タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラピータの部屋「今日のひとこと」


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ほったらかし温泉&ほったらかしキャンプ場

2017.06.05(18:09) 2150

甲府盆地を見下ろす高台(標高700m)にある「ほったらかし温泉」へ行ってきました。
17060101.jpg

この温泉を一躍有名にしたのは、日本新三大夜景に選ばれた甲府盆地の眺望と富士山、満点の星空を寝転んで見れる寝転び湯、さらにこの眺望が一番美しく映える日の出時刻の1時間前に開場し、朝日に照らされた富士山を湯船から眺めるという、この上ない贅沢気分を満喫できる温泉、それが「ほったらかし温泉」です。

ほったらかし温泉には、あっちの湯とこっちの湯の2ヵ所あり、入浴料800円でどちらかしか入浴できません。あっちの湯の方が新しく、こっちの湯より広くて、日の出前から開場するのはあっちの湯です。
17060102.jpg

泉質は、とっても滑らかで、皮膚に優しく馴染みとても良いお湯でした。特に露天風呂は少しぬるめなので、いつまでも入っていられる感じです。但し、ぬるめだからといって、長くつかっていると発汗作用で脱水症状になるので、ペットボトルを持ち込み水分を取りながらと注意書きがあったそうな。こういう大事な部分を読み飛ばして、のぼせて倒れそうになり危なかった(^^;

のぼせるほどお湯につかるのはダメですが、高原の風が心地好く、景色も良く、ずっとつかっていたいほど気持ちのよい露天風呂でした。

ほったらかし温泉の名物「温玉あげ」130円 温泉卵をから揚げしたもの。程よい塩味でサクッフワッと美味しかった。
17060104.jpg

ほったらかし温泉から徒歩3分のところにある「ほったらかしキャンプ場」
電源も完備されたキャンプ区画サイトは、とても広く、主人が35年ぐらい前に購入したテントを張ってもご覧の通り、後3つぐらいテントが張れそうなスペースがありました。
17060106.jpg

キャンプ場のトイレはとても清潔で綺麗でした。標高が高いので虫もほとんどいません。温泉は目の前だし言うことなしですね。週末は3か月先まで予約が一杯で、月初めに3か月先の予約受付がスタートするのですが、その日は電話がひっきりなしで繋がらない状態だそうです。

キャンプは晴天の日に限りますが、大気の状態が不安定だったため、夜中に突然の雷雨で2時間ほど降り続きました。しかし、くたびれた35年前のテントは水漏れすることなく問題ありませんでした。「水漏れする安いテントはフライシートの立ち上がりが、、、どうたらこうたら」と主人の蘊蓄が始まりましたが、右から左です(^^)

17060107.jpg
甲府盆地の夜景を肴に、山梨産のワインで乾杯!

17060108.jpg
朝食は、ほったらかし温泉の「気まぐれ屋」で、最強たまごかけごはん500円をいただきました。

追記)
ほったらかし温泉に行くには、笛吹川フルーツパーク内を通り抜けた先にあるのですが、カーナビに場所をセットしてナビ通りに進むと、とんでもない場所に迷い込み、「フルーツパーク X印、ほったらかし温泉 X印、カーナビ誤り」の看板がありました。ホームページにも「カーナビ通りに走ると道に迷うことがある」と記載がありましたが、案の定迷いました(^^;

ほったらかし温泉ホームページ

ほったらかしキャンプ場ホームページ

ラピータの部屋「今日のひとこと」


<<壁紙貼り替え | ホームへ | 開館11周年記念講演 ビアトリクス・ポター生誕150周年「ピーターラビット展」の裏話のレポート>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。