FC2ブログ

ウェッジウッドのピーターラビット柄食器、復刻版「グリーンライン」

ピーターラビットグッズ
03 /24 2019
ウェッジウッド社のピーターラビット柄の食器は、ファンであればほぼ確実に食器棚におさまっていることと思います。

ウェッジウッドが最初にピーターラビット柄をデザインに取り入れたのは、『ピーターラビットのおはなし』出版45周年の記念の年である1947年、同年、英国湖水地方の「ヒルトップ・ハウス」が一般公開された年でもあります。

1947~1955年まで「ナーサリー・ウェア」として、ピーターラビット柄のテーブルウェア・コレクションが発売されましたが、ティーカップ&ソーサーや、プレートなど10アイテム。これがウェッジウッドのピーターラビット柄の始まりです。

このシリーズのバックスタンプは、「CM6466」で、明るいグリーンの色目でラインが入り、両面でなく、ハンドルや、側面、内面もピーターラビットのパターンがあり豪華なデザインでした。

1955年にバックスタンプが「CM6522」となり、1957年より、釉薬がクリーム色へ、材質がアーザンウェア(硬質陶器)へと変更になり、1947年当初のグリーンよりさらに深みがある色目でラインがあるタイプのバックスタンプが「N526(グリーンライン有)」、バックスタンプが「N527(グリーンライン無)」が発売されました。

これが、ウェッジウッドのピーターラビット柄の最初のシリーズ「ナーサリー・ウェア」の歴史です。

そして2018年、ウェッジウッドから初代ピーターラビットコレクション、日本で「グリーンライン」と呼ばれている(英国では「ナーサリー・ウェア」)が、数量限定で復刻しました。

「グリーンライン」と呼ばれる所以は、デザインされた本の見返しにある蔦模様(公式では唐草模様となっている)をグリーンのラインで描いたことと紹介されていますが、実際は、1947年からの最初のデザイン、縁にグリーンのラインがあるということなんですよね。私達ファンの間では、グリーンラインが有るか無いかで、その食器の時代が分かるひとつの指標になっています。


nu646604.jpg 
こちらは、バックスタンプ「CM6466」で、初代の1947年から1955年製造のもの。カップの縁にグリーンラインが入ったもの。

nun52701.jpg 
こちらは、バックスタンプ「N527」で、二代目のデザイン1957年から1960年代まで製造されたもの。カップの縁にグリーンラインが入っていないもの。

201803.jpg 
こちらは、2018年初代ピータラビットコレクションが復刻されたもの。カップの縁にグリーンラインがないので、正式には初代ではなく、二代目のデザインの復刻となると思われます。

201802.jpg 
2018年グリーンライン復刻デザインのボール

201801.jpg 
2018年グリーンライン復刻デザインのプレート大(下左)、プレート小(下右)

201805.jpg 
2018年グリーンライン復刻デザインのティーカップ

201804.jpg 
2018年グリーンライン復刻デザインのマグカップの柄のアップ。昔のデザインを復刻させるのは、かなりの技術を要するそうで、明るめの色調、デザインの線がくっきりするといった特徴を、わざとぼかしながら昔のデザインに寄せているとの説明でした。

またこれまでのピーターラビットの食器は、バングラデシュで製造されていましたが、この復刻デザインを機に、今後は英国製に切り替わるそうです。

これら復刻の初代ピーターラビット食器は、百貨店での販売が終了し、アウトレットのウェッジウッド専門店での販売となりました。アウトレット価格は、定価の3割引、1万円以上購入でさらに1割引きとなりました。もし私みたいに、初代じゃないしと躊躇されていた方は、これを機会にアウトレットに足をお運びください。実物を見て、手にとると、アーザンウェアの良質な食器、絵柄も可愛いピーターラビット、欲しくなること間違いなしと思われます。

よく停滞するブログですが、皆さん見捨てないでくださいね。これからは心を入れ替え、ブログ更新がんばります。よろしくお願いします。

予定外に散財

ピーターラビットグッズ
03 /01 2018
ブログ、また間が空きましたね。
昨年の車中泊の記事を書き終えて安心して次に書くタイミングを失っていました。

さて、年が明けてもう3月です。びっくりするぐらい早く時が過ぎていきます。私の中で最大のイベント、かつてない規模で開催されたビアトリクス・ポターの原画200件以上が展示された「ピーターラビット展」が終わってしまい、今年は盛り上がりに欠ける年になるのではと思っていたのですが、ところがどっこい予定外に散財してしまいました。

1月、実家に帰省した際、近所のイオンモール(とにかく広い)をぶらぶらしていたら、手芸センタードリームが出店されていて店内がピーターラビットの生地で作った作品だらけでした。日傘風傘、バッグ、エプロン、ワンピース、帽子など。傘はキットが販売されているそうで、とても可愛いです。
18010302.jpg 

1月の散財、ピーターの生地を1万円ほど(^^;)
18010303.jpg 

2月、レスポートサックとピーターラビットがまさかのコラボ!誰がこうなることを想像していたでしょうか?デザインは、ちょっと引いてしまうぐらい明るい色調で、私には似合わないと思いつつ購入してしまいました。

2月の散財その1 レスポートサックのバッグとポーチ 1万6千円ほど(^^;)
18021501.jpg 

2月、コラボといえばもうひとつピンクハウスとピーターラビット。このコラボは今回で3回目ですが、フリフリではない刺繍シリーズが登場しました。その刺繍の出来栄えにひと目惚れしてしまいました。

2月の散財その2 ピンクハウス刺繍パーカー ご想像にお任せします(^^;
18021502.jpg 

背中側にデザインされたピーターの刺繍。この出来栄えに心を鷲掴みされました。
18021504.jpg 

3月、2016年からシリーズで発売されているロイヤル・ミントより発行されるビアトリクス・ポターの記念硬貨が、2018年も発売というお知らせが届きました。もちろんこれは見逃すわけにまいりませんということで予約しました。

180301.jpg 

いやぁ~怒涛のように過ぎた3か月、お財布はすっからかんで春の嵐が吹き荒れてます。ど~しましょう。

2016カレンダー

ピーターラビットグッズ
11 /25 2015
毎年カレンダーはピーターラビットですが、来年のカレンダーをどうしようかと悩み購入しないでいたら、気づけばアマゾンや、他の通販サイトも売り切れ状態になってしまいました。

こうなったら本屋で探すしかないと、紀伊国屋書店梅田本店で見つけました。

ピーターラビット オリジナルカレンダー2016
15112501.jpg
15112502.jpg

壁に掛けた時のサイズと、予定の書き込みやすさが一番しっくりくるのは、やっぱりピーターラビット!

ユニクロよりピーターラビットスウェットプルパーカー発売

ピーターラビットグッズ
09 /03 2015
ユニクロUTxピーターラビットの第一弾はキッズサイズでした。「可愛いけれど、着れないじゃない」と、一度はがっかりしたものの店頭で見ると150サイズのスウェットワンピースなら着れるかもと購入。

15090301.jpg

でも子供サイズは大人の私にはやっぱり無理だった(^^;

15090302.jpg
まもなくしてレディースサイズのパーカーも発売に。「見るだけ」と思ったのに、選びに選んでこのふたつを購入しました(^^)

15090303.jpg
絵本柄と、やたらとヒゲが濃いチビピーター柄

15090304.jpg
さらに偶然見つけたニットセーター。これはどう見ても怪しいけれど、可愛すぎてついついポチッとしてしまいました。商品名にピーターというロゴがなければ商標登録されていない絵柄でこのようなことっていいんですかね??

15090305.jpg
真ん中に大きく「The World of Lora Rabbit」って。どう見てもピーターなんだけどね。

ブランド名は、ローラ・フェビアン(Lora Febian)で、商品名は「Miss Jolie Rabbit」です。色はアイボリーとグレーの2種類で、サイズはひとつしかなく、イギリスサイズの8to14(日本サイズで9号から15号まで)みたいな。
モデルさんが着こなしているみたいにスラッと着こなせなかったけれど、こちらはなんとか着れそうです。

日本でも扱っているお店があったけれど、ピーターラビットという名前で販売できないから見つけられるかな?こっそり教えてってリクエストあれば鍵付きでコメントしてくださいね。売り切れていたらごめんなさい。価格はセールなのか送料込で4000円でしたよ。

15090306.jpg
袖口がとってもキュート!

15090307.jpg
裏も表同様のプリントがあり、大きく目立つロゴはなし。

15090309.jpg
肩口のところにも細かい描写があり、

15090308.jpg
なんとも心くすぐりますよね。薄手のニットですがとても暖かく、この下にユニクロのヒートテックなんぞ着れば十分寒さをしのげそうです。
おっと、お後がよろしいようで(笑)

シール集めて食器とパズル

ピーターラビットグッズ
06 /05 2015
8月10日までのキャンペーンですが、マックスバリュ東海の各店舗(一部除く)で、「ピーターラビットの食器を手に入れよう」が開催されています。このキャンペーンは全国各地のスーパーなどで開催されているのですが、少し前まで北海道帯広方面のスーパーいちまるにて開催されていました。

15060501.jpg


このキャンペーンは、1000円買い物毎にピーターラビットのシールを1枚もらうことができ、そのシールを12枚集めると、ピーターラビット柄の食器を特別価格(最大69%オフ)で購入できるという内容です。

12枚からキャンペーンに参加できますが、台紙は36枚シールを貼ることができます。36枚集めて3セットの食器を特別価格で購入すると、3セット交換特典として、WENTWORTH社製「木製ジグソーパズル Vegetable Garden 40ピース」をいただきました。

15060502.jpg

これはすごい!!定価で2052円もするものですから~。

さっそく組み立ててみましたよ。

15060503.jpg

15060504.jpg

ピーターやジマイマ、トムといった仲間たちが隠し絵のようにピースのひとつに切り抜かれています。これをどこに組み込むのか、隠し絵部分を残しつつ組み立てていくと、ピースのはめ込み箇所が浮かび上がって楽しいです。

15060505.jpg

40ピースのパズルの大きさは、ポストカードサイズぐらいでした。ちょうど100円ショップのポストカードサイズ写真立てにきれいに収まりました!!!

良いのと悪いのと

ピーターラビットグッズ
03 /07 2015
ブログ更新久しぶりです!
またぼちぼちと更新しようと思います。よろしくお願いします。

今年3月に発売された大人のおしゃれ手帖4月号の付録「ピーターラビットのミニトート」のおはなし。

大きさは想像していたよりも小さかったけれども、肝心のピーターの柄がすべて逆さまになっていました。

どういうこと~~!

15030702.jpg
手前だけでなくもう片側のすべてのピーター柄が逆さまになっている悪い見本のようなもの。

次の日、すぐに事務局に問い合わせたのですが、「柄位置違いによる交換・返品はお受けできません」の一点張り。「柄の位置ではなく、ピーターラビットの向きが逆さまなんです」と伝えても会話はちっとも噛みあわず。。。

これはきっと縫製ミスに違いない。「ピーターラビットのミニトート」と言うぐらいだらからピーターラビットがメインですものね。

実は何かあった時ようにと2冊購入していたので、そちらも気になり開けてみると。。。

15030701.jpg
先程と同じバックかしらと思うほどブック柄のピーターがデザインされている。

「こうでなくっちゃ」という良い見本のような素晴らしい柄位置のものが出てきました!!

これでもかっていうぐらいピーターがデザインされて、向きもちゃんと合ってますし、時々逆になっているのもこれだけピーターが配置されていたら、かえって面白いし。

同じように購入してこの差ってねぇ~

付録は当り外れが大きいのかしら??

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。