FC2ブログ

たこ焼きパーティ第2弾

うさぎ関連イベント
06 /20 2006
 今日は、たこ焼きパーティ第2弾を開催。それもたこ焼き機を持参するという熱の入れよう。ところが、このたこ焼き機がどうしようもなく重かった(^^;;;

 ちょうど1ヶ月前にたこ焼きパーティを開催したばかりだったけれど、その時食べれなかった友達が「私も食べたぁ~い」ってことで再び開催となったのだ。前回のたこ焼き作りで、丸めるのが上手になった友達も、今回はさらに腕に磨きがかかり、もうプロ並みの腕前に(^^)なっていた。この丸める作業が楽しいらしく、作る私の手間も省けてラクチン!

 たこ焼きの写真は、なっつさんのブログにて公開中!
 <キッチンでアウトドア> 

 味も好評なので我が家の丸秘レシピを公開!

だし汁は、昆布とかつおで取り、あらかじめ冷ましておくのがポイント。

ボールに、卵を割り入れ、小麦粉を入れ、だし汁でしゃぶしゃぶ程度にとく。この時、お玉ですくいあげて汁が少しトロっとしながらも、下にしたたり落ちるぐらいがベスト。そこへ、キャベツと紅しょうがのみじん切りを入れ、おぼろ昆布を適量。これが種となる。材料を追加することで、種が少し固くなるので、再び調整が必要。

次に蓋部分。同じくボールに卵を割りいれ、小麦粉と昆布茶を隠し味程度に入れ、同じくだし汁でとく。こちらは種よりさらにしゃぶしゃぶ状態にしておく。

種と蓋の準備ができたら、たこ焼き機のスイッチを入れ鉄板を熱くし、鉄板に油をまんべんなく塗っておく。鉄板の丸い部分に種を流し込み、小さく切ったタコをひとつずつ入れていき、天かすをパラパラとまんべんなくかける。

種のたこが軽く隠れる程度に蓋を流し込み、鉄板の丸い半円の外に流れた部分を竹串ではがし取り、上手に丸くなるように丸めていき、たこ焼きにまんべんなく火が通ったら、出来上がり。

お好みでタコの代わりに、クリームチーズとパセリを少々入れたらこれがまた美味。いくつでも食べられちゃう。たこ焼きにしっかりと下味がついているので、ソースは少しつける程度でおいしいし、クリームチーズにいたってはマヨネーズだけの方がおいしかった!

 
 【香港みやげにいただいたうさぎケースと、ジャスミンティー】

 ちょうど香港に行っていたため、前回のたこ焼きパーティに参加できなかった友達よりおみやげをいただく。このうさぎケースは、たまたま見つけた店で衝動買いしたとか。この布の感触や、水色もとっても可愛くて私もお気に入り。そこに置いておくだけで存在感があるのよね。
 

うさぎの前足

うさ生態
06 /19 2006
 うさぎは前足で物をつかむことはできないけれど、力をこめることはできる!?

 
 【2006年6月18日撮影 モデル:ぐぅ(♂ 7歳) 牧草モグモグ】

 牧草入れの縁に前足を置いて牧草を食べているぐぅ。この時、前足の足裏をさわってみると、爪先に力が加わり、牧草入れの縁をしっかりを押えているのがわかる。

 ペレットをあげる際も、手のひらにペレットを置いて、うさぎの目線より少し上に手のひらを出すと、前足で手のひらを押えて、口元に引き寄せてペレットに食いつく。その前足の爪先にかかる力が意外と強いからびっくり。猫や犬のような器用さはないけれど、うさぎだって不器用ながらも爪先を広げ、曲げることで物を押えることぐらいはできるのだ。

 爪先を意識するマッサージをしてあげると、じゃんけんでいうところのグウのように丸まった指先が、パーのように横に広がっていく。この時、しっかりと握り返してくる感触が愛しくてたまらないのよね。
 

環境活動 ゴミ拾い

うさぎ関連イベント
06 /18 2006
 
 【「フェスタ・コスタ・デル・ゴミ in千本浜/沼津」 2006.6.18】

 環境活動の一環として、千本浜に打ち上げられるゴミをみんなできれいにしようというイベント。今年で2回目の参加。雨が降ると、千本浜にゴミが大量に打ち上げられるため、ボランティアで集まった人達と一緒に浜をきれいにしようというイベント。

 昨年はこのイベント前に、別のボランティアの方々がきれいに清掃してくださった後だったため、拾うゴミがほとんどなかった。しかし今回はちょうど前日から降り続いた雨の影響で、浜に流木やらのゴミが打ち上げられ、沼津市長をはじめ多くのボランティアの人達と一緒にゴミ拾い。

 
 【浜に打ち上げられた流木 波打ち際に漂っていたゴミの中にはポリタンクなども】

 千本浜は波打ち際から一歩海の中に入るとすぐ水深2メーター弱あるので、うっかり足を滑らせては大変。でも拾えるゴミは拾おうとみんなで引っ張りあげる。大きなゴミは見る見るなくなっていくが、なくならないのは小さな人間が出すゴミ。花火の燃えかす、コンビニで販売されているおにぎりが包んであるビニールゴミなど、小さな目立たないゴミだけど、ゴミはゴミ。どうしてそれを使った人がゴミを持ち帰らないのか、そして楽しんだその場所にゴミをポィッと捨てていけるのか。

 
 【防波堤の角々に捨てられているタバコの吸殻】

 そして何より腹立たしいのは、タバコの吸殻。防波堤の階段に腰掛けて、海を眺めながら一服するのはさぞかし気持ちのいいことなんだと思う。でもどうしてそこに捨てるの?吸殻が景観を汚すことは考えないのだろうか。それもどの吸殻も隅っこにまとめて捨ててあるというのが、なんとも許しがたい。ここなら捨てても構わないというのだろうか。頭にきたので全部の吸殻を拾い集めたが、さて実際に捨てた人達にメッセージとして伝わったのだろうか。

  
 【沼津港で食べた「ぬまづ丼」】

 帰りに立ち寄った沼津港で食べたのが「ぬまづ丼」。なんでも沼津をイメージした丼コンテストで優勝したのだそうだ。丼飯といえば、白いご飯が定番だけど、この「ぬまづ丼」は、沼津名産アジの干物を使った炊き込みご飯の上に、かつおのタタキ、生しらす、生桜海老が乗っているのだ。しらすも、桜海老も今が旬だし、ご飯にも味がついているので最後まで飽きずに食べることができ、とっても美味でした。

ガラスポット

うさグッズ
06 /17 2006
 ガラス彫刻されたポットをいただきました。もちろん手作り作品。

 
 【いただきもの】

 パッと見て、プーちゃんによく似ていると思ったら、下にプーちゃんって彫ってあった。
 
 【プーちゃん】

 
 【ぐぅ】

 一度も我が家のうさぎ達を見たことがないのに、写真に写ったその姿を見ただけで特徴を捉え再現してくださったのだ。もうお見事としかいいようがない!

 プーちゃんの特徴はなんといってもこのマフマフ。セレブのマダム並みの美しいマフラーをいつもまとい、そのさわり心地の気持ちよさといったら、今でもこの手がしっかりと覚えているほど。

 そしてぐぅ!!「あんたねぇー」といつもあきれるぐらい「なんかくれーー」を連発するぐぅだから、なんかクレ光線を発しながらじっと見つめ返してお口あんぐりしている姿になっちゃったじゃない!!!

 これを作ってくれたオーナーいわく「ぐぅちゃんは、いつもなんかものほしげな顔をして、口をあんぐりあけている姿が焼きついてるから」って。。。。。おっしゃるとおりです、ハイッ!

 これを作ってくれたのは、うさぎ専門店「うさぎ庵」のオーナー。さすが毎日うさぎばかり見ているだけあって、うさぎの特徴を捉えるのが上手い!!そんなオーナーの創作日記もご覧あれ。

A Creation diary http://b.hypnoticspace.com/> 

 

ブリキの水差し

物語に登場するもの
06 /16 2006
 ホームセンターで見つけたブリキの水差し。

 

 『カルアシ・チミーのおはなし』の挿絵に描かれている、ブリキの水差しが欲しくてずっと探していたら、ホームセンターで見つけてしまったのだ。

 注ぎ口の形が少し違うものの、取っ手部分や、その姿が、よく似てる。よけいな模様を消して、もっとシンプルにしてあげることができれば、そっくりになるかな。

 ポターさんが描く家の中の風景には、このような水差しと、洗面器がよく登場してくる。どこの家庭にも、このような水差しと、洗面器は必需品で、顔を洗うのに使っていたのではないだろうか。

 そしてポターさんは裕福な暮らしをしていたので、そこに描かれている生活雑貨品は、シンプルで素敵なものばかり。私が一番好きなのは、『グロースターの仕立てや』に登場する、食器類。ねこのシンプキンが、ねずみを隠すのに使ったティーカップやポットなどだ。シンプルなのに、ゴージャス、なんといってもそのスタイルがおしゃれ~。

 ポターさんの挿絵に登場する風景や、品々は、想像で描かれたものではなく、ポターさんが見て描いたものなので、探せばきっと見つかるという楽しみもある。いずれはお話に登場するこれらグッズを、探し求める旅にも出かけたいと思ってやまない。

 もちろん、英国湖水地方・ニアソーリーにあるヒルトップに行けば、ポターの愛用したこれらの品々は飾られているのですけれどもね。

足ダン

うさムービー
06 /15 2006
 朝はそうでもなかったのに、ある出来事をきっかけに、ぐぅに嫌われてしまった私。

 
 【6月15日撮影 モデル:ぐぅ(♂ 7歳) 怒り 「こっちくるなぁ~」Fromぐぅ】

 朝、ペレットをあげる時まではいつもどおりだったので、朝の用事も終わり、あまりにも腰が痛かったので、湿布剤を腰にペタッと貼り付けた。それから、ぐぅが怒りだしたのだ。私が近づくと、飛びのくように逃げ、びくびくと怒っているので、いつものぐぅの反応ではない。

 最初はぐぅが怒っている理由がわからず、目が点になる私。以前にもあったように、人間の目には見えない何かが、ぐぅには見えるのかと思ってみたものの、ぐぅの怒りは私に一直線に向けられていたので、私が原因と思い考えた結果、湿布剤の匂いが嫌なのかな?と思ったのだ。

 足ダンムービー(8.5メガ) ←クリック
 【6月15日撮影 モデル:ぐぅ(♂ 7歳) 足ダンムービー】

 最初は自分の糞の匂いをかいでいたぐぅだが、私が身動きして近づこうとすると、それを察して飛び逃げて、後ろ足を床に押し付け「ダンッ、ダンッ」と音を立てる。ぐぅは怒りながらも、びくびくとおののいているのが、背中の筋を伸ばしてピーンと張り詰めた感じで伝わってくるかのようだ。

 もちろんお風呂上りには、ちゃんと仲直りできましたとサ。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。