FC2ブログ

東北車中泊旅行その9 秋田の秘湯「乳頭温泉郷」黒湯温泉、休暇村乳頭温泉郷、水芭蕉の群生地へ

車中泊
05 /23 2019
田沢湖から約30分ほど山道を走ると周りの景色が一転しました。
19042914.jpg
旅行に出かけたのは、4月末でしたが、残雪が多く季節は逆戻りしたかのようです。

乳頭温泉郷は、秘湯として全国でも有名だそうで、7つの温泉宿があり、それぞれ異なる泉質のため、ハシゴ湯する人も多いそうです。私達も2つの温泉をハシゴしました。

乳頭温泉郷といえば、鶴の湯が大変有名ですが、朝から行列と聞き、温泉もゆっくりつかれるどころではないそうです。
19042916.jpg
そこで黒湯温泉に行くことにしました。入浴料は600円
19042917.jpg
駐車場から温泉まで坂を下っていくのですが、ここでまさかの雪道となり足元滑らせながらなんとか下までたどり着きました。
19042919.jpg
茅葺き屋根の宿泊棟の間を潜り抜けた先に男女別の温泉(下の湯)があります。
19042918.jpg
豊富な乳白色の湯が敷地内に湧き出ていて、この源泉を利用して箱根でも有名な黒タマゴを作ってます。
19042920.jpg
温泉は男女別の内湯・露天風呂(下の湯)と、混浴露天風呂(上の湯)があり、上と下で泉質が違うため、どちらも楽しんでと管理人に言われましたが、混浴の方はさすがに遠慮しました。
19042921.jpg
男女別の内湯
肌にまとわりつくようなしっとりしたお湯で、ずっとつかっていたい気持ちの良いお湯でした。
19042922.jpg
男女別の露天風呂

幸いなことに他に利用者がいなかったので貸し切り状態でした。露天風呂の脇にうたせ湯もあり、運転で疲れた首と肩をほぐしてくれます。また、内湯の仕切られた場所に、2人分の洗い場とボディソープはありましたが、ドライヤーなどの設備はなかったので、ここではお湯につかるだけにしました。

風呂上がりといっても、まだ陽射しは強く、日焼け止めを塗りたくなるほどです。でも温泉宿の入浴時間が、早いところは午後3時、遅いところでも午後5時に終ります。
19042923.jpg
風呂上がりに黒タマゴ
箱根の黒タマゴは、1個食べると7年長生きしますが、乳頭温泉郷の黒タマゴは箱根より味が濃いように感じましたので、8年長生きできそうです。いえ、2個食べたので16年ですね(笑)
19042924.jpg
続いて向かったのは、休暇村乳頭温泉郷です。ここも2種類の泉質が楽しめる温泉でしたが、一方は暑すぎて足をつけることすらできませんでした。ここは、広々とした洗い場があり、必要なものすべて(ボディシャンプー、シャンプー、コンディショナー、化粧水、ドライヤーなど)揃っているので、ハシゴ湯の締めとしてはいいですが、黒湯温泉にあったような風情はまったくありません。

この日の車中泊として、休暇村乳頭温泉郷の近くにある駐車場を候補にあげていたのですが、なんと駐車場のトイレの利用時間が午後5時になっていました。以前は24時間利用できたようですが、残念ながら利用できなくなりました。

そこでどうしようと考えた結果、来た道を戻ることになりましたが立ち寄りたいと思っていた道の駅「なかせん」へ行くことに。

途中、いつか見たいと思っていた水芭蕉の群生が田沢湖周辺にあることを知り立ち寄りました。

水芭蕉といえば、童謡「夏の思い出」で有名な尾瀬、水芭蕉が咲いていることで有名ですが、尾瀬でなくても全国あちらこちらで見られるようです。
19042925.jpg
田沢湖刺巻(さしまき)湿原の水芭蕉群生地
19042928.jpg
しっかりとした茎の先にあるブツブツが花
よく似た花で、毒性の強いうさぎが誤って食べたら大変な「カラー」がありますが、こちらも同じサトイモ科の植物。片側だけ葉が白くなる「半夏生」という植物を育てたことがありますが、1枚だけ葉が白くなる面白い植物です。
19042927.jpg
ハンノキ林と水芭蕉
花が終わると葉が団扇より大きくなり、別の植物を見ているかのようです。
19042929.jpg
水芭蕉の開花時期に合わせて刺巻水芭蕉祭りが開催されていました。特産品の販売コーナーなど。
19042932.jpg
道の駅「なかせん」
道の駅内に日帰り温泉施設はありませんが、交通量の多い国道105号線沿いにある道の駅です。
19042933.jpg
道の駅の建物の裏手の斉内川沿いの桜並木があり満開でした。運が良ければすぐそばを走る秋田新幹線も見られるそうです。
19042930.jpg
秋田といえば「全国ジャンボうさぎフェスティバル」が有名ですが、毎年10月に道の駅「なかせん」の近くにある大仙市中仙支所前のドンパン広場にて開催されます。

このフェスティバルは、秋田で品種改良された「日本白色種の秋田改良種」のうさぎが、体重はもちろんのこと、毛並みや体格などを競う品評会が開催され、チャンピオンを決定します。昨年のジャンボうさぎは、体重9.1キロで見事チャンピオンを獲得しました。
19042931.jpg
道の駅「なかせん」に展示されているジャンボうさぎの剥製
全国ジャンボうさぎフェスティバルの初代チャンピオンの「館和号」死亡時体重10.7キロ
剥製って怖いイメージですが、毛並み美しくて、尻尾もピーンと勢いがありました。この体重を維持するための筋肉が発達している様が想像できます。

ところで、道の駅「なかせん」で販売されていたものの中に、ピーターのお父さんをパイにして食べてしまったマグレガーさんではないですが、うさぎ肉が販売されていました(><)

さて、道の駅の駐車場は、国道の交通量が多いので気になるかと思いきや、植え込みのある場所に車を停めることができたので、視界に入らなければ気になりません。

道の駅の隣に24時間営業のコインランドリーがあり、ちょうど旅の中盤で、次の日から雨予報だったので、ここでまとめて洗濯しました。

次の日は、秋田から岩手県に移動し、世界遺産平泉の中尊寺へと向かいました。この続きはその10にて。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その8 3日目は秋田県田沢湖へ たつこ像、浮木神社、御座石神社

車中泊
05 /21 2019
今回の東北旅行を企画した際、真っ先に候補に挙がった行き先は、田沢湖と十和田湖。主人が数十年前、バイクで日本周遊した際、東北エリアでこの2つの湖の印象が強かったから、もう一度行きたいと思ったようです。

現在は昔と違って道路事情が格段に良くなっているため、ドライブも快適です。日本海東北自動車道は無料区間もあり(本荘~岩城の区間無料)、これは使わなソンソンです。

秋田の田沢湖へ到着したのは、午前10時半頃でした。前日車中泊した道の駅からの移動は、意外と距離があり時間がかかりましたが、駐車スペース待ちで行楽渋滞が発生しているかと思ったら、全く心配いりませんでした。
19042906.jpg
たつこ像
田沢湖の観光スポット「たつこ像」
田沢湖は、永遠の美しさを願い龍に化身した村娘たつこの伝説により、日本一深く(水深423.4m)、美しさを称える湖になったとか。
19042904.jpg
黄金色に輝く「たつこ像」と、たざわ湖スキー場のある秋田駒ケ岳(標高1697m)
湖のキラキラと輝くコバルトブルーと、真っ青の空スカイブルーと、白い頂のある山の景色と、清々しい爽快感を与えてくれる素晴らしい景色に思わず見とれてしまいます。
19042908.jpg
満開の桜と小さな小社「浮木神社」は、黄金のたつこ像のすぐそばにあります。
19042905.jpg
浮木神社の御朱印 300円
19042911.jpg
「たつこ像」のある位置より、湖を半周したところにある「御座石神社」
19042909.jpg
拝殿
19042910.jpg
美しさを求め泉の水を飲み続けた結果、ついに龍へと姿を変えた美の守護神「たつこ姫」の像
19042907.jpg
御座石神社の御朱印 800円
地元秋田の俳人、石井露月の句「秋と云へば 波打越しぬ 御座の石」とたつこ姫の記念印が、御座石神社の御朱印とセットでお願いできます。
19042912.jpg
御座石神社の駐車場脇にある「あさり商店」で、秋田名物の味噌たんぽ(300円)、母ちゃんの玉コン(100円)、稲庭うどん(700円)をいただきました。このお店名物の味噌たんぽは、「1本食べれるかしら」と思うほどでしたが、甘みそ味がたっぷりしみて美味しかった。

また、稲庭うどんの箸休めにペラペラの漬物がついていたのですが、これが「いぶりがっこ」という秋田名物で、いぶした沢庵がコリコリして美味しかったです。
19042913.jpg
田沢湖から乳頭温泉郷へ向かう曲がり口にあったのが「たつこ観音像」
田沢湖観光は、たつこ像に始まり、たつこ像で終わる観光スポットでした。

田沢湖の次に目指したのは「乳頭温泉郷」です。この続きはその9にて。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その7 2日目の車中泊場所 道の駅「庄内みかわ」 & なの花温泉「田田(でんでん)」

車中泊
05 /15 2019
2日目の車中泊候補地として、酒田市美術館にも近い道の駅「鳥海ふらっと」にしようかと思いましたが、併設となっている温泉施設が少し離れていることと、その温泉の浴槽が大人4人でギュウギュウという感想を見て、行き先を変更しました。
19042852.jpg
道の駅庄内みかわ
19042853.jpg
道の駅の施設内に、夜9時まで営業しているスーパーマーケットと、コインランドリーも併設され、車中泊には最適な道の駅です。
19042854.jpg
「なの花天然温泉 田田(でんでん)」

温泉施設は、ロッカーなどの設備が少し古さを感じましたが、利用料は400円と安かったです。お湯は濁りのある褐色系で、露天風呂はないものの、温度が低めの方がちょうどよい湯加減でした。

車中泊車は、道の駅の物産館が営業を終了する頃から続々と集まりだし、次の目的地に向け、早い人は朝5時前に出発されます。私達も次の日の朝6時過ぎに出発し、目的地へ向かいました。

車中泊3日目山形県から秋田県へ、平日なら通勤ラッシュで渋滞するであろう国道も、朝早いため行楽渋滞もなく快適ドライブです。
19042903.jpg
道の駅「象潟(きさかた)」
途中立ち寄った道の駅で、ここも車中泊に良さそうな場所でした。道の駅内にあるこちらの建物の1階がお土産店、2階がレストラン、4階が展望温泉になっています。この展望温泉からの景色は、きっと素晴らしいことでしょう。
19042901.jpg
目の前が日本海で、感動の夕日が見られる場所だそうです。漁船の近くに海女ちゃんがいました。サザエにアワビが採れるのかしら?!
19042902.jpg
振り返れば鳥海山

東北旅行3日目の最初に向かったのは、日本一深い湖「田沢湖」です。この続きはその8にて。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その5 山形うさぎ巡りその3「山形フラワー長井線 白兎駅と、狛兎のいる葉山神社」

車中泊
05 /12 2019
東北車中泊旅行その4で紹介した山形フラワー長井線 宮内駅よりさらに北へ進んだ先にある白兎駅へ行ってきました。
19042829.jpg 
山形フラワー長井線にうさぎの駅長が誕生した理由、それも白いうさぎでなければいけなかったのは、白兎駅の名前に由来するそうです。当初、白兎駅にうさぎ駅長をと考えていたそうですが、この駅にはそのようなスペースはなく宮内駅へとなったそうです。
19042832.jpg 
宮内駅から、フラワー長井線で10駅目にある白兎駅は、車で30分ぐらいの場所にありました。完全な無人駅で、小さな待合室があるのみ。駅舎もうさぎの耳をイメージしたような雰囲気です。
19042831.jpg 
待合室に木彫りの兎がいました。
19042833.jpg 
白兎駅から見た朝日連峰
19042834.jpg 
白兎駅から車で4分ほど先にある葉山神社(長井市白兎2268)は、この辺り一帯が「白兎」という地名の由来となった神社です。白兎駅から車で4分ほど先にある葉山神社(住所:長井市白兎2268)は、この辺り一帯が「白兎」という地名の由来となった神社です。地名の由来は、白兎が山の中を道案内をしたことから「白兎参道」というのがあり、山頂に「奥宮月山宮」と「羽黒宮」の2つの社があるそうです。夜道も白い兎なら月明かりに照らされ、よく見えますものね。

19042835.jpg 
そして狛犬ではなく狛兎が鎮座します。
19042836.jpg 
埼玉県の調神社にも狛兎がいますが、狛兎を見たのは2ヵ所目です。

熊野大社で3羽の兎探しをして、もっちぃ駅長に逢って、白兎駅と葉山神社の狛兎と、うさぎ尽くしの旅となりました。この日を締めくくるのは酒田市美術館の「ピーターラビットの世界展」です。続きはその6のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その4 山形うさぎ巡りその2「山形フラワー長井線 宮内駅 もっちぃ駅長へ逢いに行く」

車中泊
05 /10 2019
東北車中泊旅行その3で紹介した「山形熊野大社」の3羽のうさぎ探しに夢中になり、次の目的地もっちぃ駅長に逢うため、山形フラワー長井線の宮内駅に到着したのは午前11時40分でした。
19042817.jpg 
熊野大社より車で5分の距離にある宮内駅の駅長は、うさぎのもっちぃです。
19042818.jpg 
宮内駅の駅長として10時から5時まで勤務時間で、休憩時間は1日2回(11時半から12時まで、16時から16時半まで)あります。
19042827.jpg 
駅に到着した時間は、ちょうど休憩時間中でしたので、駅長室のドアは閉じられていました。

がーーーん!うさぎ探しの天罰下る

19042816.jpg 
では私達もランチ休憩にしましょうと、駅の目の前にある中華そば「三浦屋」で中華そばを注文しましたら、手作りゼリーを出してくださいました。
19042815.jpg 
「もっちぃ駅長は休憩中で会えなかった」と話しましたら、「助役ならいるよ」と指をさした先に、非常勤の助役 かめ吉がいました。偶然とはいえラッキーでした。

19042819.jpg 
もっちぃ駅長 2010年生まれの女の子

ちょうど牧草を食べているところでした。既に先客もいらして、「かわいい!」という声が飛び交っていました。私の第一声はというと「元気そうだ」です。今年9歳になるとは思えない、毛艶の良さ、目の輝き、周囲の状況への反応の良さ、落ち着いた様子など、なかなかどうしてうさぎ駅長のお仕事(お客様に癒しを与える)をこなしているだけあります。毛艶の良さは女の子だからかもしれませんね。女の子は毛づくろいが完璧な子が多いですから。

うちのうさぎだったら、見知らぬ人が来たら、まずは一発足ダンかませて、ドドドッと隅に引っ込んで出てきませんもの。

19042822.jpg 
牧草を食べ終えたら、トイレに駆け込み、そこでものんびりとマイペース。トイレ側の壁は青空とうさぎがペインティングされています。
19042821.jpg 
それにしても駅長室の立派なこと。牧草はまき散らさないし、どこにも糞は転がってません。駅長室の3分の2は屋根におおわれ(誰にも手が出せない安全な場所を確保)、リビングに、寝室に、トイレ、運動場まであります。うさぎが暮らす理想の環境ではないかしら?そういう意味でもお手本になっているかもしれません。
19042820.jpg 
「どんな性格の子かしら?」と想像してみましたが、少なくとも大胆な性格ではなさそうでした。震災後に臆病になり、抱っこや、駅長帽をかぶらなくなったというお知らせがありましたが、駅長帽なんてかぶる必要ないですよね。こうして元気に過ごせるのもストレスがかかっていない証拠です。

「うさぎのふれあい」で抱っこすることができるウサギたちは、性格がおとなしい子や、抱っこを慣れさせる訓練を受けている特殊なケースですから、もっちぃ駅長は1匹しかいない特別な存在、抱っこなんてとんでもないです。このままストレスを極力減らして、元気に長生きしてもらいたいです。
19042828.jpg 
駅長の代理うさぎ(どうしても抱っこしたい方は、こちらをどうぞと用意されていました。)
19042823.jpg 
誰でも駅長になれる被り物。インスタ映えすると若者に人気!
19042824.jpg 
早速被ってみましたが、おばちゃんが被ってもインスタ映えしません(爆)
19042825.jpg 
もっちぃグッズもたくさんありました!フラワー長井線ロゴの入ったもっちぃタオル。
19042826.jpg 
もっちぃのプロマイドはすべて売り切れ。他にも、チェーンぬいぐるみ、もっちぃ写真集、ピンバッチ、クリアファイル、ボールペンなど。


奇跡体験アンビリバボーで、2014年にローカル鉄道復活へ新入社員が奮闘した様子が放送されました。その時の様子を記事で読むことができます。合わせてご覧ください。


次に訪れたのは、もっちぃ駅長が白兎でなければいけなかった理由が分かる場所、山形鉄道フラワー長井線の白兎駅へと向かいました。続きはその5のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

東北車中泊旅行その3 山形うさぎ巡り「山形熊野大社」三羽のうさぎ探し

車中泊
05 /09 2019
東北車中泊旅行2日目の朝、お天気は快晴で、最初の目的地である宮城県蔵王町のシンボル「御釜」を見るため蔵王エコーラインへ。蔵王山(標高1750m)へと続く蔵王エコーラインは、ゴールデンウィーク前に冬季閉鎖から開通したばかりで、10m越えの雪の回廊を通り抜けるとあり、人気の観光道路です。しかし、既定の雨量を超えたり、凍結などが見られた場合、ゲートが閉鎖されることもあります。

こんなにお天気が良いのに、ゲートが閉鎖されているなんてありえないと思いつつ、第一、第ニゲートと通り抜け、第三ゲートにさしかかった時、4、5台前の車の先に閉鎖されたゲートがありました。午前8時前だったので、待っていればいずれ開くと思いましたが、段々と不安になり、問い合わせすることにしました。

インターネットが辛うじてつながる状況で、どこに問い合わせしたらよいか検索したところ、「蔵王町農林観光課」が問い合わせ先になっていたので電話しました。そうしたら、「道路凍結のため、正午頃に状況確認してゲートを開くかどうか検討する」と教えていただきました。

なんてこったい!4時間も足止めの上、開くかどうか分からないなんて。

とっても楽しみにしていた御釜(別名:五色沼)と雪の回廊は、また次回のお楽しみとなってしまいましたが、先を急ぐ旅なので来た道を戻り、山形自動車道で宮城県から山形県へ移動して、うさぎ巡りの旅ひとつめの「熊野大社」へ。

熊野大社は、山形県南陽市にあり、夫婦の神様で縁結びの御利益があるそうです。ここは「三羽のうさぎ」を見つけると願いが叶うという言い伝えがある神社で、うさぎ好きにはたまらないスポットです!
19042803.jpg 
参道入口にある県指定天然記念物「熊野大銀杏」樹齢850年
19042802.jpg 
拝殿 萱屋根の拝殿。
19042813.jpg 
小さな社が並ぶ先に本殿があり、その横に「三羽の兎」の案内板
19042806.jpg 
矢印に添って本殿裏に進むと、20人ぐらいの人だかりができていて、皆一斉に上を見上げていた。見上げた先にあるのは、本殿屋根の下の彫刻。ここに「波に兎」の隠し彫りがされていて、3羽全部見つけると願い事が叶う、幸せになれるという言い伝えがあるそうな。
19042801.jpg 
授与所で配布されている「三羽の兎に出逢う手引」
こちらには2羽の兎が隠れている場所を示していて、すべての隠し場所を人から教えてもらうとご利益が無くなるので、「3羽目は自分で探して」とあります。
19042808.jpg 
1羽目は猫のような兎。こちらは探さなくてもすぐに見つかりますが、これを兎として良いのかどうか疑問。
19042809.jpg 
2羽目は手引の示す場所をよく観察すると、こちらは兎で間違いない「波に兎」というお姿でした。

3羽目が難しい。場所も分からないし、見上げてばかりで首が痛くなるし、目がチカチカして限界でした。すぐに見つかると思ったけれど甘かったようです。主人が撮影した写真を拡大しながら見つけてくれて、こっそり教えてくれました。人に教えるとご利益なくなってしまいますが(^^;
19042804.jpg 写真に「注目!」としましたが、場所は書いてないから大丈夫?ですよね。
19042805.jpg 
3羽目の兎 写真を拡大しても兎と分かるかどうか。。。これが正解かどうかも分かりませんが、きっとこれが3羽目だと思われます。気がつけば30分間も兎探しに夢中になっていました。
19042807.jpg 
熊野大社の御朱印
19042811.jpg 
結ひうさぎのお守り かわいい!!
19042810.jpg 
中におみくじが入っていて、一番可愛い顔をした子を選んだのですが、おみくじは30番「吉」でした。
19042814.jpg 
紙袋とビニール袋 月を見つめるうさぎがデザインされたもの
19042812.jpg 
ねがひぶみ こちらもうさぎが願いを叶えてくれるようです。


うさぎ好きにはたまらないスポットですね。ぜひ3羽の兎を見つけて願いを叶えてくださいね。

次に訪れたのは、熊野大社近くにある山形鉄道フラワー長井線「宮内駅」で勤務されている、ウサギ駅長もっちぃに逢いに行きました。この続きは、その4のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。