FC2ブログ

カタツムリの子供

ビアトリクス・ポターについて
07 /21 2008
 ビアトリクス・ポターが、元家庭教師アニー・ムーアの娘フリーダちゃんに宛てた手紙のなかで、カタツムリがどのように生まれてくるかを書いたものがあります。

 1898年7月30日付けの手紙

 そこには、カタツムリが地面に穴を掘って卵を生み落とす図と、卵からカタツムリが孵る様子などが描かれています。
 カタツムリの子供
 その大きさは、マッチ棒の頭よりも小さいです。

 They are such pretty little snails with quite hard shells, but almost like glass, I expect the will soon go darker, the are beginning to eat.
 <「LETTERS TO CHILDREN from Beatrix Potter」
   Collected and introduced by Judy Taylor
   FREDERICK WARNE(刊)1992年 P54-55より>
 
 卵から孵ったカタツムリについて説明をしています。孵ったばかりのカタツムリの殻は、ガラスのようだ(like glass)とし、そしてすぐに殻の色は暗くなるとも。

 我が家の野菜畑で孵ったカタツムリの子供の殻も、一番外側はまだガラスのように透き通っていませんか?そしてラディッシュの葉を小さな穴だらけにして、ものすごい食欲です。

 こんなお手紙をもらったら、庭に飛び出てカタツムリを探したくなること間違いなしです。夏休みの自由研究にもいいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。