FC2ブログ

果物詰め放題に挑戦と初夢

日常
01 /02 2019
今日から実家に帰省するつもりが、喉の調子が悪く、体はフラフラするし、咳、鼻水と、風邪の諸症状が出たので、実家の方ではきっと用意してくれていただろうけれど、風邪をうつしては大変なので帰省を断念しました。

幸い食欲はあり、風邪薬を飲んだら諸症状は落ち着きました。

さてここからが本題、実家に帰るつもりだったので、冷蔵庫の中を空っぽにした為、スーパーマーケットへ買出しに行ったところ、いつも行くスーパーでは珍しい「詰め放題」があった。

19010201.jpg 
ニュージーランドキウイ15個とアボカド1個とレモン1個を詰めて500円!
19010202.jpg 
風邪にはビタミンCがたくさん必要ですからね。なんともグットタイミングな詰め放題でした。
19010203.jpg 
ところで私の初夢ですが、なんともちっちゃな夢「目玉焼きを食べる」でした。

よっぽど食べたかったでしょうね(^^;

富士山の新パワースポット?

日常
01 /01 2019
2019年明けました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

19010103.jpg 
紅富士は撮影できませんでしたが、ド迫力のザ・富士山!

新年を占うおみくじの結果は「大吉」でした。
19010101.jpg 
枯れ木に花を咲かせてみせますよ~(笑)

場所を移動して御殿場高原時之栖へ。ありがた山に新たなパワースポットが誕生していました。
19010104.jpg 
この石に額と両手をつけて願うと、その思いが富士山パワーで叶うとか。

先月まで何もなかった場所に、突如パワースポット出現するなんて!この石にパワーがあるのかしら??ありがたや~~(^^)

2018年を駆け足で振り返り 「ビアトリクス・ポター研究の会」

日常
12 /30 2018
2018年、今年も残り少なくなり、この1年を駆け足で振り返ります。もっとマメにブログを更新しようと思っているのに、思うだけで行動が伴わない。もっとマメマメしくなるために、恒例のおせち料理は黒豆(マメマメしくなるよう)をせっせと食べるぞ!

1月 ピーターカフェで新年会開催
     レスポートサックでピーターラビットコラボ商品購入

2月 京王プラザホテルでピーターのスイーツブッフェ参加

3月 お台場「大江戸温泉物語」で車中泊
   上野動物園でパンダのシャンシャン見学
   うさぎシンポジウム参加

4月 資料館の開館12周年記念講演に参加
 「古代エジプトのヒエログリフで書かれた『ピーターラビットのおはなし』のおはなし」

5月 車中泊で新潟から北陸旅行へ

6月 英国旅行(湖水地方~グロースター~ロンドン)9日間

8月 池の平レイクサイドプラザで開催された「ピーターラビットの絵本の世界」in白樺湖に参加
  車中泊で乗鞍高原へ

10月 「ビアトリクス・ポター研究の会」で初の勉強会

12月 資料館の開館12周年記念クリスマス企画展に協力&参加

今年は6月の英国旅行を実現させるため、1月から出発間近までプランを練り、資料館の方々と話し合い、旅行会社に手配し、また持ち帰ってプランを練りの繰り返し作業に明け暮れました。おかげでとてもマニアックな濃い内容の英国旅行になり、その旅行記を書いては少しずつアップしている。書くのがスローペースな上に、内容もマニアックすぎて読んでくださる方を置いてきぼりにしてなければいいけれど(^^;

また、車を買い替えたことをきっかけに始めた車中泊も、長期休暇を利用して連泊で遠出して楽しんでます。北海道から九州まで、車中泊で巡ることができるかチャレンジする予定です。

この他に、金時山へのハイキング回数は128回(内、今年は12回)、富士登山に至っては0回でした。富士登山シーズンに骨折したのが、骨だけに響きました。

もうひとつ、私が毎日行っていること「ビアトリクス・ポター研究」ですが、ただ好きという情熱だけで、英語もまったく分からず頓珍漢な私なのに、英語翻訳と格闘しコツコツとやっとほぼ1冊翻訳できました。

そんな研究の日々の私を支えてくれるメンバーが現れ、自宅で初めての勉強会を開催しました。

181230.jpg 
勉強会その1「深く知るシリーズ「The Tale of Tom Kitten」(60分)
勉強会その2「挿絵画家として活躍するきっかけとその作品」(45分)

今後は私が立ち上げたグループ「ビアトリクス・ポター研究の会」を、メンバーと一緒にやっていくことになりました。次回は年明けの2月に第2回勉強会を行う予定。

色々とやりたいこと多々あるけれど、体はひとつしかないのでマイペースでコツコツやっていくつもりです。その先に夢が叶えられる道が待っていると信じて。

大急ぎで今年1年を振り返ってみました。今年アップしたブログ記事、この記事も含めて39本です。少なすぎですね。来年もチャレンジあるのみで頑張ります。どうぞよろしくお願いします。

「孤独のグルメ」で有名になった「わさび丼」

日常
12 /29 2018
18122904.jpg 
「孤独のグルメ」で有名になったわさび丼を作ってみた。

主役のわさびはおろしたてでなければいけないので、地元の「スーパーアオキ」(わさびの本場 伊豆に本店がある)に行ったところ、大きいのから小さい手ごろサイズまで販売されていて、

鮫皮のわさびおろしは持ってないので、100円ショップのおろし器でわさびをすり、ご飯の上にかつお節をたっぷり乗せ、そこにすりおろしわさび、醬油をまぶしていただきます!

ツーーーーーーン!!!!

わさび注意報:よくかき混ぜてから口に入れましょう。

わさびとかつお節だけなのに美味しかった!これ良いかも!!

18122905.jpg 
でも親指サイズの生わさびが1本580円は意外に高い?!根元まですりおろしてこれで二人分。

マンホールの蓋がカードに!マンホールカード第9弾配布

日常
12 /18 2018
18121402.jpg 

18121401.jpg 
「市内のマンホールカードが発行されますね!貰ってきてもらえませんか?」と依頼され、「マンホールカード?何それ?」ってホームページをチェックしたら、マンホールの蓋のデザインをコレクションするためのカードでした。

日本のマンホールの蓋は、訪れる各地によりデザインが異なり、特に観光地はカラーで見た目も美しいと思っていました。そのデザインは、訪れた記念に写真を撮影しても良いかなという気持ちにさせてくれる程ですから、それがカードになれば欲しいという方がいて当然です。

マンホールカード第9弾のキャッチコピー:

「日本のマンホール蓋は世界に誇れる文化物!奥深い『楽しさ♪』を1枚に詰め込みました!」

確かに、コレクションする条件が満たされているかもしれません。
・ご当地もの
・人気デザインが含まれる
・コレクションしやすい大きさ、見た目
・無料で配布

「無料」と聞けば集めてみようかなという気持ちになるかもしれませんが、人気のカードは「売れるかもしれない」という欲が働き、早速以下のようなニュース記事になっていました。

関連記事:静岡新聞SBS(12/15付)


市内のマンホールカードが発行されたその日、第9弾として60種類60自治体より一斉に配布され、静岡市のちびまる子ちゃんが描かれたマンホールカードは人気が高かった。配布場所は静岡市清水区だそうで、そこに行かないと貰えないシステムなので、交通費を考えるとオークションに出品されたものを買う方が早いという構図でしょうか?

マンホールカード第9弾の一覧

マンホールカード第9弾とは:

マイコレクションと言えば、集めたピーターのポストカードをどうしたものか、シミが出ないようシリカゲルを入れるぐらいしか思いつきません(^^;;

壁紙貼り替え

日常
06 /18 2017
うさぎと一緒に暮らした方は、多からず少なからず何かしらの悪さを経験されたことでしょう。

我が家も、家具という家具はダメにされるし、電気製品のコード類は一瞬で真っ二つにされたし、そして壁紙の被害も相当でした。

17060801.jpg
うさぎがうさぎ型に壁紙を齧り取る図(笑)

17060802.jpg
階段の上り口は、相当念入りに齧り取られ、壁紙だけでなく、下地まで齧られました。

ドアや柱の被害も相当ですが、やすりで削り、色を塗って誤魔化すことは可能です。しかし壁紙は隠しようがありません。

住宅の総合保険に加入しているので、ペットが壁紙を悪さした場合の修理代金に保険が適用されるか確認しましたが、犬、猫の場合は適用される場合も有、しかしうさぎはケージから出さない前提なので保険は適用されないとのこと。

こうして、いつかは綺麗にしなければいけないと思いつつ後回しにされていた壁紙を業者に依頼し貼り替えることにしました。

プロの手を借りて貼り替えるのは、玄関と、天井までの吹き抜け部分と、廊下と、階段部分です。

一番厄介な部分は、床から天井まで7mの吹き抜け部分。無地の壁紙をチョイスすれば、何も問題なく行えたと思いますが、チョイスした壁紙は木目模様の壁紙です。この壁紙をでこぼこだらけの天井や壁一面に貼っていくのですから、「無理でしょう」っていきなり職人さんたちが帰りそうな勢いになり、気まずい雰囲気でした。

職人さんたちがひとしきり打ち合わせした後、リーダー格のベテランさんが主導し、柄が合わない部分は角(端)で切るという方法で作業がスタートしました。

17060803.jpg
まずは壁紙剥がしから。綺麗に剥がれない場合もあるとのことで、壁紙の汚れはあったものの下地まではカビたりしてませんでした。

17060804.jpg
サンゲツ壁紙「木目」防カビ、抗菌、表面強化、汚れ防止の4つの機能が付いたロングセラー。

17060805.jpg
そして階段内側の壁紙は、サンゲツの「ウサギ」防カビ機能付き

17060806.jpg
模様の関係で、角で壁紙を切り取った個所に強度を保つため設置したモール(白色矢印部分)。

壁紙を貼り替える際、照明からスイッチプレートなど、外せるものはすべて外して作業するため、階段途中の大きな窓に取り付けた色褪せたロールスクリーンも新しいものに交換することにしました。

こういう機会でもなければ取り外すことすら出来ませんから。

17060807.jpg
新しいロールスクリーンは、インテリアショップではなくネット通販しました。今ではどのようなものでもネットで探せば見つかります。しかし、商品が届いて、無事に取り付けてもらうまでは、サイズは大丈夫かとか、取り付け問題ないかなど不安でしたが。

楽天市場 E-スタートで購入したロールスクリーン
ショップのページに我が家のロールスクリーンの画像が紹介されています。

発注してから商品が届き、取り付けが無事に終わるまで心配してくださったので、無事に取り付けられたと報告を兼ねて写真を送ると大変喜んでくださいました。ショップのページでも大きく掲載していただいてます。

17060808.jpg
階段ライトをつけると、お月様とウサギみたいでしょう。

17060809.jpg
この階段窓より富士山を鑑賞できます。電線が邪魔ですけどね。

木目の壁紙は、思わず木の感触を確かめたくなるほど出来がよく、防カビやペットの悪さにも負けない強さがある機能も付き、とってもお勧めな壁紙です。そしてもちろんウサギもね。作業は3人の職人さんが2日間で仕上げてくださいました。自分たちがちょろちょろやってたらいつまでも終わらなかったことでしょうね。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。