FC2ブログ

イングリッシュ・アンゴラ

うさぎ
05 /19 2005
イングリッシュ・アンゴラは、目が毛で覆われてると正式なスタイルなんだそうだ。目が見えるとアンゴラじゃないそうで常に目はアンゴラ特徴のふわふわの長い毛の中に隠れた状態。

人間が作り出した品種ゆえ、標準スタイルというが定められていて、そのガイドラインに添って審査され甲乙を決められるのがラビットショー。
イングリッシュ・アンゴラの審査の時は、ご自慢のふわふわの毛にうさぎの特徴である大きな可愛い目も隠れていることだろう。

目がでていると「あら、この人何も知らないのかしら。くすっ」と影で言われてしまうぐらい屈辱的なことらしい。

そのようなうさぎ常識などまったく知らない私は出来上がった表紙を見て、何でもっと目をだしてあげなかったんだろうって思った。

イングリッシュ・アンゴラは何といってもその毛並みが素晴らしいのだそうだ。抱っこするとセーターを着ているみたいな感覚になるのかな。でもやっぱり目の周りの毛だけでもカットして常に周りの状況を見えるようにしてあげて欲しいな。

ガーデンライト

うさグッズ
05 /18 2005
欲しいものシリーズ



枕木立水栓
枕木を加工して作ったガーデン用シンク
水道の蛇口にうさぎのフィギュアがついている



枕木ガーデンライト
ガーデンライトの両側にうさぎシルエット

ガーデングッズもいろいろなものがあるのねぇ

午後のひととき

マッサージ
05 /16 2005


「トコトコトコ、ドテッ」From ぐぅ

部屋の真ん中にやってきたと思ったら、ドテッと音を立てて横になるうさぎ。

あんたねぇ~警戒心なさすぎですから~

と思いながらも、この姿を見るとたまらなくマッサージしたくなる私。
「さぁさぁ、おぼっちゃまのマッサージでもしますかねぇ」

気が付けば、マッサージしている私の方が気持ちよくなって昼寝をしてしまうそんな午後のひとときなのだ。

ガーデニング作業2週間後

ガーデニング
05 /14 2005
2週間後のガーデン





芝生はまだ育ってないけれど、アイテムが増えてだいぶ様になってきた。
行き場のなかったガーデンうさぎフィギュアもやっと出番が来たため、倉庫から出してもらえた。あひるのフィギュアは水辺に飾って、気分だけでもあひるのジマイマ。

4枚組で500円で購入してきた白いラティスが、アクセントになっていい感じかも。こちらも去年のアイリス・オーヤマ祭で買ってきてずっと倉庫入りだったもの。

ぬいぐるみ

ピーターラビットグッズ
05 /11 2005
ゴールデンウィークの間に部屋の片付けをしようとがんばったけれど、あちこちに散らばってあるものを、とりあえず出しまた収めるだけで終わってしまった。

いつの間にか増えてしまったぬいぐるみコレクション



こんなに持ってたっけ?(苦笑)

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。