FC2ブログ

英国旅行記2018年 湖水地方 ヒルトップ農場へ その9

英国
01 /31 2019
英国旅行の続き、ヒルトップ農場のあるニアソーリーへ到着したのが午前9時30分。チケット売り場でその日開場一番である10時の入場チケットを入手し、ヒルトップハウスを1階、2階と見学して外に出るまで、滞在したのはちょうど30分間だった。

私が18年前、初めて湖水地方を訪れた際、現地の一日観光ツアーでヒルトップ農場に訪れ、その時はツアースケジュールの関係で、ヒルトップ農場の滞在時間はわずか30分だった。この見学時間内に、すべてを見て回るのは至難の業で、恐らくヒルトップハウスを見学するだけで終わってしまう。ここにはヒルトップハウス以外にも、『こねこのトムのおはなし』や『あひるのジマイマのおはなし』で描かれた美しい庭がある。

そのことは重々分かっていたので、今回私が作成したツアーは、たっぷりと時間がとってあった。それでも見ようによっては早い人、遅い人といる訳でその調整は難しい。私は遅い部類で、2階見学時に窓から庭を見下ろすと、既に数名庭を見学されている方がいた。という訳で、次に紹介するのはヒルトップ農場のガーデンについて。

ヒルトップ農場内には4つのエリアがあり、一つ目は道路に面した入口からヒルトップハウスまでの小道沿いの「お花畑エリア」、二つ目はヒルトップハウス前のアイアンフェンスのゲートから入る「家庭菜園エリア」、三つ目は格子の木製フェンスで区切られた果樹が植えられた「パドックエリア」、四つ目はヒルトップハウスの奥にある「農場エリア」。このうち一つ目と二つ目のエリアが一般公開され、三つ目と四つ目はその景色を眺めることができる。

まずは一つ目エリアの小道沿いの両脇に植えられたお花畑エリアから。

アンブルサイド近くにある採石場のブラセイ産スレートを敷き詰められた小道は、真っすぐにヒルトップハウスまでつながっていて、『こねこのトムのおはなし』や『こぶたのピグリン・ブランドのおはなし』の挿絵の背景として描かれた。

ここに植えられたお花畑の植物は、一見 雑多に色々な種類が植えられているように見えるかもしれないが、自然に生えているそのままの風景を再現したもので、これらを「コテージ・ガーデン」と呼ぶ。

しかし、この素敵なお花畑もビアトリクスの死去後、再びナショナル・トラストが一般公開するに至るまでにほとんどの植物が絶えてしまい、現在私達が目にしているのは、ナショナル・トラストのガーデナーが、その当時の写真や手紙などの書簡、そして挿絵に描かれた背景を資料として復元されたもの。植えられた品種は、ビアトリクスが生きていた時代のものであり、植物の品種改良の進む現在において100年前の素朴な色を楽しめる。

uk207.jpg
ヒルトップハウスを背にして撮影した小道。
 
uk208.jpg 
黄色い花の群生は「オカトラノオ(セイヨウクサレダマ)」
繁殖力の強いオカトラノオは、はびこらないうちに掘り起こし、別の場所に植え替えるという作業をビアトリクスも行っていたそうだ。

uk209.jpg 
左側に見える背が高く白い花、茎の先で四方八方に伸びて、黄色みがかった小さな白い花を多数咲かせているのは

uk210.jpg 
「ヤマブキショウマ」
ススキのように風に揺れて存在感ある面白い花でした。
uk212.jpg 
ヤマブキショウマの足元で、背の低い草花は「オミナエシ?」
背が低いので違うかも。カランコエのような小さな花がたくさんつき、初夏に向け色づく花のよう。

uk213.jpg 
ヤマブキショウマの手前、空に向かって高く伸びているのは「アザミ」
『のねずみチュウチュウおくさんのおはなし』でジャクソンさんが「ぷっぷっぷう」と飛ばすのはアザミの綿毛。

uk211.jpg 
エンドウマメは花が終わり、豆の入った鞘が膨らみ始めていた。

uk214.jpg 
ヒルトップハウスの少し手前、咲き誇る黄色い花は先程紹介した「オカトラオ」、その手前分かりづらいですが、こんな可愛らしい花が、、
uk215.jpg 
「ブルガリア・オダマキ」
uk216.jpg
「セイヨウオダマキ」
uk217.jpg 
オダマキの斜め奥に生えていたのは「カラマツソウ」
ヤマブキショウマ同様、カラマツソウも種や茎がそのまま残ると翌年大繁殖するので、植物が枯れた後の冬の間も手入れが欠かせない。
uk218.jpg 
カラマツソウの後ろ、オカトラノオの左側で、紫の星型の花をたくさん付けているのは「カンパニュラ・ラクチフローラ(別名:ミルキー・ベルフラワー)」。
uk219.jpg 
今度は小径の右側(ヒルトップハウス側に歩いた場合)に目をやると、なんとも不思議な丸い実がたくさんなっている。
これは、『ピーターラビットのおはなし』で、ピーターがマグレガーさんの畑でグーズベリー(スグリ)にかけていた網にひっかかった、「グーズベリー」。
ビアトリクスもマグレガーさんのように、鳥たちがグーズベリーの蕾をついばむことに困り果てていたようだけど、私達が訪れた時点でまだ網はかけられてはいなかった。
uk220.jpg 
グーズベリーの先に、花が終わった後に面白い実がなる「ルナリア(別名:ゴウダソウ)」が、枝の先に小判のような実をヒラヒラさせていた。
uk221.jpg 
ヒルトップハウスはツル系植物の宝庫で、クレマチス、フジ、ツルバラなどが咲き誇る。玄関ポーチ右側の大きなツルが白いフジで、私達が訪問した6月下旬、英国は日本よりも1カ月ぐらい季節の訪れが遅いし、もしかしたらまだ咲いているかもという淡い期待は見事に裏切られてしまった。
uk222.jpg 
ツルバラも花が一段落した後で、パラパラと咲いていた。このバラは「ケンティフォリア」で、日本のビアトリクス・ポター資料館もほぼ同じ位置にツルバラがある。資料館のツルバラは「ファンタンラトゥール」で、「ケンティフォリア」と同じ系列。こうしてみると「あれ?資料館で撮影した写真だっけ?」とつい目をゴシゴシしたくなるほど。

ビアトリクスは美しい湖水地方の景色にとけこんだこの古い家を本当に愛していて、家だけでなく庭も家の一部として庭づくりに励んでいた。そして目指したのは、「庭と家を一体化する」ということ。だから例え、植物の根が家の床を持ち上げたとしても、さらには小さな虫たちが家の中にはいりこもうとも、彼女が目指す理想を追い求めて庭造りも行っていたに違いない。

uk223.jpg 
もうひとつのバラは「クィーン・オブ・ブルボン」。こちらのバラはちょうど見頃でとても美しかった。
ビアトリクスも庭にバラがなくては満足できないと、結婚後に移り住むカースルコテージの庭もバラが植えられた。カースルコテージのバラは「モスローズ」だそうで、ピンクの色彩だけでなく、その香りも余すことなく楽しんだそうだ。

uk224.jpg 
私達がこの旅を6月に選んだ理由のひとつに、『あひるのジマイマのおはなし』で描かれたジギタリスが見たかったから。ヒルトップ農場のお花畑は意外と咲いていなかったけれど、この後ミニバスに乗りながら各所で目にすることに。それはまたのお楽しみに。

ジギタリスの英名は、「Foxglove(キツネの手袋)」で、これは古英語「foxes-glofa」が語源とされ、キツネが狩りをする時、足音を消すためにジギタリスの花を足にはめた「glofa(グローブ)」からこのような名前が付けらえている。しかし、まったく真逆の言い伝えもあり、「foxes-gleow」という、花の特徴である釣鐘を意味する言葉「gleow」で、キツネの首周りにつけるとハンターたちがベルで気づくだろうというところから、このような言い伝えもあるそうな。
古代ローマ時代から存在する不思議な花ジギタリスは、その毒性も相まって、『あひるのジマイマのおはなし』でジマイマが偽紳士にまんまとだまされる姿に、このジギタリスが持つ怪しさが関係しているかもしれないと考えると楽しい。

uk225.jpg 
アザレアにツルを伸ばし咲いていたクレマチス。
uk227.jpg 
イングリッシュガーデンには欠かせない「アストランティア・マヨール」は防虫対策としても役立つと、「ガーデニング誌ビズ」No.64ピーターラビット大特集に掲載されていた。

ビアトリクスが目指した植物と家の一体化と、庭も部屋の一部として丹精込めて造り上げたガーデン。それらを引き継いだナショナル・トラストのガーデナー。私達は6月に訪問したけれど、7月、8月と次々に可愛らし花々が咲き乱れる一つ目のお花畑エリアの紹介でした。

また、西村書店の「ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生」は、ビアトリクスが庭造りにかけた情熱とその行動をひとつにまとめた書籍で、最後に一覧表で「びあとりくすの庭の植物」も紹介されている。興味のある方はぜひお薦めします。

次回のブログはヒルトップ農場の二つ目以降のエリアへ続きます。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。