FC2ブログ

田貫湖で夜明けを待つ

写真
05 /08 2011
 早朝夜明け前の午前4時に静岡県富士宮市にある田貫湖に到着。東の空が白み始めたと思ったら、一斉に鳥たちがさえずりを始める。ここ田貫湖は、鏡のような湖面に富士山が映り込み、さらにダイヤモンド富士が見られる時期は、山頂と湖面の両方にふたつのダイヤモンドの輝きを見ることができ、写真愛好家はもとより観光客にも大人気スポットとして有名な場所です。
 朝5時の富士山。雲ひとつなく、さらに湖面は逆さ富士がくっきりと。撮影場所は、田貫湖展望デッキより。

 この日はダイヤモンド富士が見られる時期ではないのですが、あこがれの撮影スポットに足を踏み入れたくてやってきました。田貫湖は、湖岸沿いに遊歩道がぐるりと整備され、サイクリングにウォーキングにと楽しめそうです。また富士山を見上げる一面の芝生はキャンプ場にもなっていて、この日もテントがいくつか張られていました。
 5時53分、朝日が稜線より顔をのぞかせました。
 太陽が昇り始めると同時に周囲に輝きを放つふたつの太陽。
 6時45分、太陽が山頂まであがりきった頃、キャンプ場のウッドデッキより撮影。

 太陽が昇り始めると同時に、そよ風が湖面を揺らし始め、あっという間に鏡の湖面が消えてしまいます。そして木陰で休んでいた鴨たちも湖面を滑るように行き交い、鏡のような湖面に飛行機雲ような筋をつけていきます。初めての田貫湖で、雲ひとつない富士山が鏡の湖面に映り込む素晴らしい景色が見られハッピー気分。息をのむ美しさで、素晴らしかったです!!

山口橋~不老の滝までのハイキング

ハイキング
05 /03 2011
 先週に引き続き、昨年の台風の大雨(時間雨量で100ミリを超えるもの)被害で、最も大きな土砂災害が起きた柳島地区にある不老の滝を目指してハイキングしました。不老の滝へは、道路の行き止まりである山口橋までは舗装された道路で、それより1.8キロ先にある不老橋まで未舗装路の林道を車で進むことが可能でした。しかし、久しぶりに訪れてみると。。。
 山口橋からものの数分進んだ先、林道は大きくえぐられ道は影も形もありません。以前は、山肌に沿って林道がつけられ、林道のはるか下に川の流れがあったのですが、先に進むにつれ川と同じ高さまで土砂が崩れ落ち堆積していました。
 以前の林道のあった場所に杭が打ち込まれ、目印であるピンクリボンを頼りに道なき道を進みます。道であった名残として、手前にカーブミラーが倒れいているのが分かりますでしょうか?大きな岩の塊は流されず残ったため、今度はよじ登ってさらに進みます。
 途中、川を3度も横切り、とうとう不老橋に到着しました。ガードレールが橋の名残です。以前はここまで車で進むことは可能だった場所です。しかし、不老橋は横倒しの木々で完全に塞がれ、降り注いだ雨の量の物凄さを物語ります。
 この橋を渡れば、その先に不老の滝へと向かうハイキングコースの入口があります。変わり果てたその姿に茫然と立ちすくみました。
 それでも、流木の下をくぐったり、上を乗り越えたりして、なんとか目的地の不老の滝へと到着しました。嬉しい事に不老の滝はいつものように美しい姿のまま残っていました。
 不老の滝を取り囲むように生えていた木々、秋にはそれらが紅葉し息をのむ美しさだった風景は、またいつか戻ってくるのでしょうか?

 息をのむほど美しい景色だった不老の滝の様子は2009年11月のハイキング記事でどうぞ。
 http://rapeter.exblog.jp/12410806

芝桜とアイコ2011

うさぎ
05 /02 2011
 毎年恒例の芝桜で記念撮影の時期がやってきました!今年のモデルを務めるのはもちろんアイコ。モデルさん出番ですよーー!
 たいした手入れはしていないのにもかかわらず、毎年この時期になると一斉に花を咲かせる芝桜。ブルーもあったはずなのに、いつの間にか消えてしまい、淡いピンクと濃いピンク、そしてホワイトの3色。
 外に出るのは大嫌いなアイコ。麦わら帽子に八つ当たりして少しかじられてしまいました。
 グラマラスなアイコ。
 室内で撮影する写真と違って、花に囲まれるとこんなに可愛い写真が撮影できるというのに、ビクビク、ハラハラ、落ち着きません。
 撮影を終えて、ぐったりとお疲れモードのアイコ。100mを全力疾走した後の選手のようでしょう。ほんの10分ほど外で撮影しただけなんですけどね(^^;

 これまで撮影した芝桜の写真。
 2010年芝桜
 http://rapeter.exblog.jp/13286222
 2008年芝桜
 http://rapeter.exblog.jp/8435091
 2007年芝桜とぐぅ
 http://rapeter.exblog.jp/6752618
 2006年芝桜
 http://rapeter.exblog.jp/4923301
 2005年芝桜
 http://rapeter.exblog.jp/4881895 

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。