FC2ブログ

富士山と桜と忠霊塔が同時に見える新倉山浅間公園へ

ぶらぶら
04 /13 2019
今朝は早起きして、「富士山」と「桜」と「忠霊塔」が同時に見える新倉山浅間公園へ行ってきました。まずは富士山が見えるか確認「富士山ヨシ!」、次に桜の開花状況「七分咲き、ビミョーだがまずヨシ!」と、現地に6時半過ぎに到着するも、駐車場が満車で「ヨシ」ではなかった。

係のおじさんに教えていただきながら、少し離れた位置に停めることができ、まずは忠霊塔越しに桜を見るために展望台へと急ぎます。

桜の時期の展望台は、多くの人でごった返しになり、混みこみとなりながらも場所を見つけて撮影という感じで、係の人に「撮影終わったら移動してください」と言われぐらいでした。
19041304.jpg 
しかし、今年はなんということでしょう~。展望台は、完全入れ替え制となり、展望台から撮影するためには行列に並ぶしかありません。
19041305.jpg 
美しい富士山を桜の枝越しに撮影しながら行列に並びます。

行列は、展望台から東屋付近のとこが最後尾だったので、20分待ちで展望台にたどり着き、撮影時間5分間との制約の中、撮影してきました。
19041306.jpg 
こちらは標準ズームで撮影
桜は七分咲きとのことで、忠霊塔手前の桜は満開で見頃でしたが、階段の最上段付近の桜がまだ咲いてないため、桜のパワーが足りないという写真になりました。
19041307.jpg 
こちらは魚眼レンズで撮影
19041308.jpg 
こちらはiPhone6sで撮影
19041309.jpg 
忠霊塔は、下から見上げる方が美しいのですが、富士山と一緒に撮りたいとなると展望台に入る行列に並ばないといけません。

19041311.jpg 
階段の一番下から見る富士山。この辺りの桜は満開です。
19041312.jpg 

三國第一山鳥居から見る富士山
19041302.jpg 
こちらは「テング巣病」にかかった桜の木。こうなってしまうと花は咲かないどころか、病気が広がり枯れてしまいます。

この素晴らしい景色は、「ミシュラン・ガイド・ブック日本編」の表紙に掲載されたことから有名になり、テレビなどでも番組に取り上げられ人気スポットとなりました。現在満開の桜は来週散り始めるでしょうけれども、まだこれから咲く木もありますので、「富士山ヨシ!」の日に是非ご覧ください。

また富士山は気まぐれなので、朝早い方が見られる確率は高いです。平日はここまで混んではいないと思います。この日は週末で、待ちに待った桜が開花した状況だったので、混みあったのでしょう。ちょうど展望台で撮影し終え、行列に目をやると、8時前で1時間待ちとなっていました。

これでは整理券こそないものの、上野動物園のシャンシャンを見るのと同じレベルですね。

お花見がてら市内の秩父宮記念公園と平和公園へ

ぶらぶら
04 /11 2019
市内の桜が満開になったので、お花見に行ってきました。
19040701.jpg 
秩父宮記念公園周辺の街路樹は、ソメイヨシノでこの時期はピンクに染まります。
19040702.jpg 
秩父宮記念公園入口のヒノキ林
19040703.jpg 
ヒノキ林の先に、園内の入口があり、さらに奥に進むと、茅葺き屋根の母屋の玄関前に、樹齢130年余りの巨大で立派な枝垂れ桜があります。
19040707.jpg 
母屋の前で「さくら茶会」が開催されていました。
19040708.jpg 
母屋の裏庭に咲いているのは、リョクガクザクラと枝垂れ桜
19040709.jpg 
母屋は高台にあるので、目の前のヒノキ林の森の向こうに富士山を眺めることができます。

次にすぐ近くにある富士仏舎利塔平和公園へ。ここは何故かしら海外からの観光客が必ず立ち寄るスポットになっていて、観光バスがひっきりなしにやってきます。
19040705.jpg 
世界各国の狛犬があり、仏舎利塔と、それから真正面に富士山も見えるし、桜並木も有名です。
19040704.jpg
桜はソメイヨシノだけではなく、御殿場桜、枝垂れ桜、八重桜など種類が多いので色々な桜を楽しめます。
19040710.jpg 
道端に咲く何気ない桜が一番美しかったりして。
19040706.jpg 
桜もいいけど、我が家の枝垂れ源平桃も、ぼんぼりがぶら下がっているみたいで美しい。一本の木から、ピンク、白、赤の三色の花を咲かせます。
次回のお花見は、新倉山浅間公園からお届けする予定です。

静岡県富士山世界遺産センターと、富士山本宮浅間大社へ

ぶらぶら
04 /10 2019
一度行ってみたかった「静岡県富士山世界遺産センター」へ行ってきました。静岡県と手前につくのは、山梨県にも富士山世界遺産センターがあるからです。カーナビに「富士山世界遺産センター」と入力すると山梨県を表示しました。地図データが古いため、富士宮にある静岡県は表示されないのです。こういう時、常に最新情報であるスマホのグーグルマップナビが役立ちます。
19040601.jpg 
静岡県富士山世界遺産センター

ここから歩いてすぐの場所に、富士山本宮浅間大社があることからか、大きな立派な鳥居があり、神社名が「富士山本宮」とありました。
19040602.jpg 
鳥居越しに富士山を仰ぐ
19040603.jpg 
その隣にあるのが富士ヒノキで装飾された逆三角形の見事な建物が富士山世界遺産センターです。逆三角形のデザインは、手前の水面に写しだされることで富士山となるようですが、この日は水面が風で細かく揺れ、太陽の位置も悪く、壮大な仕掛けも見ることができませんでした。
19040604.jpg 
入場口の横からもなかなかの迫力です。

公式サイトで水面に写し出される姿をご覧ください。

入場料は300円とリーズナブルで、1階から最初だけ階段ではあるものの、すぐに螺旋のスロープとなり、真横に広がるスクリーンに映し出される景色を見ながら、5階までのスロープを登りつつ、富士登山の疑似体験ができる構造になっていました。
19040605.jpg 
富士山頂の雲海の景色の先に展望ホールがあり、目の前に富士山が現れます。この日は富士山も今ひとつですが、天候が良ければ、床に逆さ富士が写ります。

1階には「富士山ライブラリー」もあり、富士山に関する書籍が自由に閲覧できます。ここで疑似体験すると、今度は富士登山にチャレンジしてみたくなるかも。

次に、すぐ近くにある富士山本宮浅間大社へ。
19040606.jpg 
その前に「お宮横丁」なるものを見つけ、
19040607.jpg 
路地の先に屋台村があり、本場「富士宮やきそば」を食べました。
19040608.jpg 
富士山本宮浅間大社の大鳥居を抜けたすぐのところで、満開の桜越しに富士山。
19040609.jpg 
境内は桜まつりが開催され、
19040610.jpg 
満開の桜の下で舞楽のリハーサル?(衣装が普段着でしたので)が行われていました。
19040611.jpg 
山野草のシャガ越しに見る湧玉池
19040612.jpg 
ちょうど満開時期に訪れることができ、思いがけず境内でお花見を楽しむことができました。

昨年は指を骨折し、富士登山できなかったので、今シーズンが待ち遠しいです。

新倉山浅間公園でお花見

ぶらぶら
04 /08 2018
昨年もチャレンジした新倉山(あらくらやま)浅間神社でお花見ですが、富士山と桜のタイミングが合わず、良い写真が撮影できませんでした。今年は桜が満開のタイミングで晴天となり、思い描いた写真撮影ができました。

新倉山記念公園にある忠霊塔と富士山と真下に広がる桜並木。この構図で撮影できるスポットは、忠霊塔の奥より少し上がった場所にあるビューポイントのみで、集合写真を撮影するかのように3段の高さ違いにそれぞれに分かれ、横一列に20人も並べないようなピンポイントの場所しかありません。そしてここにやってくる方々は目的は同じなので、満員電車並みの混雑となります。さらに人が増えてくると、10分の入れ替え制となり、10分の間富士山が隠れようものなら。。。まるで先月行ったパンダ観覧のような(^^;人気スポットなのです!!桜の時期だけですけどね。
18040810.jpg 

高さが異なる3段で一番上から撮影(↑)すると忠霊塔が綺麗に構図に収まりますが、どうしても撮影されている方の頭や手が写りこんでしまいます。かといって一番下の段から撮影すると忠霊塔の収まりが悪くなります。そこで、一番下の段より魚眼レンズ(↓)で撮影しました。魚眼レンズを無限大にピントを合わせて撮影すると、写りこむものすべてにクリアーにピントが合い、こんな面白い写真が撮影できました。
18040811.jpg 

五重塔(忠霊塔)
18040812.jpg 

浅間神社の神様 木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)にあやかって「咲くや姫階段」と名付けられた398段を登りきった先に忠霊塔があります。階段の上から見る富士山と桜も迫力満点です。
富士山の麓で野焼き作業が行われ、その煙が立ち上がっていました。
18040814.jpg 

朝7時50分に到着し、新倉山記念公園駐車場に駐車できましたが、すぐに満車になってしまいました。帰る頃には臨時駐車場も満車状態で、道路には駐車待ちの大渋滞が起きていました。下吉田駅から歩いて行ける距離なので、渋滞を避ける方法として電車も良いかもしれません。

昨日ニュースなどでも満開になったと取り上げられたこともあり、朝早くから大勢の方が花見に訪れ大賑わいでした。まだ桜まつりが始まったばかりなので、今週いっぱい花がもってくれるといいですね。

これで2年越しの思いが叶い、富士山と桜と忠霊塔のコラボ撮影ができました。来年もまた撮影に行けるといいな~。

上野動物園へ子パンダ観覧

ぶらぶら
03 /24 2018
先着順で一般公開されるようになった愛らしいシャンシャンをどうしても見たくて上野動物園へやってきました。
開園は9時半ですが、8時半に到着したところ、ここはディズニーランドかと見間違えるほどの大混雑でした。開園の時間が迫り、列が少しずつ動き始めると同時に、年間パスポートを取得されている方の列が真っ先に進みます。それと同時にパンダの観覧整理券の時間が、30分ずつ後ろにずれていき、9時40分過ぎに入園できたものの、整理券は12時10分でした。がーーん!パンダのお昼寝タイムやん!

当日入場券を購入する行列
18031801.jpg 

お父さんパンダのリーリーは、整理券無しで見られるため駆けつけると、ちょうど朝のもぐもぐタイムでした。


パンダの待ち時間の間は、一旦動物園を退出することもできますが、もちろんパンダ以外のたくさんの動物たちを見て回れるので十分楽しめます。

12時過ぎにいよいよお母さんパンダのシンシンと、シャンシャンとご対面!
お母さんパンダのシンシンはウロウロして落ち着きがありません。
18031802.jpg 

肝心のシャンシャンはお昼寝タイム。。。。嫌な予感は的中しました。目を閉じて夢の中。
18031803.jpg 

私の願いが通じたのか、一瞬頭をを持ち上げ起きかけたのですが、あえなくバタンとまた寝てしまいました。がーーーん。
18031804.jpg 
後ろ姿も可愛いシャンシャンです。

こういう姿を見たかったのですが、せめてぬいぐるみだけでもパチリ。
18031805.jpg 

パンダを見た後は、上野駅近くの精養軒で名物のハヤシライスをいただきました。上野といえば老舗の精養軒ですね。
18031806.jpg

上野動物園には前売り券がないので、活発なシャンシャンを見たいと思ったら、もっと朝早くから並ぶか、あらかじめ年間パスポートを用意すれば入園券を購入する列に並ぶ必要がありません。シャンシャンは2歳で中国に帰っちゃうし、次回はいつ行けるかな?

お母さんにもう1匹産んでもらわなくちゃ(笑)

鎌倉さんぽと御朱印帳

ぶらぶら
10 /21 2015
鎌倉さんぽに行ってきました。

寺社巡りしたり、小町通りを散策したり、一番の目的は鎌倉スワニーで生地を見ることで、帰りに町田のピーターラビットカフェに立ち寄るつもりでした。ピーターラビットカフェにはまだ一度も行ったことがないので、楽しみにしていたのですが。。。

鎌倉駅から徒歩10分以内にある寺社で御朱印をいただきながら巡るという友人の言葉を受け、御朱印帳を見せてもらいました。御朱印帳に前から興味はあったものの、実際に見るのは初めてです。寺社により対応は色々あって、お願いするのも心苦しい時も実際あるそうですが、心をこめて文字をしたためていただくと気持ちも伝わり、ありがたみも湧いてくるとか。

これは私も御朱印帳を手にいれなくてはと、鶴岡八幡宮へとお参りし御朱印していただきました。お礼は300円で、御朱印帳は1200円でした。なかなか良い記念となること間違いなしです!
15102101.jpg
15102102.jpg 
鶴岡八幡宮の御朱印

鎌倉駅から徒歩10分もかからない場所にある妙本寺の御朱印。こちらの境内は、空気が澄んでいて、鳥の鳴き声が響いて、とても気持ちの良い場所でした。駅から少し歩くだけで、こんなに気持ちの良い場所に出会えるとは驚きでした。鎌倉駅前といえば、小町通の人の多さのイメージしかなかったので。
 
15102103.jpg 
駅前にある寺社を5つ巡って、それぞれに御朱印をいただき、ようやく目的のお店「鎌倉スワニー」に到着しました。このショップは、生地を扱うお店で、目移りする可愛い生地がたくさんありました。特にハギレコーナーで、ワゴン内にあるハギレを夢中になってみていたら、ハギレがぎっしり詰まったワゴンが店内奥にもずらりと並んでいて、さらに夢中になって探し回ってしまいました。

えっ?何を探したかって??それは、もちろんうさぎ柄生地です!!でも、いくら探してもうさぎさんは見つからず。残念!

スワニーを後にした頃は、日もどっぷりと暮れ、足をひきずるほど疲れ果て、ピーターラビットカフェはまた次回行くことにしました。寺社巡りの新たな楽しみを見つけ、そしてお気に入りのショップも発見し盛りだくさんな一日。しかし、これで終わりじゃなかったんです。

小町通りにあるお気に入りのお店で、とんでもないお宝に遭遇したんです。「The Tale of Mr. Tod」の1912年初版本を、ピーターラビットが大好きと伝えると、自由に見ていいですよと戸棚より出してくださいました。お店のオーナーは、古書が好きでたまたま見つけたとおしゃっていましたが、実際に手に取り見させていただけるなんて貴重な体験でした。
 

colbook45.jpg 
このお店で手にいれたのは、Dover Coloring Bookシリーズ(Dover Publication, Inc.)の「The Tale of Benjamin Bunny」1981年(刊)です。ピーターラビットは持っているので、このシリーズ2冊目をゲットしました!!

歩き回って疲れたけれど大満足の鎌倉さんぽでした。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。