英国マンチェスターへ

英国
07 /08 2018
今回のツアーは英国へ直行便ではなく、エールフランス便だったため、まずはフランス パリに到着した後、英国行きのフライトに乗換しなければならない。旅の最初の目的が湖水地方だったため、最も湖水地方に近いマンチェスター空港行きのフライトへ乗換。

乗換する際に気を付けなくてはいけないのが持込荷物の荷物チェック!そう、羽田空港の免税店で購入した日本酒が没収されるか否か、それがこの荷物チェックにかかっていた。検査は羽田空港より厳しく、身に着けている金属類をすべて外せの指示があり、ベルトや腕時計をはずして「靴は?」と聞いたら、靴は脱がなくても良いとのこと。

そして運命の瞬間!日本酒は免税店で透明な袋に、明細を入れてしっかりと封を閉じられていたので問題なくクリアーし、無事手元に戻ってきた。

パリの空港に到着したのが朝の4時半過ぎで、その時機内で乗り合わせた日本人の少年が「大阪で地震があったんだって」という言葉が衝撃的で、空港の無料無線LANサービスに接続し日本のニュースを検索。接続完了してほどなく、弟よりLINEを通じて我が家は無事との知らせが届いていた。阪神淡路大震災を経験した両親は、二度目の大きな地震でさぞかし驚いたことだろう。

地震発生が出発日でなくて良かったと胸をなでおろすと共に、遠く離れているから家族や地震の被害が気になると、ツアー同行の皆さんが何かしら胸に引っかかりを持ちつつ連絡を待つという状態に。幸い次のフライトまで4時間半も時間があったため、その間に関西に住む家族に連絡がつながり無事の知らせが届いた。何かあってもすぐに日本に帰国できる状況ではないので再び胸をなでおろす。

今回の海外旅行でスマートフォンを活用し便利になったなと思う瞬間が何度もあった。
・空港の無線LANサービスを利用して調べたい状況がすぐさま分かること
・電話がもし繋がらなくても無線LANを通じてアプリ等で連絡を取れること

これからが旅の本番、以前の旅行と比較して様々便利になったと思う瞬間も旅行記にて書き記す予定。
 
エールフランス AF-1668 08:00パリ シャルル・ド・ゴール空港発 08:30マンチェスター空港着
フライト時間: 約1時間30分
uk016.jpg

シャルル・ド・ゴール空港といえば、空港内の草むらでウサギが繁殖したくさんその姿見られるという情報を聞いていたので、もしかしたら見られるかもしれないという期待もあったが、目を凝らして草むらを探したが見つからなかった。
uk012.jpg 

マンチェスターに向け順調にフライト
uk013.jpg 

エールフランス便は、着陸時に風の影響を受けるのか横に2、3度大きく揺れる。最初の着陸だけかと思ったら、乗換したフライトも同じように揺れたのでこのような仕様なのか?着陸態勢に入ったら掴めるところ掴み、一瞬体を固くするという事態になるが、フライト中は快適だった。

マンチェスター空港に到着後、入国カードとパスポートを持って入国審査の列に並ぶ。マンチェスターはヒースローほど利用客もいないので入国審査もそれほど待たずに済むかなと思っていたら甘かった。

まだ朝が早いことが関係しているのか、海外からのビジターを管轄する入国審査官が1名しか対応していなかったため、列がなかなか前に進まない。約50分後、ようやく別の審査官が持ち場につく頃「Next」と呼ばれた。入国審査で聞かれる答えを頭の中で繰り返し用意していたのに「どこに行くんだい?」「湖水地方です」「湖水地方は何回目?」「3回目です」想定していたこととはまったく違うこと聞かれて軽くパニック!なんとか答えられて良かった。

入国審査に時間がかかったので、預けたスーツケースはターンテーブルを恐らく何周も回っていたに違いない。スーツケースは縦に傷が多少ついていたものの全員無事荷物をピックアップできたのでいよいよ迎えの待つゲートへ。

マンチェスター空港
uk014.jpg 
迎えは現地の日本語アシスタントの方で、必要書類などを受け取った後、旅の前半お世話になる迎えの専用車のもとへ案内された。

uk015.jpg 

私達のツアーの専用車は、マウンテンゴートのミニバス(定員15名)だった。バスのロゴを見て正直驚いた。マウンテンゴートは、湖水地方の現地ツアーを展開しているツアー会社で、湖水地方の道を知り尽くしているスペシャル軍団。ビアトリクスに関係する場所に詳しいのはもちろんのこと、湖水地方の端から端まで精通しているため、湖水地方に訪れた方でここの現地ツアーを利用しに参加された方も多数いるはず。そんなスペシャリストが私達の旅を牽引してくれるとは、これ以上の贅沢は望めない。そんな感動に包まれた私は、一人ツアーバスを見つめて少しの間身動きできなかった。

JTBにツアーをお願いして良かったと思った瞬間その1だった。

でも、マウンテンゴートに日本語の分かる運転手は一人もいない。私の感動を運転手に伝えたかったが、「I can't speak English.」という訳で車内の会話はあまり進まなかった。

マンチェスター空港より、湖水地方ボウネス・オン・ウィンダミアまで 
途中10分の休憩を挟み約2時間のドライブ

ボウネス・オン・ウィンダミアの可愛らしいショップが建ち並ぶ、私にとっては懐かしい景色が目に飛び込んできたと思ったらすぐにホテルに到着。

この続きはまた次のブログにて。

羽田空港より出発

英国
07 /04 2018
旅立ちは、夜11時前に発つフライトだった。

出発日が日曜日だったため、移動は渋滞の激しい高速バスを避け、電車を利用して羽田に到着。出発4時間以上前に到着したので余裕と思っていたら、空港に到着してから時間があっという間に過ぎ、初めての羽田空港を見学する時間が取れなかった。

東京国際空港ターミナル はねだ日本橋「旅立ちは昔も今も日本橋」
uk001.jpg

 ここの有名店「つるとんたん」で軽く夕食をとろうと思ったら、店の外まで長い行列ができ、これでは時間が間に合わないと「蕎麦前処 二尺五寸」でとろろそばにした。
軽めの食事にしたのは、機内で夕食と朝食サービスがあるため。といっても最初の食事は夜中の12時過ぎなので少し食べておくと安心。

集合場所 ターミナル3階出発ロビー、Z団体カウンター
uk004.jpg 
ツアーのコーディネートをお願いしたのは、JTBの団体専門の部署。途中JTBの営業の方とやり取りがうまくいかなくて嘆いた日々もあったけれど、無事この日が迎えられたのはみんなで諦めずにひとつずつ交渉した結果と思うと「ビアトリクス・ポター資料館スタッフ研修旅行」というツアー名が誇らしい。

集合時間の30分以上前に全員が集合し、集合と同時にエールフランスで搭乗券を受け取るまでは比較的スムーズだった。しかし、荷物のチェックインは40分以上もかかってしまった。窓口はたくさん開いているのに、夜便の出発が他にもあるのか大勢の人が並び順番を待っていた。

エールフランス AF-293 22:55羽田発 4:30パリ シャルル・ド・ゴール空港着
フライト時間:約12時間35分
機種:ボーイング777-300 296席
uk006.jpg 

荷物のチェックインが終わると、次に手荷物検査場、出国審査へと続く。ここから先は搭乗券を持つ人しか進めず、羽田空港までわざわざ見送りに来てくれた友人と別れを告げ手荷物検査場へ。旅の始めは緊張もあり、事前準備もしているのでまったく問題なくクリアー。出国審査もあっという間に終わり免税店へ。

ここで話は少し戻り、羽田空港に移動中、ロンドンに住む友人より「日本酒も買ってきて」というリクエストが舞いこむ。実はロンドンで会う約束をしていて、馬路ポン酢しょうゆと、エビの揚げ玉を買ってきてと頼まれていた。

免税店で日本酒を購入
uk005.jpg 
パリでトランジットする旨を伝えると、中身が見える透明の袋に、領収書が見えるようにセットし、袋のシールをはがして完璧に封印した状態で渡された。
しかし、説明書きを読むように促されその内容は、このような状態でもトランジット先で没収されることもありますのでご注意くださいとあった。没収されるかもしれないことを覚悟して日本酒を購入し機内に持ち込む。

いよいよエールフランス機内へ。
uk007.jpg 
座席は通路側で、薄いブランケット1枚、クッション代わりにできる小さな枕、ヘッドフォン、アイマスク、オシボリが用意されていた。通路側の座席は、トイレなど隣の人に気兼ねなく行ける反面、通路を背の高い人が行き来するたび、私の肩にお尻が当たって来る。眠ったかなと思うとバシバシと当たって目が覚めの繰り返し。席から体がはみ出して寝ていたと思えなかったけど、窓側は気を遣うし、エコノミー席はどこに座っても辛い!

座席目の前のモニター
uk008.jpg 
夜間のフライトは、乗り込んで席について間もなく照明が落とされた。座席の照明をつけるボタンを探していたら、それらしきボタンがない。今は目の前のタッチパネル式モニターでなんでも操作できるし、非常に使いやすかった。
映画も日本語吹き替えになっているので問題なく見られたのが嬉しい。映画「ピーターラビット」や、意外に(?)感動作と評判の高かった「リメンバー・ミー」は確かに映像美とストーリーの面白さに引き込まれた。翌日の体調のために機内では絶対寝るぞと思っていたのにね。

機内食
uk009.jpg 
機内で最初の料理が運ばれてきたのは、定刻通り飛び立った1時間後、日本食(魚)か、洋食(肉)かで洋食を選択。

キヌアのサラダ、牛肉のソテーとトマト・ジャガイモ・ニンジン・サヤインゲン、チーズ、レモンとアールグレイ紅茶のケーキ、トマトジュースと具無し味噌汁

さすがフランス、味は濃い目だけどシンプルな味付けで食べやすく、肉がとても柔らかく食べやすかった。キヌアのサラダはお代わりしたくなるほど美味しかっし、パンは非常に固くてちぎるの大変だったけど、噛めば噛むほど風味もあり、エコノミークラスなのに料理は申し分なかった。

バリ シャルル・ド・ゴール空港
uk010.jpg 
12時間のフライトは長かったけれど、映画を2本見て軽く眠ったら朝食のサービスが始まり、食べ終わって身支度を整えたら無事パリ シャルル・ド・ゴール空港へ到着した。

この続きはまた次のブログにて。


英国ツアーに参加するきっかけ

英国
07 /02 2018
英国ツアーに参加するきっかけは、大東文化大学 英米文学科の河野教授の渡英が決定し、「渡英中に遊びにいらしてください」という先生の言葉が最初だったかな?


計画当初は個人旅行で伺う予定にしていたら、ビアトリクス・ポター資料館の方々も旅行を計画されているということを知り、意見交換などを経て一緒に旅行するということになった。


それから半年間、資料館の方々と日程を詰め、旅行費用の交渉をし、それから各日の予定を組み、いざ本番となった。


ツアーといっても、旅行会社が組んでいる一般的なツアーとは違い、旅行計画者がすべてのプランを作成するオリジナルツアーのため、行きたい場所に連れて行ってくれ、滞在時間も自分たちで決められる完全オリジナル。


このようなオリジナルツアーが実現できたのは、総勢10名以上で参加するという条件がクリアーできたこと。10名以上集まればオリジナルツアーも夢ではないということが分かっただけでも今回の旅行の大収穫かな?!


湖水地方の予定は、既に2度湖水地方へ行ったことのある私が、皆さんの行きたい個所をお聞きしてプランを組むこととなった。


個人旅行の際は、何から何まで調べに調べて行くのは当然ですが、団体ツアーの今回もやる事は個人旅行の時とまったく変わらず調べに調べて予定を組み、旅行会社に予定を提出し、ほぼ問題なく連れて行ってくれるというOKが出てようやく肩の荷が降りた。


もちろん行き当たりばったりの旅も素敵ですが、何しろ英語が全く話せない状況でノープランはさすがに怖すぎる。


旅行プランの計画を練る仕事は本当に楽しくて、「あーでもない、こーでもない」と考えている時間がとっても愛おしかった。もしかしてツアープランナーの素質あるかも?


さらにガイドも率先してやらしてもらえて、皆さんが喜んで写真撮影されている姿を見るのがまた楽しかった。若い頃にこの才能に気づけばよかった!今頃になって自分のやりたいことが見つかっても遅いですね(^^;



0521.jpg こちらは旅行会社が作成した日程表


プロローグはこの辺でいざ本番をまとめていきましょう(腕まくり)

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。