FC2ブログ

トップページリニューアル

更新情報、サイト紹介
01 /16 2012
 パソコンを買い替えた時、OSがWindows7になったため、それまで使っていたソフトの起動がのろくなったり、突然動かなくなったりしたため、思い切って最新のバージョンのものを購入することにしました。

 12011602.jpg
 写真編集ソフト ペイントショッププロX4
 ホームページ作成ソフト できるホームページビルダー16

 ホームページを作成するに便利なソフト、ホームページビルダーですが、ソフト製作会社がいつの間にかIBMからジャストシステムに変更になってる。驚いた~。

 早速、フルCSSテンプレート機能を利用して、変わり映えのない私のトップページをリニューアルしてみました。
120116.jpg
 ホームページビルダーを持っている人ならすぐにばれてしまいますが、ほぼテンプレートどうりのレイアウトです。一部タイトル画像を挿入したのですが、CSSで編集されているため、ファイルサイズを変更するだけで、それがどこに書かれているのか調べるのにかなりの時間を費やし、途中で理解不能となり放り投げそうにもなったりしながら、ようやく完成しました。

 個人ファンサイトということを前面にアピールするため、ニアソーリーのバックル・イートの前で撮影した自分の写真を採用したりして、ラピータ個人が運営するサイトというのがこれでより鮮明になったかな?

 テンプレートを利用した割には、デザインも、色合いもなかなか気に入ってます。ピーターラビットのファンとしてこれからも情報発信し続けられたらと思います。どうか末永くよろしくお願いします。

 ラピータの部屋 トップページ

夕日の滝(南足柄市矢倉沢)

写真
01 /15 2012
 毎年一月の半ば(15日頃)滝口に夕日が沈むといういわれから「夕日の滝」と名付けられた落差23m、幅5mの滝です。昨年も同じ時期、午後3時頃にやってきては夕日が沈む様子をカメラにおさめようとしましたが、厚い雲に阻まれ撮影できず。そして今年は午後1時半頃にやってきましたが、夕日の滝付近だけうす暗く太陽はどちらに?という状態。

 滝から少し離れて空を見上げると、ちょうど滝口の真上に太陽が見えるのですが、薄雲もかかりコンディションは良いとはいえず撮影を断念しました。

 そこで今年は、滝口に太陽が沈む様子を想像してみることに。
12011501.jpg
 見たことがないので思いっきり想像です。滝つぼに落ちる水に太陽の光がキラキラと眩しく反射して、辺り一面が光り輝く感じかしら?また来年もリベンジしたいと思います。

 2011年1月16日 夕日の滝に行った際のブログ記事

今年も富士登山

ハイキング
01 /13 2012
 昨年一緒に富士登山した主人の会社の人たちが、新年会で顔合わせした際に今年も富士登山にチャレンジしたいと意欲を見せていたそうな。

 昨年のブログ  ↓
 2011年7月16日 2011年プリンスルートで富士登山
 
 7月の3連休を利用して富士登山したのですが、これ以上は望めないというぐらいの快晴に恵まれ、御来光もばっちり、満月までも拝めるという、トリプルラッキーという内容でした。富士登山を経験した方なら分かると思うのですが、登山途中で雲行きが怪しくても次の日御来光が見られればという気持ちでチャレンジしたけど、結局次の日も悪天候で見られずというのは良くある話。私もこんな素晴らしい晴天にめぐり合えたのが、この7月の富士登山が初めてでした。
120113.jpg
 昨年の富士登山ブログ掲載時にボツになった写真。御殿場口赤岩八合館前にて撮影した御来光絶好スポットの立て看板がある場所から撮影した御来光。

 昨年富士登山された方は29万人だそうで、その中でも最も登山客が多かったのが7月の3連休だったそう。私もこの中のひとりでした。休日の山小屋はどこも宿泊客でいっぱいで、予約はもっと早く入れなくてはというのが昨年の反省点。計画はもっと早く立てなければとは思うのですが、人数がいるとなかなかねぇ~

ピーターラビットバッグ

ピーターラビットグッズ
01 /12 2012
 昨年末、手土産を購入しようと洋菓子の詰め合わせを吟味していた時、私が所持していたピーターラビットのバッグを見てお店の方が「ピーター可愛いですね」と声をかけてくださいました。私も嬉しくて「友人にいただいたものなんです」と答えたところ、「実は私もピーター大好きなの」と返事が。
12011201.jpg
 これが3年前に誕生日プレゼントでいただいたバッグ。このバッグがきっかけで、自宅から歩いて訪ねられる距離にお住まいのピーター好きな方と知り合いになれました。何故そんなことがうれしいのかって?ピーターラビットが好きって方が周りに中々いらっしゃらなくて、すぐ近くにそれも同世代の方に出会えるなんて奇跡に等しいからなんですよ。

 この日はメールアドレスを交換して別れましたが、年が明け早速我が家に遊びに来てくださることに。

12011202.jpg
 これまた別の友人からいただいたナガシマリゾート「なばなの里」のお土産、ピーターラビットキャラクターケーキ。

12011203.jpg
 左から、トム、ピーター、ピグリン、ナトキンの形をしたミニカステラ(ひと口サイズ)24個入り。

 ケーキの形がそれぞれのキャラクターになっていて、なかなか食べる勇気が湧かなかったのですが、ピーター好きのお友達と散々愛でながらパクッとひと口。ほんのりチョコ味で美味しかったです。

 今年はピーターラビットと仲間たちの23作品をじっくりと読み込みしたいというお話を伺い、私もちょうど原書と一緒に読み込みしようと思っていたんですよと意気投合。仲間がいるとますます楽しいピーターワールドが展開されますものね。じっくりと楽しみましょう。

江ノ島散策

ぶらぶら
01 /10 2012
 海の神、水の神、幸福、財宝、芸道上達の功徳がある江ノ島にある江島神社へお参りに行ってきました。
 

12011001.jpg
 
小田急線の片瀬江ノ島駅で待ち合わせのはずだったのに、JR藤沢駅の改札を出て何故か江ノ電に乗車してしまったため、江ノ島大橋までダッシュ!無事友人と合流できました。

 というのも、小田急藤沢駅改札の前で江ノ電乗り場が分からず途方にくれているおじいさんの手を取り、ホームまで案内したついでに、「江ノ電って藤沢から乗れたっけ?」と半信半疑のまま乗ってしまったという訳です。

12011002.jpg
 
天照大神が須佐之男命と誓約された時に生まれた三姉妹がそれぞれ、奥津宮、中津宮、辺津宮のそれぞれの社に祀られ、それらを順番にお参りしていきました。

12011003.jpg
 
参道を上がったところに本社の辺津宮。ここだけ参道の階段下までお参りの行列ができていました。せっかくエスカー(有料エスカレーター)であがってきても、また下がって順番待ちしなくちゃならないという。

12011004.jpg
 
辺津宮の御賽銭箱は、巾着袋の形をしていて、「何でも引き受けまっせ~」と、頼もしく感じるほどずっしりと重量感がありました。そんな賽銭箱に感心しながら、熱心にお参りする花雪さん。願いが成就できますように~。
 

12011005.jpg
 
辺津宮の隣に八角のお堂の奉安殿があり、こちらに日本の三大弁財天のひとつとして有名な妙音弁財天が祀られていて、芸道上達の功徳があるとか。

12011006.jpg
 
辺津宮から階段をさらにあがり、三姉妹の真ん中(辺津宮は妹)中津宮の社へ。階段を少し上がるだけなのに、先程の混雑ぶりはどこへ。空気が清らかになり、静かな居心地良い雰囲気。ここには女性に嬉しい「美人守」なんてものがありましたが、残念ながら閉まっていて買えず。

12011007.jpg
 
最後に少し離れた場所にある奥津宮へ。ここは他のふたつと比べ物にならないぐらいの、空気がキーンと張りつめたかのような別世界の静寂さと荘厳な雰囲気を感じました。ここが最もパワーのある三姉妹の長女が祀られている社です。

12011008.jpg
 
無事お参りを済ませたら、奥津宮の隣に江ノ島神窟「龍宮大神」が。シャッターが降りた岩窟の上に、龍が迫力ある姿で睨みをきかせてます。

12011009.jpg
 
稚児ヶ淵に向かう途中、江ノ島名物しらす丼をいただきました。しらす漁は禁漁期ということで、釜揚げしらすがたっぷりとのった丼です。しらすの上にのった生姜がちょうど良い塩梅で美味しかったです。
 

12011010.jpg
 
稚児ヶ淵から見た相模湾。天気も良く、それほど寒くもなく、散策日和の一日でとても楽しかったです。写真枚数が多いので、レポートはここまで。おまけ画像はまた別記事にエントリーします。

江ノ島散策おまけ画像

日常
01 /10 2012
 江ノ島散策おまけ画像
12011011.jpg
 稚児ヶ淵からの戻り道、お饅頭屋の中村屋さんを左に曲がると近道があると教えられ、江ノ島の西側を回り込むような地元道がありました。そこで出会った野良ちゃん。「なんだよ、こっち来るな」と睨みつけられちゃった。

12011012.jpg
 江ノ島の頭上を「ピーヒョロロ」と良い声で鳴くのがトンビ。体は大きいのですが、顔は意外と小さく可愛い顔してます。でも大好物はマクドナルドのハンバーガーらしく、海岸で食べようと思って置いた途端、一気に急降下して持って行ってしまうとか。

12011013.jpg
 江島神社の参道沿いのお店で行列ができているところがあり、名物「丸焼きたこせんべい」を作っていました。いいだこを置いた鉄板の上に、さらに分厚い鉄板でプレスして蒸気がむわぉ~と上がり、シューーーと音がしてしばらくすると出来あがり。パリパリの薄さ、熱々の煎餅となります。お味は、出来たてはみなどれもおいしいけれど、タコの味はそれほどでもなかったかなぁ~。

12011014.jpg
 江ノ島散策も終わり帰路につくため再び江ノ島大橋を歩いていると、みな江ノ島方向にカメラを向けている。振り向くと雲の隙間から太陽の光が幾重もの光線となる「天使の梯子」が。最後にこんな素晴らしい光景までプレゼントしてもらい、江ノ島散策は終了。以上、おまけ画像でした。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。