FC2ブログ

iPhone向けのアプリ「ピーターラビットガーデン」

ピーターラビットに関する事色々
06 /09 2012
 期間限定の無料アプリで、iPhone用アプリ「ピーターラビットガーデン」が紹介され、ツイッター、FB、情報掲示板にて掲載し、無料アプリランキング6月8日はランク外だったものが、6月10日には3位までジャンピングアップ!

 どれぐらいダウンロードされたのか想像もできませんが、このアプリのストーリーは、ピーターがマグレガーさんの畑に忍び込み、野菜を食べていたところ、マグレガーさんに見つかって、ピーターの住むモミの木がある森まで追いかけてきたからさあ大変。家族みんなで新しい場所に引っ越しするという内容です。

 Lv.1からスタートし、畑をたがやして、おはなしに登場する小物(鉢やじょうろ、シャベルなど)を配置しながら、自分好みにカスタマイズしていきます。育てる野菜は、レベルが上がるごとに種類が増え、収穫量も育てるのに時間がかなり要するも増えていき、それに応じて遠くへ移動できるようになり、会える仲間も増えていく。

120630.jpg
 最初は小さな野菜畑。空き地が目立つ空間ですが。。。

12063002.jpg

 仲間が増えたら、遊び場や仲間の家も確保したりとやることが増えていく。始めは小さな畑もやがて一面野菜畑に。ガーデン内もどんどん手狭になり、スペースを広げ、花を植えたり、緑と土の色ばかりだったところがどんどん色数が増えカラフルになっていきました。

 ダウンロードしてから一カ月弱、毎日ピーターを庭を眺めては空想にひたり、物を移動させたり戻したりと。iPhone版だけでなく、アンドロイド版も早くリリースされると良いのにね。
12063003.jpg
 無料アプリランキング3位になった記念キャプチャー。

友人宅訪問

ピーターラビットに関する事色々
01 /26 2012
 先日「ピーターラビットバック」で紹介した近所にお住まいのピーターラビット大好きピーターラビット夫人のお宅にお邪魔しました。学生時代の仲良しのお友達からそのように呼ばれているとか。

12012601.jpg
 到着して出迎えてくれたのは、ランちゃん(♂)6歳。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルという種類。

 ビアトリクス・ポターが16歳の頃から10年間どこに行くのに常に一緒に連れ歩いた犬は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルという種類で、偶然ですが同じスパニエルの仲間なのです。

 ビアトリクスが飼っていた犬の名前はスポットで、写真も残されていますが、比較すると耳の特徴や顔の雰囲気などがランちゃんとどことなく似ている。スパニエル種の特徴的な斑点模様(スポット)が顔や体に出るのですが、ビアトリクスはその模様から、「スポット」という名前をつけたのかもしれません。

 ランちゃんは、ご覧の通り斑点模様が一切なく、これがまた可愛い秘訣なんだとか。

12012604.jpg

 こちらは自家製さつまいもで手作りしてくれたサツマイモパイ。ピーターラビット夫人が結婚された時に揃えたウェッジウッド ピーターラビットの旧刻印のプレートで出していただき、幸せに包まれたおやつタイムとなりました。

 話題はもちろんビアトリクス・ポターの作品について。おはなしの挿絵も物語の一部になっている点に注目すると、彼女の作品はもっと面白い一面が見えてくる、そんなことを話ながら、挿し絵に描かれたガーデンの美しさに目を奪われ、このようなガーデンをいつか作ることができればと、おしゃべりしていると次から次へと想像の花が咲きあっという間に時だけが過ぎていきます。

 自宅の庭にイングリッシュ・ガーデンを作りたいというピーターラビット夫人の夢を叶えるべく、まず手始め大東文化大学のビアトリクス・ポター資料館のガーデンを見学に行こうという話も飛び出し、私自身もまた花が咲いている時期に行ったことがないので、6月?7月?ぐらいに一緒に行こうと思います。

 ブログでの報告がすっかり遅くなりました。ごめんなさい。

ラッピング山手線

ピーターラビットに関する事色々
04 /11 2010
 4月5日よりJR山手線にピーターラビットのラッピング電車が通行するようになりました。この日の朝、「ピーターラビット山手線目撃しました」というメールをいただき、すぐにツイッターに報告しましたら、

 「月曜からの新ラッピング山手線その2は、大東文化大学 ピーターラビット「ビアトリクス・ポター資料館」が2編成(外回り23G/外回り27G朝+53G夕)です。トウ501とトウ511ですね。」
 (@chocodenさんより)

 このようなツイッター情報をPeterGardenなっつさんがリツィートしてくださり、「ツイッターってなんてすごいのだろう~」と情報の正確さと早さとに驚きました。
 そして、ポター資料館4周年記念イベントが開催されているこの日(11日)、私の携帯にはピーター電車に乗ったという友人たちが、わざわざ写真に撮って送ってきてくださいましたので、いただいた写真を電車のように一列につないでみましたよ。ありがとうございました!

 ラッピング山手線「大東文化大学 ピーターラビット「ビアトリクス・ポター資料館」号、出発進行~~シュッシュ、ポッポー!この電車にのってもビアトリクス・ポター資料館に行くことはできませんというオチつきですが。。。

 ポター資料館には、池袋駅で下車し、東武東上線にお乗り換えくださいませ~ってアナウンスしてくださるといいのにね。

タモシャンター

ピーターラビットに関する事色々
04 /07 2010
 タモシャンターをかぶるぐぅ

 この毛糸の帽子(タモシャンター)は、ベンジャミンの帽子をイメージしながら、大きさは我が家のうさぎサイズで母親が作ってくれたものです。耳を出すための穴をつけてくれたため、上手にかぶることができます。

 「ぼく、かっこいい?」From 月のぐぅ

 麦わら帽子をかぶったぐぅの写真を見てくださったsgさんが、「ベンジャミンの帽子も似合うことでしょう」とおしゃっていただき、確か撮影したはずと思いだしました!
 こんなのもありましたよ!今年こそは優勝だ!(←って、毎年そう言ってる?!)

現場見学会

ピーターラビットに関する事色々
03 /14 2010
 日本にヒルトップとそっくりな建物がビアトリクス・ポター資料館以外にも誕生しました。それも個人の住宅なんだとか。

 そんな夢を叶えてくれる会社は、インターナショナルデザインで描く美しい夢の輸入住宅を手掛ける「Dream of HousingのMaple Homes」です。

 ちょうどこの週末は、現場見学会が行われ、きっと大勢の見学の方でにぎわったことでしょう。私も友人と一緒にこっそり見に行きたいねと話していたのですが、用事がありましたので断念。

 メープル・ホームズのブログに写真付きで見学会の案内など紹介されていますので、将来はヒルトップそっくりな住宅に住みたいと考えていらっしゃる方は要チェックです。

 メープル・ホームズ
http://www.maplehomes.co.jp/

 メープル・ホームズさいたまのブログ
 http://sotodannetu.blog87.fc2.com/

公認ファンサイトのコラム11回目「春の大掃除」

ピーターラビットに関する事色々
02 /25 2010
 ピーターラビットの公認ファンサイトのコラムのコーナーに、11回目の原稿「春の大掃除」を掲載していただきました。

 「大掃除って、年末じゃないの?」

 そう、その通り!でもその習慣はなんと日本だけ?のものだとか。日本人は、年末のニュースで仏像のすす払いなどの映像が流れると、大掃除しなくちゃという気分に否が応でもなりますものね。でも寒い時期に窓を開けての大掃除は、想像するだけでも嫌なります。

 欧米では大掃除を春に行い、それを「Spring Cleaning」と言います。春は気候も良いですし、部屋の空気を入れ替えるには最適なんですが、花粉さえ飛び散っていなければいいのにね。

 『のねずみチュウチュウおくさんのおはなし』のチュウチュウおくさんは、2週間かけて春の大掃除をして、同じモリネズミを家に招待します。どんぐりのコップにハニーデュー(樹皮から分泌される甘い汁)をそそいでを乾杯!

 お掃除をした後って、なぜだか無性にお客様を招待したくなりますものね。写真は、秋のハイキングで道端に落ちていたどんぐりの殻斗(カクト)の部分、『のねずみチュウチュウおくさんのおはなし』で、どんぐりのコップとして描かれています。

 それから、刺繍図案に登場する春の大掃除の妖精について、友人が教えてくれたのでご紹介します。
「1997 Prairie Fairieの図案」

この図案の説明に、

 「春の大掃除の妖精は、ほこりにまみれたウサギに乗ってやってくる。
  アザミで作られたモップを持ち、石鹸水をまきしらしながら、
  いつもの家事に取り組むかのように準備万端だ。」

とあります。そういえば、我が家のぐぅも家具の隙間に入り込んでモップ代わりになってましたっけ?こんな妖精さんがいたらお掃除も楽しくなりますね。

 ピーターラビット公認ファンサイト コラム「春の大掃除」
 http://www.peterrabbitclub.jp/user_data/column_100225.php

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。