FC2ブログ

英国ツアーに参加するきっかけ

英国
07 /02 2018
英国ツアーに参加するきっかけは、大東文化大学 英米文学科の河野教授の渡英が決定し、「渡英中に遊びにいらしてください」という先生の言葉が最初だったかな?


計画当初は個人旅行で伺う予定にしていたら、ビアトリクス・ポター資料館の方々も旅行を計画されているということを知り、意見交換などを経て一緒に旅行するということになった。


それから半年間、資料館の方々と日程を詰め、旅行費用の交渉をし、それから各日の予定を組み、いざ本番となった。


ツアーといっても、旅行会社が組んでいる一般的なツアーとは違い、旅行計画者がすべてのプランを作成するオリジナルツアーのため、行きたい場所に連れて行ってくれ、滞在時間も自分たちで決められる完全オリジナル。


このようなオリジナルツアーが実現できたのは、総勢10名以上で参加するという条件がクリアーできたこと。10名以上集まればオリジナルツアーも夢ではないということが分かっただけでも今回の旅行の大収穫かな?!


湖水地方の予定は、既に2度湖水地方へ行ったことのある私が、皆さんの行きたい個所をお聞きしてプランを組むこととなった。


個人旅行の際は、何から何まで調べに調べて行くのは当然ですが、団体ツアーの今回もやる事は個人旅行の時とまったく変わらず調べに調べて予定を組み、旅行会社に予定を提出し、ほぼ問題なく連れて行ってくれるというOKが出てようやく肩の荷が降りた。


もちろん行き当たりばったりの旅も素敵ですが、何しろ英語が全く話せない状況でノープランはさすがに怖すぎる。


旅行プランの計画を練る仕事は本当に楽しくて、「あーでもない、こーでもない」と考えている時間がとっても愛おしかった。もしかしてツアープランナーの素質あるかも?


さらにガイドも率先してやらしてもらえて、皆さんが喜んで写真撮影されている姿を見るのがまた楽しかった。若い頃にこの才能に気づけばよかった!今頃になって自分のやりたいことが見つかっても遅いですね(^^;



0521.jpg こちらは旅行会社が作成した日程表


プロローグはこの辺でいざ本番をまとめていきましょう(腕まくり)
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。