FC2ブログ

古英語に翻訳された『ピーターラビットのおはなし』

ビアトリクス・ポター関連書籍
03 /29 2019
昨年、古英語に翻訳された『ピーターラビットのおはなし』が出版されました。

peters haran sasa01 
「Petres Haran Saga」2018年出版
Beatrix Potter(著)A.A.Brunn(翻訳)
表紙に描かれているイラストは、獅子にまたがるノウサギ。剣と盾を手にして勇ましいです。

peters haran sasa02 
裏表紙

タイトルをなんとなく読みすると「ピーター ハラン サーガ」となります。「サーガ」というのは、ゲームとか映画に出てくる単語で「物語」という意味になるので、「The Tale of~」の部分の「おはなし」となり、そうなると「rabbit」は「haran」かしらと思いました。

この書籍の解説を確認すると、「rabbit」及び「bunny」は、「hare(ノウサギ)」を示す単語に置き換えられ、それが「hara」となるとありました。

また、この書籍は『ピーターラビットのおはなし』だけでなく、『フロプシーのこどもたち』と、『こわいわるいうさぎのおはなし』の3つのおはなしが掲載されています。『ピーターラビットのおはなし』だけではないので、「Peter」が複数形?になり「Petres haran(ピーターラビットとそのウサギたちの) saga(おはなし)」になるのかしら?と推測しました。

昨年4月に大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館の開館12周年記念企画で開催された「古代エジプトのヒエログリフで書かれた『ピーターラビットのおはなし』」の記念講演では、ヒエログリフ版を出版するにあたり、古代エジプトはあまりにも時代がかけ離れていることで、訳者は言葉を置き換えるのに苦労し、問題が山積みだったとするその具体例をあげて解説していただきました。

昨年の記念講演会のレポート:

古英語(Old English)は、「アングロ・サクソン・イングリッシュ」とも言われ、英語の元となった原語ですが、こちらもヒエログリフ同様に、時代背景に存在しないものは、その時代に合ったものに置き換えて翻訳されていました。

「大地のリンゴ」が「ジャガイモ」に置き換わるなど、ヒエログリフと翻訳の共通点もあり、時代はまったく違うものの、昨年記念講演会で訳者が苦労されたであろうというお話を伺ったので、きっと苦労されたんだろうなと思いをはせました。

古英語に翻訳された書籍の「前書き」に、古英語の歴史があり、世界史で習ったと思われますがすべて忘れてます。5世紀半ば(450年)ゲルマン民族の大移動により、アングロ、、サクソン、ジュートのそれぞれの民族がグレートブリテン島に侵入。それぞれが7つの王国を作り、、、、、これが古英語の始まりです。

と、このような古英語の歴史にふれ、ビアトリクスの作品は「classic of English children's literature(児童文学の古典)」で書かれた「beautiful(素晴らしい)」作品であり、世代が変わっても読み継がれるシンプルライフの基準となりうる作品であることから選ばれたそうだ。

それから、古英語に訳されたこの書籍が、昔のように炉のまわりで読まれたり、また「アングロ・サクソン・イングリッシュ」を勉強している生徒に役立てて欲しいとのこと。

古英語翻訳の児童文学作品として、ピーター・S・ベーカー教授(Professor Peter S. Baker)が翻訳された『不思議な国のアリス』(2015年出版)があり、この書籍が古英語への分野へ貢献し、かつてアルフレッド大王が人々に英語を教育したように、古英語の『ピーターラビットのおはなし』も古英語(アングロ・サクソン・イングリッシュ)への愛を再燃させることに役立てたら幸いですと締めくくられていました。

古英語の『不思議な国のアリス』(クリックしましたら別サイトでご覧になれます。)
中英語版も出版されていました。

この流れで、改めて来月14日(日)に、大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館(埼玉県こども動物自然公園内)開館13周年記念企画、開館13周年記念講演「古英語で読む『ピーターラビットのおはなし』と英語の歴史」が開催されます。

講演会の講師は、大東文化大学 英米文学科教授の網代先生です。網代先生に初めてお会いししたのは、ちょうど20年前ですが、果たして私のことを覚えてくださっていますでしょうか?

とても楽しみな講演会、皆さんもぜひご参加くださいませ。

201904daitos.jpg 
ビアトリクス・ポター資料館開館13周年記念企画の開催のお知らせ

「ピーターラビットキルト」に、編集協力として18号より参加

ビアトリクス・ポター関連書籍
01 /17 2019
アシェット・コレクションズ・ジャパンより、昨年5月16日創刊になった「アップリケと刺しゅうでつくる ピーターラビットキルト」をご存じですか?

毎号届くキルトのパターンを作り、それらをすべてつなぎ合わせると、キルトカバー(約210x170㎝)が完成するというものです。キルトの初心者でも、分かりやすい解説付きなので大丈夫ということですが、創刊号を購入して断念された方も多いのでは。私もその一人です(オホホ)

針といものが本当に苦手で、ミシンも使えないし、編み物もできない。針を使うもので唯一大丈夫だったのは、羊毛フェルトのマスコット作り。これは楽しい作業だった。

そんな訳で、ピーターラビットキルトはいつになったら創刊号のピーターが完成するのであろうかと思いつつ、それきり忘れ去られていました。

ところが!
19011701.jpg 
昨年10月にあった1本の電話から、私も冊子作りに協力する仕事が舞いこみ、第18号が記念すべき最初のお仕事です。

キルト作りに必要な材料と一緒に届く冊子は、毎号作成する「キルトカバーをつくろう」で始まり、河野先生監修・執筆の「ピーターラビットの世界」、おしゃれな小物・インテリア雑貨の作り方を紹介する「ファッション小物」、「インテリア・雑貨」、キルトに関する記事が掲載されている「キルトヒストリー」、「パターンライブラリー」といった内容で構成されています。

毎号掲載されているのは、「キルトカバーをつくろう」と、「ピーターラビットの世界」で、その他の内容は毎号ではなく、代わる代わる(18号は「パターンライブラリー」と「キルトヒストリー」)紹介されてます。

私が編集協力で参加しているのは、河野先生が担当されている「ピーターラビットの世界」で、このタイトルを見て「オッ!」と気づかれた通り、2016年に先生が執筆された著書『ピーターラビットの世界へ」をベースに、ビアトリクスの生涯や、絵本のはなし、英国について紹介されています。
19011702.jpg 
編集協力のところに18号より名前が掲載されました!!

私は創刊号しか入手していなかったので、先生のコラムを読みたいと思っても読めずにいたのですが、編集協力することになったのでこれまで発行された見本誌を送ってもらいました。

コラムを読んだ感想は、先生が執筆された書籍に増して、さらに幅広い知識を惜しみなく紹介されていて、とても楽しく読ませていただきました。

例えば、6号で今でこそ当たり前の言葉「ガイドブック」の「ガイド」という言葉が使われた最初が、英国・湖水地方を紹介するものだったことや、10号の観光地化される前のブリッジ・ハウスの貴重な資料や、12号の改築される前のビアトリクスのお気に入りだったスコットランドダルガイズ・ハウスの様子など、その他にも初めて見聞きするものもあったりして引き込まれます。

でも出版されたのは18号です。この先がまだ長く80号まで続きます。楽しみだなぁ~。

というのも今回は執筆しなくていいから気が楽です。先生が困っていることのお手伝いをすればいいのですから。

いつも思うことですが、こういうお仕事に関わらせていただく時は「丁寧に」を心がけてやってます。その気持ちが先方にも伝わっているようで嬉しい。

今年は自分に対してもそういう気持ちでひとつ、ひとつ、やっていきたいと思っています。とかく自分のこととなると、後回しにしたり、ほったらかしにしたりしがちで、それが心のどこかにいつも引っかかりすっきりとしない。昨年6月の「英国旅行記」もまだ途中だし、「ビアトリクス・ポター研究の会」は始めたばかりだし、そして2002年1月から書き始めたこのブログさえもほったらかしになること多々ありますしね。

風邪ひいちゃって新年の志は既にどこかに飛んでいっちゃいましたが、何でもパパっと思いついたらすぐ、そして丁寧に書けるようにしたいなぁ~。

アシェット・コレクションズ・ジャパン発行

隔週で水曜日発売
次回19号の発売日:1月23日(水)
・ブラウンじいさまのパターン
・フクロウ島の主「ブラウンじいさま」

応援よろしくお願いします!!

「乙女の玉手箱シリーズ きのこ」雑貨、食、写真で楽しむ’きのこカタログ’

ビアトリクス・ポター関連書籍
09 /08 2011
 
「乙女の玉手箱シリーズ きのこ」雑貨、食、写真で楽しむ’きのこカタログ’ 2011/9/6刊行 グラフィック社 1600円

 まるごと1冊、きのこについての本です。きのこの本というと、きのこ図鑑を思い浮かべますが、さにあらず!きのこに関する知識や情報、きのこグッズにきのこアーチスト、とにかくきのこに関するあらゆる事が詰め込まれています。きのこ好きにはたまらない。そんな1冊です。

 そんなきのこの本に「きのこを愛して描いたミス・ポター」と題して2ページ記事を執筆しました。最初は、私が撮影した湖水地方の写真の掲載許可の話だったのですが、ページレイアウトを拝見して、頼まれてもいないのに、きのことビアトリクス・ポターについての記事を執筆したところ、編集者の方に気に入ってもらえて、掲載の運びとなったのです。

 謝礼は出せませんがと恐縮されていましたが、こんなことは良くある話なので、全然気にしていなかったところ、ぐぅの写真を掲載してくださるということになり。。。モデルぐぅのとっておきの写真がちょこんと掲載されてます。これが私にとって何よりもサプライズでうれしい!

 この本の出版日が、ぐぅの誕生日の9月2日だったら、こんな出来すぎた話はないというぐらい完璧だったのですが、少々遅れて6日でした。もし、本屋できのこの本を見かけたら、112~113ページご覧くださいね。ぐぅがにっこりほほ笑んでますから。

 でもやっぱりぐぅはお笑い系のうさぎだったはず?だからこんな写真も掲載しておかなくてはね。思いっきり笑えること間違いなし!
 
チンゲン菜を食べるとお口の周りが緑になっちゃうぐぅなのだ。でへっ

きのこ本

ビアトリクス・ポター関連書籍
06 /22 2011
 「ママ、さぼってばかりじゃだめじゃない」Fromぐぅ(お月様在住)

 「ばれてる~~(苦笑)」

 なんとぐぅがさぼってばかりいるママにって、きのこ本の執筆協力のお仕事を運んできてくれました。9月、もしくは夏の終わりに、グラフィック社から刊行されるきのこ本で、「きのこを愛して描いたミス・ポター」というタイトルで2ページ執筆しました。

 「どうしてぐぅが?」って不思議に思われるでしょう。編集者の方が、「ぐぅの写真も掲載したい」っておしゃってくださり、この写真をお送りしたところ見事に採用されたからです!!すごいな~ぐぅって!この世に存在しなくても、愛らしい笑顔で人を魅了するぐぅ力があるんですね。

 もっといっぱいお仕事見つけてきてね、ぐぅ!(てへへへ)

 

アマゾンに初レビュー

ビアトリクス・ポター関連書籍
04 /13 2010
 「ビアトリクス・ポターが残した風景 The Landscape Beatrix Potter Gave Us」辻丸純一(写真)河野芳英(解説)メディアファクトリー(刊)2010年

 英国湖水地方での撮影をライフワークとされている辻丸純一先生の最新写真集が発売になりました。この写真集発売を機に、amazonのカスタマーレビューにデビューしました。

 アマゾンの「ビアトリクス・ポターが残した風景」のページへ飛びます。
 URLが長いので、短縮URLにしました。
 http://bit.ly/cMNJza
 元URLは、こちら(↓) これを縮めたのがこちら(↑)
 http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8C%E6%AE%8B%E3%81%97%E3%81%9F%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E8%BE%BB%E4%B8%B8%E7%B4%94%E4%B8%80/dp/4840132739/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1271408498&sr=8-1 (長すぎ) 

 カスタマレビューの内容:
 「この写真集は、見開きページで1枚の写真という構成で、ビアトリクス・ポターが残した風景全体を余すことなく伝えています。ほとんどのページは写真のみで構成され、写真の解説、ビアトリクス・ポターの年譜、解説者によるポターとナショナル・トラストの関係及びポターがどのようにしてこの風景を後世に残したのかといった内容が後半に添えられています。

 湖水地方で見られる牧歌的風景は、もしポターがいなければ、ナショナル・トラストが引き継がなければ、失われてしまった風景かもしれない。本の帯に書かれた「奇跡の風景」という意味、そしてこの風景をさらに未来へと引き継いで欲しい。そのためにもしっかりとこの風景を目に焼き付けておきたいと思いました。」

 本の購入は98%ぐらいアマゾンにお世話になってます。ビアトリクス・ポター関連の書籍は、カスタマーレビューを見ることなく購入していましたが、それ以外の書籍に関して購入するかどうかの参考になるカスタマーレビュー。これまで見るだけで、自分では書き残すことをしてこなかったのですが、これをきっかけに書き残していこうと思いました。

 カスタムレビューにも書いた本の帯。奇跡の風景を残してくれてありがとうと、思わずつぶやきたくなる写真集です。

 アマゾンのサイトより いいレビューを書くには:

 ・詳しく具体的に書きましょう。商品購入前に知っておきたい情報などは他のお客様に役立ちます。
 ・レビューは短すぎたり、長すぎたりしないようにしましょう。75~300字程度が理想的です。

ビアトリクス・ポター・ブックリスト

ビアトリクス・ポター関連書籍
11 /25 2009
 ようやく、「ビアトリクス・ポター・ブックリスト」のムック・雑誌コーナーをアップすることができました。

 ピーターラビット特集が掲載されている雑誌をご紹介したいと思いつつ、その中でもやはり圧巻なのは「月刊MOE」ではないでしょうか。何か記念となる出来事があるたびに特集が組まれ、その魅力を思う存分伝えてくれます。

 そんな「月刊MOE」も、2009年11月号で創刊30周年となり、「MOEと絵本の30年」と題した企画が掲載されました。

 創刊当初の1979年は、今の縦長サイズでなく、横長サイズで、雑誌名も「絵本とおはなし」というものでした。創刊当時は、保育雑誌を目指していたそうですが、やがて絵がたくさん楽しめるように、絵本が好き、絵本作家を目指す人たちを対象となり、1983年12月号より「MOE」と改め、それから毎月1冊ずつ今日に至ります。

 そのようなMOEの歴史をたどる特集のなかで、「ピーターラビット」については、以下のようにありました。

 「ピーターラビット」は、特集をするといつでも大人気の企画でした。作者ポターの繊細なスケッチやイギリス湖水地方の風景など、数々の美しい写真が誌面を飾ります。
 「月刊MOE」 2009年11月号より 白泉社(刊)

 そんなMOEのピーターラビット特集掲載号も、ブックリストで紹介しております。どうぞごゆっくりお楽しみください。さらに「こんな雑誌もあるよ」と、ご紹介いただけます方も大歓迎です。どうぞよろしくお願いします。

 ビアトリクス・ポター・ブックリスト 「ムック・雑誌」紹介ページ目次
 http://rapeter.sub.jp/bk/book96.html

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。