FC2ブログ

初詣御朱印巡り

神社巡り
01 /04 2019
神社巡りの目的が御朱印をもらうためになりつつあります。

19010406.jpg 
北口本宮富士浅間神社の御朱印

本日訪れた「北口本宮富士浅間神社」と、「大塚丘」の内容は、笑っちゃうぐらい前回書いた記事とそっくりそのままのコースを巡っていました。


19010403.jpg 
食べたものも「吉田うどん」と一緒ですが、今回は肉ではなく天婦羅でした。

なので内容は前回記事を参照していただき、今回は富士山パワースポットのひとつ「大塚丘」のヒノキについて追記します。

190104.jpg 
鳥居の奥にそびえたつのが御神木のヒノキ

一般的にスギなどに比べ成長が遅いとされているヒノキだそうですが、ここ大塚丘のヒノキは樹高22mと巨樹として成長しました。平成4年、市の天然記念物にも指定されました。

19010402.jpg 
そんな有難い御神木パワーをいただく

続いて新倉山富士浅間神社と新倉山浅間公園へ。
19010405.jpg 
新倉山富士浅間神社

19010407.jpg 
この神社も何度も訪れているのですが、行くたびに御朱印帳を忘れ貰い損ねていた御朱印をようやくいただくことができました。

19010404.jpg 
この神社は山の麓に神社があり、ここから「咲くや姫階段」を398段登った先に新倉山浅間公園があります。ここからの眺めが近年ミシュランのガイドブックの表紙に採用されたことから大人気スポットになりました。冬はほぼ高い確率で富士山を望むことができるので忠霊塔と富士山の写真はバッチリ撮影できます。

次に訪れるのは桜の季節かしら?いずれにせよ、朝早くか、ツアー客が一段落する午後から訪れるのがお勧めです。

この後、ダイヤモンド富士の撮影に挑戦しましたが、それはまた次の記事にて。

神社巡り 新屋山神社

神社巡り
05 /08 2011
 田貫湖からの帰り道、富士山をぐるりと半周し、山梨県富士吉田市にある新屋(あらや)山神社へ行ってきました。
 
 
北口本宮冨士浅間神社より道路を一本隔てた場所にあり、住宅街の奥にひっそりとたたずむ神社。
 
この神社は、一歩進むごとに鳥居をくぐり、10数本ほどの鳥居をくぐった先に本宮が。本宮の手前に通常ならばあるはずのものがありません。そう、御賽銭箱がないのです。「あれ?」って顔をしていると、巫女さんが「御祓いしてあげますので、靴を脱いであおがりください」と声をかけてくださいます。そして、神様へ御奉納する御玉串を手渡していただき、参拝作法にのっとりお祈りしました。ぶらりと訪れた参拝客に対してこのように接していただく神社は初めてで、かえって参拝作法に無礼がないようにと少し緊張しました。

 本宮を後にして、続いて同じく新屋山神社の奥宮へと向かいます。国道138号線の「浅間神社東口」交差点を富士山に向かって真っすぐ進みます。
 
道の行きどまりに建つ「中の茶屋」(標高1100m)。麓から富士山を目指す方がひと休みする茶屋で、創業はなんと1706年。
 
茶屋にかかる道標。茶屋の周囲には石碑がたくさん建ち並び、そのどれもが苔むして時代を感じさせます。さて、奥宮へは中の茶屋より滝沢林道を8.5キロ進んだ場所にあります。滝沢林道は雪が積もると閉鎖されるため林道入口にゲートがありますが、今年は5月3日にオープンしました。
 
ぴったり8.5キロ先に「新屋山神社奥宮入口」の看板が。車はこの看板を進んだ先にも数台駐車スペースがありますし、
 
 
また少し先にも駐車スペースがありました。駐車スペースより仰ぎ見る富士山。遠く離れて見る富士山も素晴らしいのですが、間近で仰ぎ見る富士山の力強さもまた素晴らしいのです。そう、奥宮は富士山二合八勺(標高1700m)地点にあります。
 
こんな山の中に奥宮があるなんて驚きですが、参拝客も次から次へと切れ目なく訪れます。新屋山神社のお社は、通称「金運神社」とも言われるぐらい、金運がアップすることで有名になったとか。
 
神社の鳥居のすぐそばに生える御神木。御神木の表皮になにやら浮き出ているではありませんか?!この神社の祭神である大山衹大神(おおやまづみのおほかみ)がお札に描かれているのですが、御神木の模様がそっくりなのです。こんな不思議なことがあるんですね。
 
お社をお参りした後は、環帯状石組(ストーンサークル)が神社の奥にあります。石の外側を時計回りに三周し、参拝すると御利益があるとか。こんなパワースポットがあったとは。

 こちらでも神主さんによる御祓いを受けることができ、お子様の参拝客にはカエルの御守がプレゼントされていました。
 
 
金運御守を購入したら富士山羊羹と、団扇せんべいのお裾分けをいただきました。なんとなく金運がアップしたような、そんなホクホク気分です。

 新屋山神社
 http://www.yamajinja.com/

神社巡り 北口本宮冨士浅間神社

神社巡り
01 /30 2011
 西湖の樹氷まつり会場を後にして、次に向かったのは河口湖と山中湖の間にある北口本宮冨士浅間神社。
 と、その前にランチ!富士吉田名物「吉田うどん」をいただきました。
 
肉うどん 400円
 
とにかくうどんが太い、コシがあり、硬いのが特徴の吉田うどん。讃岐うどんのように、ツルツルとのどの奥に入っていきません。口の中にちぎって入れ、何度も噛み砕き、スープをひと口ずつ口に含みながらようやくゴクン。この繰り返し。最初はとまどうこの感触も食べ終わる頃には癖になります。この地方の名物なので一度はお試しあれ。
 
北口本宮冨士浅間神社大鳥居
 
手水舎 龍の右手には、常に降り注ぐ水しぶきで氷の玉ができていました。
 
拝殿左側にあるのが富士太郎杉。言い伝えでは樹齢1000年だそうな。右側には夫婦桧。拝殿奥には次郎杉と、とにかく圧倒される幹の太さと、見上げると首が痛くなるほどの背の高さ。御神木はどうしてこんなにもすごいパワーがあるのでしょうね。
 
拝殿。
 

 
お楽しみのうさぎ柄絵馬3種
 
御利益ありそうなうちでの小槌型絵馬
 
2011年50円の年賀切手柄にもなった張り子「首振り招福卯」。これは福島県西会津町の野沢民芸品製作企業組合が20数年前より作り続けてきたものだそう。丸々とした顔がぶらんぶらん揺れる様は、とても愛嬌があり思わず「クスッ」と笑ってしまいます。 
 
ここから富士登山道吉田口。富士登山される方はまずこの鳥居をくぐって登山中の無事をお祈りした後、登山を開始します。現在は、五合目まで車でヒョイと登れますが、昔の人達は麓の浅間神社より歩いて登られたのですね。私も登りきった後の達成感を味わいためだけに、ふもとから徒歩で登ってみたいという気持ちはあるのですが、根性無しですから無理ですが。。。

 でも、ここ北口本宮冨士浅間神社にお参りされたなら、この登山道吉田口をほんの5分ほど富士山の方角に登ってください。 
 
大塚丘(おおつかおか)富士山に向かって左側に鳥居が見えて、丘の上に小さな祠があります。言い伝えによると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、賊徒に追われ富士の神に祈念し窮地を脱したとされる場所です。
 
見過ごしてしまいそうな小さな小さな丘ですが、ここは富士山パワーがあふれ出ている場所らしいです。鈍感な私にはまったくそんな力は感じられませんが(^^;
 
山ではなく丘ですから、ほんの数歩で頂上にたどりつきます。ここで全国のうさぎさんたちの健康を、もちろんお友達のうさぎさん、ことりちゃんくんの一日も早い回復をお祈りして参りました。うさぎさんは神様の使いですからね。きっと願いを聞き届けてくれることでしょう。

神社巡り 調(つき)神社

神社巡り
01 /14 2011
 2011年うさぎ年第1回目のピーターラビットお茶会を開催しました。新宿で開催されているピーターラビットフェアに参加するという大きな目的がありましたが、でもその前に浦和(埼玉県)まで足を伸ばして、うさぎ神社で有名な調神社を参拝しました。

 埼玉新聞 1月6日付 「うさぎ年で初詣参拝客が急増、調神社22万人」
 http://www.saitama-np.co.jp/news01/06/07.html

 うさぎ好きにとっては、うさぎの健康を毎年でも願いたいと思う神社ですが、今年はうさぎ年ということで大人気初詣スポットになったようです。浦和駅から調神社へ向かう途中、「卯年の初詣は、兎が守り姫の浦和調神社へ」という案内ボードが。
 向かって右側の狛兎
 向かって左側の狛兎

 この神社には鳥居がありません。本来ならば鳥居がある正面入り口の両側に狛兎がいます。狛兎の形を覚えておいてくださいね。後でもう一度登場します!
 手水所のうさぎ。このうさぎが迫力があってちょっと怖い。
 本殿
 うさぎの巨大絵馬
 巨大絵馬のデザインと、うさぎが守り姫の調神社オリジナルデザイン柄の2種の絵馬。
 本殿の裏にある池にもうさぎが2匹。
 池の橋を渡った先にあるのは旧本殿。こちらにも矢印の先にうさぎがいます。
 JR浦和駅西口の浦和観光案内所には、御菓子「松月堂」の招きうさぎが購入できます。うさぎの形をしたおまんじゅうが6個入って、餡も3種類。ひと口サイズでおいしいおまんじゅうです。
 調神社の神楽焼の調宮兎守。狛兎の形がそのまま御守になりました。「この兎を所持して戴くことにより、大神様の広大無辺な御人徳を受けることができます」とあります。あ~ありがたや、ありがたや。
 アイコの御守。健康で長生きできますように~。

神社巡り 箱根神社

神社巡り
01 /10 2011
 3連休最終日は箱根神社へ。元日に初詣で訪れた際、駐車待ちの渋滞の列にはまり、まったく前に進むことができず、お参りするのを諦め帰宅。この日も駐車待ちの車で渋滞していましたが、前回ほどではなく、箱根神社の山側駐車場へ。
 前日降り積もった雪(積雪4cm程)の影響で、うっすら雪化粧された箱根神社の本殿。
 本殿にかけられた巨大絵馬。芦ノ湖と箱根神社を背景にうさぎが跳ねている図。
 箱根神社の隣にある九頭龍神社新宮。
 同じ柄はふたつとない寄木細工柄の絵馬御守と、
 同じく寄木細工柄の開運招福十二支御守。寄木柄だけに、「寄喜(寄木)御守で、喜びを寄せて」という願いもこめられているらしい。絵馬の方は、うさぎ部分が取り外しできる仕掛まであり、凝った造りになっている。
 破魔矢にも、ミニうさぎ絵馬付き。
 開運ミニ土鈴「卯っ子」このお守りが欲しかったのですが売切れ!今年一番人気の御守だったようです。残念!
 箱根神社 平和の鳥居。

 元日に参拝した九頭龍神社本宮と白龍神社、そして箱根神社と九頭龍神社新宮。これで箱根のパワースポットすべて巡ることができ、パワー全開です。めでたし、めでたし。

 2011/1/1の記事「初詣その1 九頭龍神社本宮」
 http://rapeter.exblog.jp/14689909/

神社巡り 諏訪大社 上社本宮

神社巡り
01 /09 2011
 Mt.乗鞍スキー場からの帰り道、既に辺りは暗くなりましたが、せっかくなので諏訪大社へ立ち寄りました。

 御柱祭なので有名な諏訪大社は、日本最古の神社のひとつだそうな。明るいうちなら御神木の大木群がひしめき、荘厳な雰囲気なのでしょうが、暗くて何も見えません。
 この神社は拝殿が境内の正面ではなく、横向きにあるため、どのように参拝すればよいか最初とまどいましたが、幻想的な明かりに照らされたこちらが拝殿でした。
 諏訪大社の福を呼ぶ開運絵馬は、地元の挿絵画家、平林いずみさんによる作品が描かれたオリジナルでした。タイトルは「うさぎと万治の石仏」だそうです。

 参道の売店も暗くなると同時に店じまい。行き交う人もまばらでしたが、鳥居越しに月が見られるのもこの時間帯ならでは。昼間と違い、夜の神社も幻想的で素敵でした。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。