タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ヤザキのイレクター「バラアーチ」キットの組み立て

2017.01.31(21:50) 2115

バラの話題をひとつ

17012804.jpg
冬季のバラは冬眠中につき、この時期に植え替えや枝の剪定など行います。バラは枝の見分け方が簡単なので、若い枝だけ残し古い枝はすべて落とし、込み合った枝も切り落としました。

17012802.jpg
また、ツルバラのアーチは、経年劣化により土台を支える支柱が錆びて傾き倒れそうになったため新調しました。

17012801.jpg
新しいアーチは、ヤザキのオリジナル商品、イレクターの「バラアーチ」キットを購入し組み立てました。イレクターというのは、鋼鉄にプラスチックカバーが覆われたパイプで、ジョイントを活用すればどのような形にも組み立てられる優れものです。

17012803.jpg
こちらはバラアーチ用のキットとして販売されているもので、必要なパーツがすべて揃っています。

キットの良い点は、高さ調節がすでに施されているので、メジャーで測って印をつけて高さを合わせるという手間が省かれる点です。あっという間にバラアーチが完成しました。

17012805.jpg
その反面キットの難点はそのまま使用するには申し分ないのに、仕様にないことをしようとするとちょっとした試練がありました。

バラアーチの強度を増すために、追加でジョイントとパイプを2本購入し、アーチの足部分にもパイプをつなげることにしました。しかし、土台の足の部分にキャップがついていたためジョイントがはまりません。止むを得ずカナノコで切断することにしました。

17012807.jpg
無事、追加ジョイントをはめ込み、土台となる部分にパイプをつなげることに成功しました。

17012806.jpg
仕上げは、イレクター専用の接着液をパイプの隙間に上から流し込み接着しました。これで完成です。

17012808.jpg
アーチを設置するのは以前あったアーチと同じ場所ですが、土台部分を15㎝ほど沈めるので穴を掘りました。花壇と花壇の間にアーチの土台となるパイプ(点線部分)が埋まっています。こうすることでアーチの強度が上がるはず。

17012809.jpg
こうして完成したバラアーチにツルバラのツルを誘引しました。イレクターはとても頑丈なので、これで当分安心です。

ツルバラは、アーチの左側が「エメラルドアイル」、右側が「ミミエデン」です。
関連記事


ラピータの部屋「今日のひとこと」


ガーデニング トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館記念論文集 | ホームへ | 2016年振り返り>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。