FC2ブログ

ぐぅグッズ

うさグッズ
05 /21 2009
 <ぐぅグッズ 切手風シールと、方眼紙メモ帳>

 私がトップページに掲載していたひと言に、「季節のお便りを届けるぐぅ切手をイメージして」と書いていたように思います。書いた本人ですら何を書いていたのか記憶が曖昧というのに、本日このようなプレゼントを受け取りました。

 ぐぅの切手風シールと、方眼紙のぐぅメモ帳です。

 [#IMAGE|S5#]「なんということでしょう~!!」

 方眼紙にしたのは、ぐぅNOTEを方眼紙で作成したという言葉に閃いてくださったそうな。メモ帳を1枚めくるたびに、色々な表情のぐぅに出会えます。私が発信する言葉を受け止め、それをこのような形にしてくださるとは。。。感激しすぎてうまくお礼を伝えられなかったような気がします。ありがとうございました。

 いつもいただくばかりで、何も恩返しすることのできない私ですが、こうしてピーターラビットやうさぎをテーマにお届けし続けることがせめてもの恩返しと思い、これからもがんばります!

 

こんふぇいと クラフトパーティVol.2

ピーターラビットに関する事色々
05 /21 2009
 手作りすることが何よりも好きで、その中でもデコパージュという伝統的な技法や、それらの技術を共に高めあう仲間と出会えた友人は、さらにその世界へと足を深く踏み込んでいきました。そんな、手作り仲間たちが「こんふぇいと」というグループを結成し、本日神楽坂のとあるギャラリーにて作品展を開催したのです。
 <展示会場入り口の案内看板>
 会場は、神楽坂通りの路地を少し入った先にありました。表通りから、路地に入っていくって、なんだか異次元の世界へつながるような、そういう錯覚におちいることありませんか?アンティーク調で、少し控えめなクラフト展の案内看板は、扉の先に待っている異次元の世界へつながっているようでした。

 扉を開けても大丈夫だろうか?

 そんな一瞬ためらう気持ちと、そこに足を踏み入れるドキドキ感と、思わず扉の外から中をのぞきこんでしまいます。そんな私の気持ちを察するかのように、友人のあふれんばかりの笑顔に出会うことができました。
 <Peter Garden サイト管理人なっつさんの手作りデコパージュ作品>

 今年は、「フロプシーのこどもたち」が出版されて100周年の記念すべき年です。実は以前から、この記念すべき2009年に私が主催しているグループメンバーたちと、「英国でお茶会を開催できたらいいね」と話し合っていたのでした。その思いは実現しませんでしたが、なっつさんもその思いを受け止めてくださっていて、作品として表現され、私たちの思い出として刻まれました。

 また、これら出品した作品への秘話を伺うことで、なっつさん自身のピーターラビットが大好きという思いが伝わってきて、ひとつ、ひとつの作品が愛おしくなる作者の心理が、不器用で何もできない私にまで同じ気持ちを共有することができました。

 こうした手作りというか、夢中になることのできる世界は、趣味のひとつと言ってしまえばそれまでですが、全力投球できる何かと出会うことで、趣味以上の違う扉を開くことができるのですね。それが、私の感じた異次元の世界と通じるのかもしれません。
 <展示会場でいただいた金平糖>
 「こんふぇいと」というグループ名は、金平糖から由来し、カラフルで可愛らしいクラフトを発表することを目標に活動されているそうです。5名のアーティストさんによるこんふぇいとは、その突起のトゲトゲもなんのその、トゲトゲ同士にぴったりとお互いがはまり、調和して素敵なハーモニーを奏でているかのようでした。

 仲間に出会えるって素晴らしいことですよね。ずっと続けていくというのは、大変なエネルギーが必要ですが、これからもまた素敵なこんふぃとを生み出していただきたいと祈りながら、金平糖をつまみたいと思います。

わかさぎ釣り

うさぎ関連イベント
05 /16 2009
 今日は、わかさぎ釣りです。

 富士五湖のひとつである山中湖の湖面が氷結しなくなり、冬の名物わかさぎ釣りができなくなったのかと思い込んでいました。ところが、わかさぎ釣り専用のドーム船が、わかさぎ釣りのポイントまで移動し、そこで釣りが楽しめ、冬の寒さに震えながらではなく、暖房の効いた暖かい船内で、ゆったり釣れるという、なんともイメージとかけ離れたわかさぎ釣りファンにはたまらないドーム船が運航しているのです。

 わかさぎ釣りは、2月が一番釣れる時期だそうですが、5月もまだまだ釣れるとのこと!
 <レンタルしたわかさぎ専用の釣竿に、わかさぎの餌をつけます。>
  [#IMAGE|S48#] 「この餌を育てるとハエになるんだよ」
  [#IMAGE|S17#] 「なんですとーーー」

 そんな気味の悪い餌は、素手でさわることなんて無理です!!ということで、餌付けはすべて主人が担当することに。
 <餌をつけたら、糸きりばさみで頭を切り落とさねばなりません。とてもその作業は見ていられません。>
 <「キターーーーー!」同時に2匹釣れました!釣れたらやっぱりうれしくて、餌のことなどすぐに忘れてしまいます。>
 <ドーム船内には、釣竿をたらすことのできる丸い穴が最初から開いています。水深は11mで、専用釣竿のリールのレバーを押し、釣り糸を11mたらし、底に糸が到着したら、竿の先がしなるぐらいまで巻き取り、ひたすら竿先だけに集中します」

 わかさぎのあたりが来るまで、竿を上下に振り、水底の泥をかき回すイメージで3回ほど、そしてあたりを待つを繰り返すのです。

 「ツン、ツン」ぐぅが鼻先で私の手のひらをツンツンするような当たりが来たら、すぐに竿を持ち上げ、リールを巻き取ります。このタイミングが一番難しいところです。

 ヒットしてから釣り上げるまでの動画
 わかさぎ釣りムービー(11メガ、39秒、音付き、AVI形式) ←クリック

 <ドーム船までの送迎用のボート>
 湖畔からドーム船までボートで約3分ほど。例えドーム船が出航した後でも、途中送迎もお願いできるので、いたれりつくせりです。
 ドーム船までの送迎ムービー(8.8メガ、36秒、音付き、AVI形式) ←クリック

 <主人の会社のレクリエーションで行ったので、総勢11名で釣り上げた成果。100匹以上はありますが、これはベテランさんが1日で釣り上げる量だとか。>
 <釣り上げたわかさぎは、からあげ粉をまぶして、からあげにしました。自分で釣り上げた魚をその場で食べるって最高の贅沢ですね。おいしかったです。焼きソバにまで、から揚げをのせていただきました。>

 山中湖、ありがとう~。わかさぎ、ごちそうさま~。

 わかさぎドーム船は、山中湖の湖明荘まで。
 http://www16.ocn.ne.jp/~komeiso/

雪ちゃん

お友達うさ
05 /14 2009
 <雪ちゃん(♀) 6歳 朝日に照らされ、大好きなりんごを頬張り満足そうな表情>

 ライオンMIXの雪ちゃん。ライオン種独特のタテガミは、チャームポイント程度におさえられ、すっきりとした顔立ちに、シルバーグレーの美しいカラー。

  <雪ちゃんトンネル&巣箱>

 そんな雪ちゃんのお気に入りのトンネルと、トンネルに直結されているのはぐぅが使用していた巣箱。以前から棚の一番下に潜って隠れるのが好きって聞いていたので、「お古で悪いけど」って、雪ちゃんにプレゼントしたのです。

 まずは巣箱だけだったのですが、雪ちゃんは巣箱だけでは見向きもしなかったため、柔らかい木材で作ったトンネルを作成し、それを直結したところ、トンネルの中を行ったり、来たり、さらには巣箱の中までも、大のお気に入りスペースとなったそうな。

 ぐぅも雪ちゃんみたいに、巣箱の穴から顔だけひょこっと出して様子を伺ったりしてたっけ。ケージやソファーの裏側の狭い通路など、身を隠せるスペースは、ぐぅのお気に入りスペースだったなぁ~。季節によっても、お気に入りスペースが変わったりもするけど、これからの時期は大理石プレートの上がお気に入りスペースに加わり、ゴロン寝を披露してくれました。

 雪ちゃんは、抱っこが大嫌いなので、抱っこはさせてくれないけれど、顔のマッサージは大好き!私がそばによると顔を差し出し、マッサージされるのをいまか、いまかと待ってます。そんな姿に、うれしさのあまり思わず心が奮え、いとおしくなります。本当にうさぎさんって、愛らしくて、たまらなく可愛いですね!

富士芝桜まつり

うさぎ関連イベント
05 /12 2009
 <富士芝桜まつり 首都圏最大級約70万株の芝桜>

 父親のリクエストにより、本栖湖の近くにある「富士芝桜まつり」を見に行くことになりました。一面の芝桜の背景のちょうどど真ん中に鎮座する富士山。こんな風景を目の当たりにしたら、見に行かずにはいられません。

 事前の天気予報では、GW期間中はずっと晴れの予報だったのに、本日はあいにくの雨です。でも、私達が到着した8時過ぎはまだ小雨で、この景色を眺めている内にいつしか雨がやんできました。
 <展望広場から見る富士芝桜まつりの会場>
 <竜神池に映りこむ芝桜>

 芝桜まつりは、今年で2回目だそうで、毎年GWのこの時期にオープンし、5月中楽しめるそうです。

 今まで色に関係なく、ピンクも白もすべて芝桜と呼んでいましたが、パンフレットによると、色や花びらの大きさによってそれぞれ品種が違い、それぞれに呼び名があるということがわかりました。そして、このパンフレットに掲載されていた5品種(スカーレット フレーム、マックダニエル クッション、オータム ローズ、多摩の流れ、モンブラン)すべて我が庭に咲いているということも。他にも青い芝桜があるのですが、パンフレットには掲載されていませんでした。我が家の芝桜会場は、うさぎサイズですけどね(^^;

 晴れた日の景色は、オフィシャルサイトでどうぞ。
 富士芝桜祭り オフィシャルサイト ↓
 http://www.shibazakura.jp/

バーベキュー

日常
05 /04 2009
 GW後半の2日目は、久しぶりの家族揃ってバーベキュー。

 ホタテに始まり、サザエ、エビの塩焼き、それからカルビ、焼き鳥へと。総勢7名だから食べられると思ったけれど、あまりの量にお腹いっぱいで食べ切れませんでした。

 しかし、わいわい、がやがやと、お酒も入りながら食べると、いつもの倍は食べられるから不思議ですね。

 ところで、バーベキューで一番盛り上がった話題に、富士山グラスがあります。
 <キリンウィスキー「富士山麓」 のおまけ富士山グラス>

 写真左から、夏富士、朝焼け富士、冬富士です。グラスの底が上げ底になっていて、その部分に美しい富士山の稜線と、それぞれの季節をモチーフに描かれているこのグラスは、とっても美しくてお気に入りです。このグラスが家族に大受けし、大いに盛り上がったという訳です。

 この富士山グラスは、富士山麓というウィスキー1本に1個ついているため、それぞれのシリーズ2個ずつ手に入れた我が家は、富士山麓ウィスキーが6本あるはずなんですが、何故かストックが1本もありません。どうしたんでしょうね?(笑)飲みすぎやん~(チャン、チャン)

 キリンウィスキー「富士山麓」
 http://www.fujisanroku.jp/

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。