•  「うさぎ島」と呼ばれている島をご存じですか?広島県JR呉線「忠海(ただのうみ)駅」下車、そこから船に乗り換え10分ほど。周囲4キロしかない小さな島、大久野島には、半野生化したうさぎたちが300匹ほど暮らしています。この島は訪れる人間よりも圧倒的にうさぎの方が多い、うさぎだらけのうさぎ島です。ウサギとカメラの物語 瀬戸の毒ガス島、ウサギの楽園に  :日本経済新聞  朝刊 2011年1月27日付 (記事は、web会員... 続きを読む
  •  朝日新聞 朝刊 2011年1月21日付 「ウサちゃん 長く愛して」 うさぎを捨てる人後絶たず、病気や怪我をしているケースが多いという内容から、うさぎと長く付き合っていくためにどうしたらいいのか、うさぎを飼う人の心構えなどを紹介しています。また、うさぎが高齢となるにつれやがておとずれる衰えや介護についても。 うさぎの介護を専門とした、老うさホーム「うさこんち」(東京都町田市)を開業するうさこ母さんのお話... 続きを読む
  •  産経新聞2011年1月19日付「ウサギ受難 ”えとブーム”の陰で・・・」卯年を迎え人気が高まるウサギ、その裏で飼育放棄で公園や河川敷に捨てられるケースが増加。 記事内容: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000633-san-soci まだ卯年は始まったばかりだというのに、飼育放棄、遺棄関連ニュースが続きます。この記事内で、「小動物飼育用品メーカー「ジェックス」によると、国内のうさぎ飼育数は推計92万匹(201... 続きを読む
  •  読売新聞 2011年1月13日付 「捨てウサギ放置できず・・・飼い主をネット募集」 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110113-OYT1T00956.htm 読売新聞のネットニュースに「捨てウサギ放置できず・・・飼い主をネット募集」の記事が掲載されました。1998年から個人でまったくのボランティアで活動をなさっている方の紹介記事です。 うさぎの保護活動を始めるきっけかは、とある地方のラジオ番組にうさぎ好きで出演なさ... 続きを読む
  •  うさぎと一緒に暮らそうと考えた際、お世話するのにどれぐらいの費用がかかるのか計算してみました。 アイコの場合 主食: 牧草と野菜 おやつ: ペレット、サンコーサンフルーツ青パパイヤ、果物(リンゴ・パイナップル)、えん麦 お世話用品:ペットシーツ、バスマットワッフル、グルーミング用ティートリースプレー、グルーミング用コーム、コロコロ 牧草・・・プレミアムチモシー1番刈り 1カ月で約1.5キロ。 18532円... 続きを読む
  •  日本経済新聞 夕刊 2011年1月5日付 「捨てウサギ続出 『なつかない』『医療費高い』・・・保護団体『飼育、命預かる覚悟を』」 日経の夕刊に、早くも今年の干支が受難であるという記事が掲載されました。この記事で紹介されている日本愛護うさぎ協会によると、2005年発足時の保護数 10匹ほどだったのが年々増加し、2010年は東京、神奈川、埼玉、千葉で約50匹保護されたとあります。 また、大阪市特定非営利活動法人ラブア... 続きを読む

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ