FC2ブログ

英国旅行記2018年 湖水地方 ジェレミー・フィッシャーの故郷、エスウェイト湖へ

英国
07 /18 2019
ニアソーリーの散策を終え、ツアーバスの待つヒルトップ農場前にあるバス停に集合し、次の目的地であるエスウェイト湖へ。バスに乗り込んで5分も経たない内にエスウェイト湖の駐車場へ到着。
uk301.jpg
エスウェイト湖 この写真はニアソーリー散策中に撮影したもの。

エスウェイト(Esthwaite)湖の名前の由来である「~thwaite」という語句は、古北欧語の「thveilt」に由来し、牧草地のために森を開拓した土地のことを意味します。その語源どおり、エスウェイト湖の東側は緑豊かな牧草地が広がります。


グーグルマップでエスウェイト湖の位置を確認しますと、東側に湖水地方最大の湖 ウィンダミア湖(14.8平方キロ)があり、西側に第5位の大きさのコニストン湖(4.0平方キロ)があり、その間に挟まれた小さな湖がエスウェイト湖(1.1平方キロ)です。
(地図を拡大マーク+を何度か押していただくとエスウェイトウォーター(エスウェイト湖)の文字が表示されます)

ちなみに湖水地方の中で16ある大きな湖の内、11位がエスウェイト湖です。大きな湖に挟まれているので小さなと紹介しましたが、ウィンダミア湖の北にあるグラスミア湖(0.6平方キロ)やライダル湖(0.3平方キロ)より大きな湖です。また、「湖水地方は、大小約500の湖が点在する」と紹介されますが、残りは小さな湖で、前回ご紹介したモスエクルス湖もその小さなひとつです。

ニアソーリーよりエスウェイト湖までは、徒歩約20分(800m)ぐらいの距離です。途中、前回の英国旅行の記事「モスエクルス湖へその2」で紹介した、『こぶたのピグリン・ブランドのおはなし』に描かれた三叉路を通り過ぎ、その先に駐車場があります。

河野先生より、「ビアトリクスのボードがあるよ」とお聞きし、私もその場で一緒にいて、その事を聞いていたら「場所はどのあたりですか?」と質問できたのですが、見つけることはできませんでした。後でよく調べたら、「ビアトリクス・ポター・ウォーク」というのがあり、ニアソーリーからエスウェイト湖のビジターセンターまでの湖畔沿いのトレイルに、ビアトリクスのストーリーボードが設置されているとか。

また駐車場の先にある「ビジターセンター」のギャラリーに、ビアトリクスの作品をを紹介する展示コーナーがあったとか。「ビアトリクスに関連するボードがある」ということが分かっただけでも嬉しいのですが、行くことができなくて残念でした。

「ビアトリクスのボードウォーク」について紹介しているオフィシャルサイト:

uk308.jpg
駐車場の案内ボードにも「ビアトリクス・ポター・ウォーク」と案内がありました。ここに最大のヒントがあったのですけれどもね(^^;

ビアトリクスは、16歳の時に初めて湖水地方に避暑で滞在し、ニアソーリーやエスウェイト湖の周囲を馬車で一周しました。その時の様子を後の日記で、「山を背景にした牧歌的な風景の方が好きだ。世界一美しい湖はエスウェイト湖だと思う」と書いています。

この湖は、ウィンダミア湖のようにウォータースポーツの内、釣りのみ許可されている湖のため、水上バイクなどの騒音は一切ありません。また、観光ツアーのコースには含まれないため、もちろんバスで通り過ぎることはありますが、立ち寄ることはほぼないので観光客もまばらでとても静かな湖です。
uk302.jpg
また釣りする人にとってはパラダイスのような湖で、湖北側エリアが広い浅瀬と水深の深い地形が混在し、特に絶好の釣り場だそうです。釣れる魚は、チャマス(brown trout)で、冬はカワカマス(pike)など。ジェレミー・フィッシャーがパクッと飲み込まれた魚も、巨大なマスで、ジェレミーは「カワカマスでなくて良かった」とあります。
uk306.jpg
そう、このエスウェイト湖は、『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』の舞台であり、葦(reed)を棹(さお pole)にして、スイレンの葉のボートに乗り釣りします。駐車場からはスイレンの葉は見れませんが、葦が生い茂っている様子は確認できました。そして実際に大きなマスが釣れることで有名です。
uk309.jpg
ジェレミーの姿は見えませんが、葦の隙間をカモが餌を探していました。

おはなしに描かれた通り、この湖は水生植物が豊富で、そこに水生昆虫が集まり、カエルやイモリなどの両生類が、そして水辺の鳥たちが餌を求めてやってきます。これらの生態系を支えるエスウェイト湖は、湖水地方でも有数な栄養分を含む水質で、多種多様な野生生物を維持する貴重な湖となっています。

私達は湖を背景に全員揃って記念撮影をした後、迷路のように楽しい町ホークスヘッドへ移動しました。この続きは次のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

ポストクロッシング(ポスクロ)で受け取ったポストカード

ポスクロ
07 /16 2019
ポストクロッシングを始めたきっかけは、たまりにたまったポストカードの有効活用をしようと思ったからです。

ポストカードクロッシング https://www.postcrossing.com/

ポストカードクロッシングは、ここに登録された世界中の会員の内、ランダムに選ばれた人にポストカードを送ることができ、また私のアドレスをたまたま引き当てた方より送られたポストカードを受け取ることができるシステムです。これらのサービスは無料で運営されていますので気軽に始めることができます。

始めるには、まずは公式サイトに必要な情報を登録しなければいけませんが、日本語サイトがないので、すべて英語で登録しました。プロフィールに何を書くかで少し手こずりましたが、他は特に個人情報を登録していくだけなので簡単です。

中日新聞のネットニュースによると、このサービスは、ポルトガルの青年が考案したサービスで、2013年の記事では会員数36万人とありました。現在は210ヶ国 約77万人の会員登録があり、5200万枚以上のポストカードがやり取りされているそうです。そして今年7月、サービス開始から14年が経過したとのこと。

私はまだ7枚送って、8枚受け取った初心者ですが、ベテランの方になると6000枚超えの方もいらっしゃいました。

では今日のブログは、私が受け取ったポストカードについて。

初めて受け取ったポストカードはオランダより!
20190629rcv02.jpg
私のプロフィールに書いた「特にウサギが好き」ということで送ってくださいました。

この方もウサギが好きで、リチャード・アダムスの『ウォーターシップダウンのうさぎたち』が好きだからだそうです。そしてこのポストカードを送ってくださいました。1枚目から大好きなウサギのカードをいただき、とっても嬉しかったです。


2枚目に受け取ったポストカードはドイツより!
20190629rcv.jpg
難病のひとつである「多発性硬化症」に関するポストカードでした。特にメッセージはなかったのでご病気なのか、たまたまなのかは推測するしかないのですが、「一日も早く症状が良くなりますようお祈りします」とお返事しました。

お返事に関してですが、ポストカードを受け取ると、そのカードに書かれているIDを公式サイトの「Register A Postcard」に登録します。国名(日本の場合JP)-7桁の数字を入力し、受け取ったポストカードに対するメッセージを記入することができる欄があります。そこに、「あなたのカードをありがとう」と記載すると共にひと言カードについてなど書き添えます。これがお返事として、送ってくれた相手にメールで届きます。

カードを送ってくれた相手と、これ以上やり取りが進むことは滅多にないようです。場合によっては「Thankyou card を送りたいから住所教えて」ということもあるようです。


さて3枚目に受け取ったポストカードは台湾より!
20190706rcv.jpg
インドの詩人で、アジア初のノーベル文学賞を受賞したラビンドラナート・タゴールの名言が、英語と台湾語で書かれていました。

「Sit still , my heart , do not raise your dust . Let the world find its way to you. 私の心はまだ動いていないのに、奮い立たせないでください。世界があなたへの道を見つけるでしょう。」

私の知らない世界を広げてくれる1枚のポストカード。ポストカードの断捨離が目的だったのに、実際には行ってないけれど、見聞を広め、ちょっとした世界旅行気分を味わえます。これは益々深みにはまりそうです。


4枚目に受け取ったカードはフィンランドより!
20190708rcv.jpg
フィンランド中南部にあるユヴァスキュラより送っていただきました。カードは、フィンランドのグリーティングメーカーで、ムーミンのライセンスを持つKarto社のもの。
20190708rcv02.jpg
メッセージ欄の下に貼ってあるマスキングテープが北欧らしくて可愛い!フィンランドの国旗マーク入り。


5枚目に受け取ったカードはインドより!
20190710rcv.jpg
私の好きなポストカードは動物(特にウサギ)とプロフィールに書いているので、ラクダのカードを送ってくれました。ラクダの異称は「Ship of the Desent(砂漠の船)」で、長距離を水を求めず歩くことができると解説がありました。

「日本には砂丘はあるけれど、砂漠はないよ」とお返事しました。


6枚目に受け取ったカードはドイツのバイロイトより!
2019071002rcv.jpg
「リヒャルト・ワーグナー音楽祭」で有名な街だそうで、それから「美味しいビールもね」と書かれていました。ドイツと言えばビールですものね。

「バイロイトの街の美しい歴史的建造物を見ることができて嬉しい」とお返事しました。

まだ続々と届いているのですが、長くなったのでまた次回のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

富士山の宝永山遊歩道ハイキング

ハイキング
07 /15 2019
3連休の初日、富士山の富士宮口六合目から宝永山遊歩道へ出て宝永山山頂を目指しハイキングしました。
19071307.jpg
出発地点の富士宮口五合目の売店は、PayPayが使用可能になっていました。話題のスマホ決済サービスが、富士山でも使用できるなんて驚きです。早速「PayPay」でポスクロ用の富士山ポストカードを購入しました。

今年初の富士山なので、五合目の2400メートル地点で高度順応し出発しました。六合目まではコースタイム20分なのに、30分もかかってしまいました。まだ体が高度に全然慣れていなくて、きついのなんの、こんな調子で富士山頂はとても目指せません。
19071301.jpg
五合目の最初の登り口に咲いていた「フジハタザオ」。ちょうど満開の時期を迎えていました。
19071302.jpg
小さくて可愛らしい花ですが、これから山頂を目指す方々は、フジハタザオなどに目もくれず登っていかれました。
19071303.jpg
六合目から宝永山遊歩道の分岐の途中で見つけた満開のイワツメクサ。富士山で一番好きな花がこのイワツメクサです。雲の上で儚くも健気に咲き、見るものを楽しませてくれます。
19071304.jpg
宝永山遊歩道は、火口に向かって一度下ってから、はるか向こう側に見えるひと筋の登山道に向かって一番上まで登っていきます。勾配がきつくなるにつれ、足元の火山礫にずるずると足が滑り、なかなか前に進めません。一歩のきついこと。前の人がつけた足跡を頼りに、つま先を火山礫に蹴りこむようにして進みます。

10時過ぎより登山を開始し、13時20分に宝永山山頂に到着しました。途中、苦しくて泣きそうになりながらもなんとかたどり着いてホッとしました。
19071305.jpg
宝永山山頂で何度もガス(雲の中)に巻かれながら雲海を撮影。
19071306.jpg
後ろを振り返れば富士山頂が姿を見せました。

天気予報では、午後3時から雨予報だったのに、お昼を食べていたらポツポツと雨が降り始め、あっという間に雨の中の下山となってしまいました。山は天気予報通りにいかないので、雨具は必需品ですね。それにしても、雨具代わりにビニール袋をかぶっている方、コンビニの雨具の方、さらには宗教の関係で足首まである衣装を身に着けている方もいらして、雨の中大丈夫なんだろうかとちょっと心配になりました。

富士登山する前に必ず読むガイドブックには、雨具についても詳しく書かれていると思いますが、天気が荒れるほど初心者には厳しい富士登山です。登山される前に今一度道具の見直しはされた方が良いかと思います。

でも富士山はどんな人も受け入れてくれる優しい山でもあります。素敵な思い出ができますように。次は富士山頂を目指して頑張ります。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。