FC2ブログ

ピーターラビット劇場

ピーターラビットグッズ
12 /23 2008
  <きっかけとなった雑誌の切り抜き>

 大掃除の時期がやってきました!いるものと、いらないものと分け、いらないものはどんどん捨てる!これが掃除の鉄則です!!

 でも、分かっていても捨てられないものは、捨てられないのです。

 特に、大事にしていた切り抜き関係などはそのひとつです。雑誌は邪魔になるから捨ててしまっても、いつか必要になるかもしれないと大事に持っていたりするとなおさらです。どうしようと引っ張り出しても、またそっと引き出しに戻してしまうことでしょう。そして今年こそは捨てようと決意するのです。

 が、捨てられない!

 そこでピーンと閃いたのが、もしかしたら私が必要とするかもしれない、何かの役にたつかもしれないと、大事にしまっていたその切り抜きを私にくれました。

 「ををを、これはすごい!」と、私。

 そこに掲載されていたものは、ヒルトップがポップアップ絵本として、飛び出てくるものでした。ちょうどポップアップ絵本も集めようと思っていたので、こんなすごい絵本が刊行されていたこと、驚きと共に絶対に探しだそうと決意しました。

 この時点では、まだ本のタイトルはわかりませんでしたが、得意?の検索の旅にでたのであります。

 そうして見つけたのが、こちら~


 「ピーターラビット劇場」大型ポップアップ芝居絵本
 福音館書店(刊)1995年

 台本がついていて、『ピーターラビットのおはなし』と『ひげのサムエルのおはなし』が遊べます。それぞれのお話の主役たちは、爪がついていて、絵本の舞台に立てることができるのです。ちなみに雑誌の切り抜きと同じ様に、マグレガーさんを舞台に立ててみました。

 その他にもジェレミー・フィッシャー・どんや、あひるのジマイマにきつねの紳士もいるので、その他のお話もアレンジすればできそうです。

 こんなに楽しいポップアップ絵本があったなんて~。ぜひこれは違う目的、例えばフィギュアの撮影背景などにも使えそうです。
 
 ポップアップ絵本って、企画する方の、またはポップアップ絵本作者によるワクワクするような夢がそこにこめられているような気がして、おもしろいなぁ~と思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。