FC2ブログ

ボタンの掛け違え

日常
01 /24 2006
2006年の初夢、ボタンを留めようとするのだけれど、留めても留めても下からはずれてしまう夢だった。なんだか胸がかきむしられるような気がしてハッと目覚めた。

 「編集部とボタンを掛け違えてしまったのよ、だからどんなに取り繕っても、もう二度と元にもどらない」って、プーが私にそう伝えたかったのかなって思った。

というのも、いつからなのか意見が食い違ってきて歯車がどうにも回転しない。そんなもどかしさをなんとか解消したくて、コミュニケーションをはかろうと努力したけど、かえってそれがよくなかったみたい。私が会話しようとすればするほど、編集部はどんどん遠くに離れていってしまった。

「私も離れよう」ってそう決心した12月末。そしてこの初夢。

「そうか、そうだったのか」と妙に納得した初夢だった。

仕事を辞めることについてはまったく後悔していない。このまま無理に続けても傷は深まるばかりだろうし、時が解決すると言っても終わりの見えないレースに参加する体力も気力も持ち合わせていない。でも、うさぎの仕事ができないこの現実を受け止めることがなかなか出来なかった。うさぎを愛するこの情熱をどこかにぶつけたい、でも完全に行き場を失ってしまった。そんな抜け殻のように毎日を過ごしてしまった。

ようやく、なんとか頑張ろうってそんな気持ちになれたので、少しずつ復活していこう、と思う。

どんな時も私の気持ちを慰めてくれる、ぐぅに感謝。いつも、ありがとう。


「むしゃむしゃ、あっ夢か」From ぐぅ

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。