• カルトナージュの基本の箱作りとして、キャンディボックスを作りました。土台となる箱部分は、相変わらずの下手ぶりですが、作り方はなんとなく記憶していました。取っ手付き蓋は、以前作ったキャンディボックスを何度も確認しながらサイズ調整しましたが、調整が微妙で蓋の閉まり方がぎこちないです。取っ手部分は、セリアの引き出し用つまみを使用しました。見えない部分もピーターの生地で仕上げました。フワフワした幻想的な雰... 続きを読む
  • 友人より「ピーターラビットトレイ」のカルトナージュキットをいただき、いつか作ろうと思っていたのがようやく完成しました。刺繍作家の高石由利子さんのカルトナージュキット「ピーターラビットトレイ」高石さんの作品は、リネン生地を使用して作ることが多く、キットについてきた生地もコットン85%、リネン15%のもの。実を言うと、初心者には扱いが難しいリネンを極力避け、コットン100%で作品を作っていたので、私にとっては上... 続きを読む
  • 2年前にカルトナージュのレッスンで習った「写真立て」を作ってみました。ブログ記事「ヨーロッパカルトナージュ協会レッスン2「写真立て」(2014/7/26)」レッスンを受けたヨーロッパカルトナージュ協会は、必要材料のカルトン、生地はもちろんのこと、道具である筆やボンドに至るまでほぼすべて用意してくださるので手ぶらでもレッスンが受けられるのですが、レジュメは用意されていません。もしレッスンの復讐をしたい方は、キ... 続きを読む
  • 「ポイントを押さえてかんたん・きれい カルトナージュBOOK 基本レッスンつき」井上ひとみ(著)日本ヴォーグ社(刊)こちらに掲載されていたウェットティッシュケースを作成しました。基本の箱作りは、手順すべてが写真で掲載され、見た目でとても分かりやすく、どうにか作成することができました。しかし、次に何を作ろうとページをめくり、ウェットティッシュケースを作ろうと思い、付属の型紙をカルトンにトレースしてカッタ... 続きを読む
  • カルトナージュのレッスンで作成したキャンディボックスは、取っ手金具の蓋でしたが、マグネット式の蓋で作成してみました。 蓋のパーツの角を斜めに落としてあったり、どうやって貼りつけるのって最初は四苦八苦しましたが、なんとか完成しました。その出来栄えに満足していたのですが、 蓋を開くと、「あーーやってもうた」うさぎが逆さまです(^^;; 次は、蝶番い式蓋でキャンディボックスを作りました。&nbs... 続きを読む

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ