うさぎの巣作り

 アイコ用のタオルマットは、おもらししても大丈夫なようにタオルの上にペットシーツを巻き付け、さらにそれを洗濯ネットに入れて使用しています。毎朝、ペットシーツを新しいものに交換するのですが、突然洗濯ネットに興味を示し、巣作りを始めました。
 「ふん、ふん(匂いをかぎつつ、感触を確かめ)これ、巣材にちょうどいいわ」Fromアイコ
 「ちょっとートイレしかないじゃない。巣作りする場所がないわ。あーいらいらする」From アイコ

 巣作りを始めたら、今度は自分の体の毛を引き抜き、鳥の巣のような形の巣を作成してしまうこともあるため、早々に洗濯ネットを取り上げ、その動作に夢中にならないよう大好物を差し出し気分転換。なんとかアイコの興奮をおさめることができました。

 それにしても何故突然このような反応が飛び出てきたのか。洗濯ネットを広げて掃除している時は、ナデナデしてもらえることを知っているので、頭突き出してナデナデしてと寄ってくるというのにね。

 こちらは、1998年のプロプシーの巣作りの時の写真。プロプシーが巣材として利用したのはミニタオル。これを4,5個ほど丸くなるように並べ、さらに自分の体の毛を引き抜き、タオルの上にかぶせて巣を作ってました。アイコと見比べてみると、口いっぱいにくわえた顔がまったく同じで、ついプロプシーのことを思い出してしまい、微笑ましい光景でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こむぎママ

No title
これは懐かしい姿です。
先代うさぎが口に一杯牧草をくわえて巣作りに励んでいた頃を思い出します。
ママは必死なのでしょうが、思い切りくわえた口可笑しくてが笑えました。
健気で愛おしくなりますね。

rabbitpeter

No title
>こむぎママさん
お口いっぱいに頬張る姿って、女の子うさがみな通る道。
みんな同じ顔になるから、ついつい微笑ましく思えちゃいますね。
でも毛をむしってしまっては大変なので、なんとか興奮を収めてもらいました。
しばらくアイコの目の前では洗濯ネット厳禁ですね(^^;

ラピータ

ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの研究家で、作品について、開催されたピーターラビットのイベントやグッズ紹介、ピーターラビットの故郷英国について紹介するホームページ「ラピータの部屋」のブログです。
ブログに掲載している写真&文章は、すべて転載禁止です。

検索フォーム

ブログ訪問者

月別アーカイブ