• 英国旅行の続き、ヒルトップハウスの2階、寝室の次は宝物部屋へ。宝物部屋(Treasure Room)は、4畳半ほどの小さな部屋。ここにビアトリクスの大好きなグッズが収められている。ビアトリクスは、ここで大好きなグッズに囲まれ、棚より取り出しては眺め楽しみ、イマジネーションを膨らませ、そして再び現実へ立ち向かう気持ちを奮い立たせていたのだろうか?宝物を見て行く前に、ビアトリクス自身の収集歴について振り返ると、有名... 続きを読む
  • 英国旅行記の続き、ビアトリクスが本の印税と、叔母からの遺産を資金にヒルトップ農場を購入したのが1905年。それまでに既に6冊の絵本を出版し、そこから先ヒルトップ農場や、農場のあるニアソーリーが絵本の舞台として度々登場する。と、これまでの大事な年号をおさらいをして、さて続きを。ヒルトップハウスの2階は、寝室、宝物部屋、プライベートの居間、ニュールームの4つの部屋が公開されている。まずは寝室へと足を踏み入れ... 続きを読む
  • さて、前回の続き、英国 湖水地方ニアソーリーにあるヒルトップ農場のヒルトップハウス内部見学。1階を見て回り、2階へとつながる階段にもたくさんのエピソードが。ヒルトップハウスの2階へと続く階段(The Staircase)は、最初から取り付けられていたものではなく、途中で付け加えられたものだった。17世紀末に建てられたヒルトップハウスは、玄関ホールに小さな螺旋階段(spiral staircase)が取り付けられていた。 18世紀... 続きを読む
  • ヒルトップ農場にあるヒルトップハウスは、どこもかしこも絵本の舞台として描かれ、時が止まったかのように感じる空間が広がる。ラッキーなことに今回で3回目のヒルトップ、少しは落ち着いて見学できるかと思いきや、憧れの地に足を踏み入れることができ興奮して動悸が抑えきれず、旅行前に予習したというのに本番で頭が真っ白になってただただ夢中でシャッターを押し続けた。文章に書いた説明通りに写真撮影ができていない言い訳... 続きを読む
  • ビアトリクス・ポターの聖地を巡る旅は、いよいよヒルトップ農場へと足を踏み入れることができた。見学できるのは、ヒルトップハウスと、ガーデン、ショップの3カ所。農場部分は柵で仕切られ立ち入り禁止だが、現在も羊などを飼育し農場を経営している。ここで飼育されている羊は、ビアトリクスが種の存続に尽力したハードウィック種と思われがちだが、ハードウィック種は高地向きの品種の為ここではあまり見かけない。この場所は... 続きを読む

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ