FC2ブログ

スピードライトと内蔵ストロボの両方で撮影比較

写真
01 /28 2011
 ニコン スピードライトSB-600を使用。ライトはバウンズフラッシュですが、レフ板などは設置していません。
 カメラの内蔵ストロボを使用。

 同じ時間帯、写真の構図も出来るだけ似たポーズでそれぞれの違いをはっきりさせるために撮影してみました。内蔵ストロボは、直接光が当るので、せっかくの毛艶がテカテカしてしまい、全体的に怖い雰囲気を醸し出していますでしょう。

 それに比較してバウンズフラッシュは、直接被写体に光が当らず、アイコの頭上で光らせ、窓や天井などに反射した柔らかい光のみがアイコに降り注ぎます。アイコを美人さんに撮影するためにはどうしてもこのスピードライトが必要という訳なのです。先代うさぎのぐぅのように明るいオレンジ色なら、室内の照明だけでも十分可愛く撮影できたのですけれどもね。黒い子は撮影が難しい。

 昨日アップしたブログ「ウサギとカメラの物語」にて、カメラマンのutaさんが撮影されている姿を動画で拝見したのですが、やはりうさぎを撮影する際はほふく前進が基本というのをはっきりと認識しました。

  村川荘兵衛さんの写真集「光の谷のピーターラビット」。
 

 以前ご紹介したこの小さな写真集(写真右)でも、カメラマン村川さんがひたすらほふく前進で撮影するというのをあとがきで書かれていましたものね。

 2007年6月15日にご紹介した記事『Little Friendsシリーズ「光の谷のピーターラビット」』
 http://rapeter.exblog.jp/6981090

 アイコを可愛く撮影できることができるのは大変良いことなのですが、ひとつ問題が。。。せっかく一眼デジタルカメラでも軽量タイプを購入したというのに、スピードライトは単3電池が4本も入っているため、カメラが重くて、重くて(涙)腕を鍛えねば~
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちはみひ。カメラ撮影に物怖じしないかわいいアイコちゃんみひ。
みのりんも一眼レフに憧れてるみたいだけど、重くて持ち出さないと意味が無いとか言ってるよ。(・x・;)
おれんじみひは今日は、ピーターラビットさんにご近所を案内したよ。
公園であそんで、スーパーマーケットで英国紅茶を買ってきたよ。
ピーターラビットさんもおれんじみひのおうちの方を気にいってくれたみたいだよ。
明日は吉祥寺に遊びにいくよ。(・x・)/

No title

>おれんじみひちゃん
こんにちは。
アイコはカメラを見つけると駆け寄ってくるので、物怖じしないけれど、
近すぎてブレブレになっちゃうの。
みのりんさんも一眼レフで同じ悩みを抱えているのね。
腕鍛えなくちゃねと伝えておいてね。
ピーターさん、おれんじみひちゃんと仲良しになれてうれしい!
これからもたくさん連れて行ってね!

No title

こんばんはみひ。
きょうは吉祥寺で女子会してきたよ。
ピーターラビットさんもごあいさつして、すぐにおともだちになったよ。
ピーターラビットさんは吉祥寺を気にいったみたいだよ。(・x・)

No title

>おれんじみひちゃん
こんばんは。
女子会にピーターも参加させてもらってありがとう。
モテモテだったらいいのだけれど、女の子のお話についていけたかしら(^^;
すっかりくつろいでいる様子でよかった!いつもありがとう~。

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの愛好家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真はすべて転載禁止です。