• 英国旅行記の中でも、日本一詳しくまとめた「ヒルトップ農場」についての記事、今回が最終回です。日本一なんて大層なことを書きましたが、内容はマニアック過ぎますし、更新頻度は遅いですし、読者の皆さまにおかれましては、きっと呆れていらっしゃることと思います。(^^;前回書いた記事から2カ月以上経過したので、少しだけ振り返ります。私達は「ヒルトップ農場」がオープンする30分前の9時30分に到着し、まずはチケット... 続きを読む
  • 英国旅行記の続き、ヒルトップ農場へ朝一番で入場し、ヒルトップハウスを見学した後、まずは前回の英国旅行記のブログで、ヒルトップ農場の道路に面した入口から、ヒルトップハウスまでのアプローチに広がる「コテージ・ガーデン」のお花畑を紹介しました。続いて紹介するのは、家庭菜園の部分です。家庭菜園は、ヒルトップハウスの入口正面にアイアンゲートのある石垣で区切られた真四角のエリアです。 こちらは以前の家庭菜... 続きを読む
  • 英国旅行の続き、ヒルトップ農場のあるニアソーリーへ到着したのが午前9時30分。チケット売り場でその日開場一番である10時の入場チケットを入手し、ヒルトップハウスを1階、2階と見学して外に出るまで、滞在したのはちょうど30分間だった。私が18年前、初めて湖水地方を訪れた際、現地の一日観光ツアーでヒルトップ農場に訪れ、その時はツアースケジュールの関係で、ヒルトップ農場の滞在時間はわずか30分だった。この見学時間... 続きを読む
  • 英国旅行の続き、旅行に出かけてから既に半年が経過しましたがまだ全然先に進まず(苦笑)。気を取り直してヒルトップハウスの2階ニュールームへ。  階段を上り、階段に背を向けた右手側、人とすれ違うのも難しい狭くて暗い廊下を進んだ先に、明るく開放的な比較的大きな部屋「ニュールーム」とビアトリクスが呼んだ部屋がある。 この部屋は、1906年に増築した2階部分で、他の部屋よりも約60㎝ほど天井が高く、壁2面に... 続きを読む
  • マイペースなのんびりした更新ペースですが、引き続きお付き合いください。英国旅行の続き、ヒルトップハウスの2階、宝物の部屋の隣、プライベートリビングへ。1階の応接間ほど堅苦しくなく、家族や親せき、親しい人と集いリラックスする部屋として利用されたとか。部屋の大きさは、6畳間ぐらいで、四方の壁に絵画が何点も飾られている。絵画は、宝物部屋がファンタジーの作品が多いのに比較して、この部屋の作品は山や海の景色を... 続きを読む

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ