FC2ブログ

モデル

うさムービー
08 /17 2004
モデルになるぐぅ(ムービー 8.5メガ) ←クリック

新しいデジカメでムービーを撮ってみた。

モデル体質のぐぅは、カメラを向けるとじっと固まる。

撮影者「あの~モデルさん。ムービーなのでここはおひとつ芸でも頼みます。」

モデルぐぅ「あっそう、じゃ横向きなんかもどう?じっーーー」

撮影者「だから~、動いてってば(^^;)」

カメラを向けると「ハイッ、ポーズ」とばかり、動かずにカメラ目線で見つめてくれるのよね。

ムービー撮影する時は、カメラに見向きもしないお食事タイムか、お昼寝タイムじゃないとだみだこりゃ。

それにしても新しいデジカメ。ムービーは60秒も撮影できる。60秒の動画をmpgに変換したら、ファイルサイズは8.5メガになってしまった。こんなにでかいファイルサイズのムービーを、見てくれる人はいるのだろうか???

まっ、きっと誰か見てくれると信じて。。あげとこ。

マッサージ大事典第3章

マッサージ
08 /12 2004
8月19日発売の「うさぎと暮らす」を見れば、なんのことかわかるけれど、10月19日に別冊を発売予定。

その名も「うさぎと暮らす式 マッサージ大事典」

なんて、たいそうな名前だ(^^;)

最初このタイトルを見たとき、アイデアを引っ張っておきながら、活字になると思わず身体がえびぞりになるぐらいそっくり返ってしまった。

おやじギャグが滑った時のなんとも言えない涼しい気分。。。まっ、そこまでいかないけど(^^;)

でもこのタイトル、何度か見て復唱している内に奥深くて、興味がわいてくるから不思議。そして、だんだんと好きになる~好きにな~れ(笑)

催眠術じゃないんだから(^^;)

別冊の最終打ち合わせを6日に済ませ、10日より書き始めて中2日で3章20ページを納品。4章と5章は同時進行で、中3日で4章を、中2日で5章を納品予定。

西武のM投手のような忙しいスケジュールだな。あはは(ひとごと)

さぼってないで、がんばろう。

うさぎの地位が少しずつ向上して、家族の一員として暮らしているからこそ、この別冊企画はうまれたんだと思う。
うさぎにマッサージをしてあげることにより、うさぎはもっと気持ちよくなる???

あちこちから、うちの子がマッサージ大好きになりましたって声が届くといいな。

うさぎらしい性格

うさぎ
08 /09 2004


「わーい、ぼくの大好きなりんごだー。ちょーだい、ちょーだい」



「えっ、もうないの。なら、もうここには用はない。さいなら~」



「あれ、いつもとなんだか様子が違うぞ。なんだろ、これ。チラッ」

(外野)ぐぅがセクハラおやじになってるぅ~きゃぁ~



「ぼく、セクハラじゃないもん。ご挨拶しただけだもん」


今年の夏は箱根が大変な賑わいをみせているためなのか、いろいろなお友達と再会や初対面を果たしている。

今日もお友達の旦那様がお出かけしている間、奥様が遊びに来てくれた。

ぐぅたんは、もちろん知らない人がいるから避難場所に隠れたまま出てこない。

し・か・し~~

大好きなりんごを手にした途端、知らない人がいようがいまいが大急ぎで避難場所より飛び出してくるぐぅ。

「くれ、くれー」っておひざの上に飛び乗ってくる。これは私が毎日繰り広げている光景。自分の姿をカメラに収めることができないので、今日はお友達に私の代わりを努めてもらった。そして私はその姿をカメラにおさめる。

ぐぅにりんごを催促されながらも、おいしそうにりんごを食べる姿を眺めながら、感激の言葉を降り注ぐ友達の表情をカメラのレンズよりのぞきながら、なんて幸せそうな顔をしているんだろうと思ってしまう。

そう、ぐぅがりんごを食べている姿は、小さな幸せを私達に与えてくれているんだ。

だって、お友達のなんともいえない笑顔がそれを物語っているもの。ここで顔を見せられないのがつらいけれどね。

そして、おいしものがなくなったら、さっさとその場を後にする。。これもうさぎらしい性格。待ってるとまた出てくるとか、そういった知恵はもてないらいしい。

ぐぅ、いつも幸せを運んでくれてありがとう!私は一体どんな顔をしているんだろうか。きっと飛び切りの笑顔なんだろうな。

セクハラおやじには、まいったけどね(爆)

「スカートをのぞいてごめんなさい。ゆるしてね」From ぐぅ

デジカメ

写真
08 /07 2004


「モデルやるから、あとでアレちょーだいよ」From ぐぅ

2001年に購入したデジカメQV-2400UX 200万画素

ずっと使い続け、何の不満もなかったのに、突然不満が吹き出てしまった。

それは、デジカメの画素数について。

普段使う分にはまったく問題ないのだが、200万画素のデジカメでどんなに高詳細に撮影しても、印刷に耐えうるのはたかだかL判サイズなのだ。
L判サイズ以上の用紙に印刷しようと思ったら、画素数をもっとあげるしかないと指摘されてしまった。

そうか、そうだったのか。

きっかけは、ぐぅの投稿写真。

1600x1200サイズで応募したが、これでは製版で印刷しても小さいサイズでしか採用できないとか。

大きく引き伸ばすには最低でも500万画素ぐらいないとだめだそうだ。

500万画素でも、印刷に耐えられるのはA4プラスアルファぐらいで、ギリギリA3までいけるとのこと。

そんなことは露知らず。。。

慌てて新しいデジカメを購入しに行きましたとサ。

新しいデジカメは、CASIO QV-R51

CASIO QV-R51の製品仕様


一度に大量に撮影することが多いので、バッテリーに充電池以外に、単三アルカリ乾電池も使えるのが絶対条件で、この機種になった。
あと、シャッターのレスポンスがとても早いのも選んだ理由かな。

近所の安いと評判の家電量販店で38,600円だったので、そんなものかと思ったが、念のためにいつも行っているパソコンショップを見たら32,800円、、、高く買わないでよかった。。。
500万画素のデジカメも安くなったもんだね~

絵本の家

ピーターラビットに関する事色々
08 /06 2004
2日間の打ち合わせが終わり、家路に着く前に目白に新しく出来た絵本の家ショップに行ってきた。

目白駅から徒歩8分

確かに徒歩8分で到着したけど、この時期、炎天下の中、徒歩8分も歩くのはやっぱり地獄だった。

暑過ぎるぅ

ショップにあるジャンボピーターが、気持ちを少しはなごませてくれたけれど店内に入った途端、体中から吹き出る汗。クラクラしそう。

絵本の家のネット通販ページで購入できる絵本が、実際に中身を見て購入できるというところが気に入った。海外のめったに見ることのできない絵本も揃っていて、絵本好きにはたまらないショップ。

今度は涼しくなった秋にでも、たっぷりと時間をとって訪れよう。

絵本の家

スノーサンゴ

ガーデニング
08 /04 2004


スノーサンゴという名前の植物。
白くてきゅうり花に少し似た花が落ちると白くてまん丸の実をつける。

やがて白い実が、鮮やかなオレンジへと色づく、不思議な植物。

葉っぱの斑入り模様が、雪が降り積もったみたいできれいなのが気に入ったが、オレンジの実もなんとも可愛い。

こんなにおもしろい植物は初めて。



最初は、葉っぱの白さと、真っ白の実が重なって、区別がつかなかったのが、約1ヶ月半ぐらいでオレンジの実をつけましたとさ。

友達にもプレゼントしようと思って買いにいったら、時期的なものなのかお店に残っているのはあまり良い状態ではなかった。

スノーサンゴという名前だけど、春に買い求めるのが良いみたい。日光に良く当てることと、水やりをわすれずにすれば、今年の冬までは楽しめるそう。

オレンジの実がひとつ増えるたび、願い事がひとつかないそうな予感は。。。しないけどね。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。