FC2ブログ

英国旅行記2018年 湖水地方 グラスミアのチャーミングな町探索

英国
11 /07 2019
四つ目の目的地であるグラスミア(Grasmere)の町へ到着しました。アンブルサイドから車で約20分(6.4キロ)、町の中に入る登り坂に差し掛かると、それまでの広い道路から道幅が狭くなり、人通りも多く、車はゆっくり進みます。

グラスミアという地名は、古北欧語の緑を意味する言葉(Gres)と、湖(Mere)を意味する言葉の組み合わせで、まさしくグラスミア湖という周囲を緑に覆われた美しい湖が由来となっています。

そして何よりこの地に世界中から観光客を引き寄せるのは、桂冠詩人ウィリアム・ワーズワースのゆかりの地だからです。ワーズワースは、グラスミアの周囲を取り囲む山々から町を抜けて湖まで見下ろすこの一帯の谷を「人が見出すことのできる最も美しい場所」と称えました。

uk390.jpg
私達がまず最初に向かったのは、1854年創業の菓子店「セイラ・ネルソンのグラスミアのジンジャーブレッド(Sarah Nelson's Grasmere Gingerbread)」です。

とても小さな店内は、焼きたてのジンジャーブレッドの香りが充満し、大勢の観光客が列をなしごった返していました。

ここで販売されているのは、創業当時よりあるグラスミアのジンジャーブレッドで、生姜の味がする素朴な焼き菓子です。あまりにも有名なので、ここに来たらお土産に買っておきたいもの。
uk391_20191107113728911.jpg
1枚 1.5ポンド(簡単な包装紙に包まれたものは賞味期限が1週間)

次に向かったのは、ワーズワースとその家族が埋葬されている墓地があることで有名な聖オズワルド教会。
uk392.jpg
菓子店の隣にある聖オズワルド教会。
uk394.jpg
教会内は、むき出しの垂木が天井を交差し、外観の見上げるような大きさと比較し、こじんまりとした空間でした。
uk393.jpg
ワーズワースの墓
道路に面した教会の裏手にまわり、敷地内をほんの少し奥に入っただけなのに、鳥の鳴き声が響く静かな森が広がっていました。
uk395.jpg
教会の敷地よりつながっているワーズワース水仙の庭園(The Wordsworth Daffodil Garden)。水仙の咲く時期は見事と思われる庭園で、グラスミアを流れるロゼイ川の散策コースへとつながっています。
uk396.jpg
ロゼイ川
曲がりくねった川沿いに遊歩道が敷かれていて気軽に散策が楽しめます。

uk397.jpg
菓子店の道路を渡った反対側にナショナルトラストの店があったので、ここでポケッタブルバッグを購入。ウサギ柄の折り畳むとポーチになるバッグ(5ポンド)です。

uk401.jpg
そしていよいよダヴコテージ(Dove Cottage)へ。
ワーズワースが29歳から38歳までの9年間を過ごした家で、ここで過ごしていた時に多くの名作が生まれた聖地です。

グラスミアの町中から徒歩15分ほどのところにあり、専用の駐車場があります。駐車場内は、ほとんど車やバスも停まっておらず、それほど混んではいないのかなと思いましたが、受付で10名のチケットを買い求めたら、予約のない方は受付できないと断られてしまいました。

人気の施設は、予約をしないと入場するのが難しいようです。

私達が一応に「えっー」ってがっかりした表情をくみ取ったのか、受付してくれた方が、「グラスミアはとてもチャーミングで見るところもたくさんあるから、そちらで楽しんでね」と慰めてくれました。

皆さんと「困ったね」と話をしていた場所は、ダヴコテージの裏側にある小さな庭で、休憩スペースのようでした。
uk398.jpg
そこに咲いていたオールドローズ
uk399.jpg
ピンクスイトピー(Pink Sweet Pea)
uk400.jpg
ニワシロユリ(Lilium Candidum)が満開でした。

予定していたプランは、グラスミアの滞在時間が1時間で、町をブラブラしたので既に30分経過していました。そこで少し早いけれど次の目的地へ移動しようということになり、いよいよこの旅最大の楽しみだったリングホームへ。この続きは次の旅行記のブログにて。最後までお読みいただきありがとうございました。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。