認めてもらえるみたいな。

今は寂しい気持ち半分、もう体力的にお世話係には戻れないと思う気持ち半分でしょうか。
全然更新してなかったのに、すぐにコメントいただけてうれしかったです。

内緒ですけど(笑)また講座を受け持つことになりましたので、よかったらいらしてくださいね。
【2016/03/02 20:37】 | ラピータ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。