FC2ブログ

東北車中泊旅行その8 3日目は秋田県田沢湖へ たつこ像、浮木神社、御座石神社

車中泊
05 /21 2019
今回の東北旅行を企画した際、真っ先に候補に挙がった行き先は、田沢湖と十和田湖。主人が数十年前、バイクで日本周遊した際、東北エリアでこの2つの湖の印象が強かったから、もう一度行きたいと思ったようです。

現在は昔と違って道路事情が格段に良くなっているため、ドライブも快適です。日本海東北自動車道は無料区間もあり(本荘~岩城の区間無料)、これは使わなソンソンです。

秋田の田沢湖へ到着したのは、午前10時半頃でした。前日車中泊した道の駅からの移動は、意外と距離があり時間がかかりましたが、駐車スペース待ちで行楽渋滞が発生しているかと思ったら、全く心配いりませんでした。
19042906.jpg
たつこ像
田沢湖の観光スポット「たつこ像」
田沢湖は、永遠の美しさを願い龍に化身した村娘たつこの伝説により、日本一深く(水深423.4m)、美しさを称える湖になったとか。
19042904.jpg
黄金色に輝く「たつこ像」と、たざわ湖スキー場のある秋田駒ケ岳(標高1697m)
湖のキラキラと輝くコバルトブルーと、真っ青の空スカイブルーと、白い頂のある山の景色と、清々しい爽快感を与えてくれる素晴らしい景色に思わず見とれてしまいます。
19042908.jpg
満開の桜と小さな小社「浮木神社」は、黄金のたつこ像のすぐそばにあります。
19042905.jpg
浮木神社の御朱印 300円
19042911.jpg
「たつこ像」のある位置より、湖を半周したところにある「御座石神社」
19042909.jpg
拝殿
19042910.jpg
美しさを求め泉の水を飲み続けた結果、ついに龍へと姿を変えた美の守護神「たつこ姫」の像
19042907.jpg
御座石神社の御朱印 800円
地元秋田の俳人、石井露月の句「秋と云へば 波打越しぬ 御座の石」とたつこ姫の記念印が、御座石神社の御朱印とセットでお願いできます。
19042912.jpg
御座石神社の駐車場脇にある「あさり商店」で、秋田名物の味噌たんぽ(300円)、母ちゃんの玉コン(100円)、稲庭うどん(700円)をいただきました。このお店名物の味噌たんぽは、「1本食べれるかしら」と思うほどでしたが、甘みそ味がたっぷりしみて美味しかった。

また、稲庭うどんの箸休めにペラペラの漬物がついていたのですが、これが「いぶりがっこ」という秋田名物で、いぶした沢庵がコリコリして美味しかったです。
19042913.jpg
田沢湖から乳頭温泉郷へ向かう曲がり口にあったのが「たつこ観音像」
田沢湖観光は、たつこ像に始まり、たつこ像で終わる観光スポットでした。

田沢湖の次に目指したのは「乳頭温泉郷」です。この続きはその9にて。最後までお読みいただきありがとうございました。

新宿小田急百貨店「STORY STORY」併設カフェにて、ピーターラビットのイベント「Peter Rabbit Story Cafe」に参加 & 「小江戸 川越」散歩

ピーターラビットイベント&報告
05 /16 2019
現在開催中のイベント「Peter Rabbit Story Cafe」←(こちらをクリックしていただけると、イベント詳細について書かれた公式ページをご覧いただけます。)
19051411.jpg
場所は、小田急百貨店新宿本館10階にある「Story Story」の併設カフェです。期間限定で、「ピーターラビット・シリーズ」をテーマにしたオリジナルメニューが提供されます。
19051406.jpg
マグレガーさんの野菜プレート(ミネストローネ付)
19051407.jpg
ジェレミー・フィッシャーどんのちょうちょサンド(オニオンリング付)
19051408.jpg
森の黒イチゴアイスティ
19051409.jpg
ミセス・ラビットのカモミール・ミルクティ

私は野菜プレートをいただきました。野菜がたっぷりで、ミネストローネはゴロゴロ野菜で美味しかったのですが、なかなか料理が運ばれず、熱々のミネストローネを飲みたかったのに、完全に冷めていたのがちょっぴり残念でした。

メニューをひとつ頼むと、オリジナルコースター3種類の内どれかひとつもらえます。野菜プレートとカモミールティを頼んだので、コースター2つ(ピーターとジマイマ)もらえました。

店内も、いたるところにピーターラビットとその仲間たちのイラストなどで埋め尽くされています。
19051401.jpg
英国のパブの雰囲気が漂う丸型吊り看板
19051402.jpg
この看板がとっても素敵でした。
19051403.jpg
メニュー受付カウンターの真上のボード
19051404.jpg
吊り戸棚の上にもピーターラビットの世界
19051410.jpg
ブックカフェなので一人静かに読書したい方が多くカフェ内はどちらかというと
静かな雰囲気です。
19051412.jpg
雑貨販売コーナーのピーターラビット
19051414.jpg
文具コーナーは、クリアファイルや、1日1ページの368日日記もありました。
19051413.jpg
ピーターラビット関連書籍も一カ所にまとめられています。小さいお子様向けのお遊び絵本から、河野先生が執筆された書籍に、大人気の塗り絵まで。


この日は、新宿から川越まで足を運び、「小江戸 川越」を散歩しました。城下町として栄えた江戸の風情が残る蔵を保存しつつ、それぞれがショップを経営していて、観光客にも人気だそうです。
19051415.jpg
こちらはネオ・ルネサンス様式の建物で、現在は「埼玉りそな銀行」です。
19051416.jpg
高さ16mの木造3層やぐらの「時の鐘」は、散策コースの中心に位置し人気スポットだそうです。
19051417.jpg
和風の「スターバックス」店内奥に日本庭園があり、庭園を眺めながら休憩できます。
19051418.jpg
小江戸おさつ庵のインスタ映えで大人気の「おさつチップ」は、10種類のディップソースが選べて、飽きさせない美味しさです。

川越にこのような観光スポットがあるなんて全く知りませんでした。何度も来たことがあるという友人が案内してくれて、川越名物の大人気スイートポテト「べにあかくん」もお土産に購入することができました。

最近は都会に出かける機会がなく、交通系ICカードの「Suica」を長期間未使用にしていたところ、なんと改札でエラーになってしまいました。未使用が長く続いたカードは使用できなくなるとか。新宿駅で駅員さんも数名いたため、すぐに使用可にしてもらうことができましたが、こんなことがあるんですね。これも知らなかった。

友人のおかげで新宿のイベントを堪能し、川越散歩も楽しむことができました。ありがとうございました。現在開催中のピーターラビットのイベント報告&おまけの川越散策は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その7 2日目の車中泊場所 道の駅「庄内みかわ」 & なの花温泉「田田(でんでん)」

車中泊
05 /15 2019
2日目の車中泊候補地として、酒田市美術館にも近い道の駅「鳥海ふらっと」にしようかと思いましたが、併設となっている温泉施設が少し離れていることと、その温泉の浴槽が大人4人でギュウギュウという感想を見て、行き先を変更しました。
19042852.jpg
道の駅庄内みかわ
19042853.jpg
道の駅の施設内に、夜9時まで営業しているスーパーマーケットと、コインランドリーも併設され、車中泊には最適な道の駅です。
19042854.jpg
「なの花天然温泉 田田(でんでん)」

温泉施設は、ロッカーなどの設備が少し古さを感じましたが、利用料は400円と安かったです。お湯は濁りのある褐色系で、露天風呂はないものの、温度が低めの方がちょうどよい湯加減でした。

車中泊車は、道の駅の物産館が営業を終了する頃から続々と集まりだし、次の目的地に向け、早い人は朝5時前に出発されます。私達も次の日の朝6時過ぎに出発し、目的地へ向かいました。

車中泊3日目山形県から秋田県へ、平日なら通勤ラッシュで渋滞するであろう国道も、朝早いため行楽渋滞もなく快適ドライブです。
19042903.jpg
道の駅「象潟(きさかた)」
途中立ち寄った道の駅で、ここも車中泊に良さそうな場所でした。道の駅内にあるこちらの建物の1階がお土産店、2階がレストラン、4階が展望温泉になっています。この展望温泉からの景色は、きっと素晴らしいことでしょう。
19042901.jpg
目の前が日本海で、感動の夕日が見られる場所だそうです。漁船の近くに海女ちゃんがいました。サザエにアワビが採れるのかしら?!
19042902.jpg
振り返れば鳥海山

東北旅行3日目の最初に向かったのは、日本一深い湖「田沢湖」です。この続きはその8にて。最後までお読みいただきありがとうございました。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。