FC2ブログ

迷い犬

日常
01 /10 2009
 近所の駐車場に首輪をつけていない白い犬がいる!

 どこからやってきたのか、どうしたらいいのか、この子の運命はどうなるのか、あらゆる思いが一瞬にして頭をかけめぐり、オロオロする私。

 とりあえず迷い犬のそばに近寄り、「ワンちゃん」と声をかけてみる。

 その子は、私の方をじっーと見つめ、なにかを訴えかけている様子。特にその場所から離れようともせず、ご主人様を忠実に待つ犬のように、駐車場の片隅でちょこんとお尻を地面につけ、おとなしくしていました。

 首輪をつけていない犬は、野良の可能性もありますが、その迷い犬の行動を観察していると、とても野良とは思えず、きっと飼い主さんも探しているだろうとそう思いつつも、どうしていいのかわからず思案していたところ

 [#IMAGE|S48#]「○○さんの犬じゃないか?」と主人が言うのです。

 いてもたってもいられず、私は○○さんに電話し、「駐車場に白い犬がウロウロしているんです。一度確認してもらえませんか?」と伝えました。

 そして私もその方のお宅へと行くと、そこのおばあちゃんが「電話をもらって駐車場に面したカーテンをヒョイとあけると、犬がうれしそうに駆け寄ってきた」と言うのです。

 その方のお宅の前庭の方で飼われていたその犬は、庭の垣根で遊んでいるうちに、首輪ごと綱がはずれ、自由の身となりあちこち散歩はしたものの、心細くなり裏側の駐車場で、ご主人様の窓のカーテンが開くのを今か今かと待ち構えていたのです。

 「なんとけなげな~賢いワンちゃんですね」と私。

 ところで、どうしてこの犬があちこち勝手に散歩していたかというのは、体中にくっつけたひっつき虫がそれを物語っていたのでした。なんにせよ、無事に帰れてよかったね。(ワン、ワン)
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。