FC2ブログ

ドルフィン

日常
05 /27 2009
 ユーミンの「海を見ていた午後」の歌詞に登場する「ドルフィン」という名のレストラン。結婚前にデートで連れて行ってもらった思い出のレストランです。ユーミンがコンサートで歌ってくれたことで、私もドルフィンのことを思い出し、昔のアルバムをめくっていたら。。。

 あこがれの店、ドルフィンで頼んだのは、もちろんソーダ水。ソーダー水から三浦岬どころか、海すらも見えなかった。急な坂の上に建つレストランですが、開発が進み、マンションが建ち並び、海を望む景色は失われたのです。

  ソーダ水の中を 貨物船がとおる
  小さなアワも恋のように消えていった
        ・
        ・
        ・
  紙ナプキンには インクがにじむから
  忘れないでって やっと書いた遠いあの日
  <Album「MISSLIM」より、「海を見ていた午後」 作詞・作曲 荒井由実 1974年10月5日発売>

 せつない歌詞ですが、頭の中にそのメロディと歌詞が流れるように入ってくる名曲です。

 それでもオチはつきもの。この思い出のコースターは、主人が頼んだアイスコーヒーを店員がコースターに置こうとした瞬間、主人がグラスを空中で受け止め、テーブルの上に置き、濡れずに残ったコースターを私に「ハイッ」と笑顔で手渡してくれたのです。

 なのに、私はそのコースターの思い出をきれいさっぱり忘れていた!歌詞の中にも「忘れないでって」あるのに~(チャン、チャン)

 横浜、山手にあるレストラン「ドルフィン」
 http://homepage3.nifty.com/dolphinwedding/shop.html
関連記事

コメント

非公開コメント

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。