FC2ブログ

2017年車中泊の思い出3「道志の森キャンプ場」

車中泊
02 /04 2018
2017年11月、車中泊で道志村の一番人気キャンプ場「道志の森キャンプ場」へ行ってきました。

山梨県にある道志村は、道志川に沿いに通称「道志みち」と呼ばれる一本道が山中湖から神奈川県相模湖へと通じ、村内に34のキャンプ場がひしめく自然豊かな、アウトドアで過ごすのに最適な場所です。

訪れた「道志の森キャンプ場」は、道志村内で一番広いキャンプ場で、予約する必要が無い為、気軽に訪れることができますが、休日はテントの場所取りに苦労します。

ここは、キャンプ場内のプールと呼ばれる中心的な場所で、水洗トイレも完備され、キャンプ場内で一番人気の高いエリアです。プールの周りに車、テント、車、テントとぎっしり割り込む隙間はありません。
17110301.jpg 

プールから少し離れた場所にスペースがあったので、そこに車を停めその横にタープとテントを張りました。タープは車の側面に連結して張ることができるもので、あっという間に張ることができ、テーブルと椅子をセッティングすると快適なリビング空間が広がります。
17110302.jpg 

アウトドアの醍醐味として、焚火にバーベキュー、ダッチオーブン料理など、テントを張り終えたら、次に水を確保して料理の下ごしらえをして火おこしと、次から次へとやる事がいっぱいなんでしょうが、私達は特にやる事もなくテントを張り終えてから晩酌までの時間を持て余し気味でした(^^;

そこでキャンプ場の敷地内を隅から隅まで散策しました。渓流沿いもあちらこちらにテント。
17110306.jpg 

紅葉を愛でながら、様々な形のテントを見学。
17110307.jpg 

そして夜の食事は、タープの下でバーベキュー。
17110303.jpg 

日が落ちると気温がぐっと下がり、足元にカセットストーブをセット。本来ならば直火しても大丈夫なキャンプ場ですから、焚火やキャンプ用ストーブなどで暖を取るのがスタイルなんでしょうね。
周辺の焚火の煙で、キャンプ場全体が霞むぐらい煙かったです。
17110305.jpg 

月夜にプール沿いに浮かび上がるキャンプの灯りが幻想的で綺麗でした。
17110304.jpg 

今回キャンプ場にやってきたのでテントは設営しましたが、寝るのはテントではなく車の中。では何のためのテントかというと、ただの荷物置き場でした。隣のテントの少年が、「寝るのは車の中なの?」って不思議そうな顔してたのが今でも可笑しい思い出です。

2018年も車中泊の思い出たくさん作る予定です。2017年の思い出に付き合っていただきありがとうございました。

関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。